マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
アンゴルモア 元寇合戦記(1)

アンゴルモア 元寇合戦記(1)

580pt/638円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全10巻完結

  • アンゴルモア 元寇合戦記(1)

    580pt/638円(税込)

    中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(2)

    580pt/638円(税込)

    博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両軍激突!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(3)

    580pt/638円(税込)

    対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱することができるのか!?
  • アンゴルモア 元寇合戦記(4)

    580pt/638円(税込)

    山間の隘路を撤退する朽井達に、モンゴル人の若き将軍ウリヤンエデイが迫る!見通しのきかない曲がり道を巧みに利用し、ゲリラ的な待ち伏せ攻撃を企図する対馬軍は、蒙古軍を振り切ることができるのか!?
  • アンゴルモア 元寇合戦記(5)

    580pt/638円(税込)

    壇ノ浦の合戦から対馬に落ち延びた曾祖父・安徳帝に面会した輝日は、防人の末えいといわれる「刀伊祓」という集団が拠点とする入り江へ向かうよう指示を受ける。だが、その平和な入り江にも蒙古軍が迫っていた!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(6)

    580pt/638円(税込)

    防人の末えいである刀伊祓(といばらい)たちと合流し、古代の山城「金田城」に集結した対馬軍。先人が築いた堅牢な城壁を利用し蒙古を撃退せんとする朽井だったが、意外な人物の裏切りが発生!戦況急展開!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(7)

    580pt/638円(税込)

    対馬軍が籠城する金田城に蒙古軍がなだれこんだ!防人たちの奇策により辛くも撃退に成功するが、敵を招き入れた裏切り者である白石との闘いは避けられない。朽井と白石、一対一の“真剣勝負”の行方は!?
  • アンゴルモア 元寇合戦記(8)

    580pt/638円(税込)

    モンゴル帝国と日本に挟まれた高麗国。フビライが統治する巨大帝国の支配圏の中で、国の存亡を担った若き高麗王の葛藤とは!?重層的な視点から語られる“対馬の元寇”、いよいよ最終局面へ!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(9)

    580pt/638円(税込)

    博多攻撃のはずみをつけようと、抵抗を続ける対馬勢に容赦のない猛攻を仕掛ける蒙古軍。守備にあたる人数に対して防衛線の長い金田城は、ここ、あそことほころびが出始めた。対馬軍総崩れの危機が迫る!
  • アンゴルモア 元寇合戦記(10)

    580pt/638円(税込)

    蒙古正規軍の圧倒的物量に飲み込まれるも、寄せ集めの寡兵をもって粘り続ける対馬軍!太宰府からの援軍もなく一所懸命の想いで闘い続ける朽井たちは、サムライの恐ろしさを敵に見せつける!対馬の元寇、遂に決着!

レビュー

アンゴルモア 元寇合戦記のレビュー

平均評価:4.2 17件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 武士道の起源
    マンボーさん 投稿日:2022/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 武士道と騎士道の起源は、ほぼ同時代と言われる。関与したのは宗教、仏教(禅宗)と、キリスト教。もう一つ大きなファクターとして戦いがあったのかも知れないと思わせる作品、元寇然り、十字軍の遠征然り。作品は義経伝説や平家の落人伝説を取り入れて・・伏線になっているはず・・。また、北条時宗が良い味を出しているので、博多編にも期待します。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 元冦
    ドージマさん 投稿日:2018/7/6
    今まで有りそうで無かった元冦を題材にした作品。それも対馬の戦いにしているため、安徳帝や刀伊祓など自由度が増し作品に幅が出たし、癖の強いキャラクターの朽井など、単に戦いだけでない人間の魅力が出ており楽しめる。しかし戦いの結末が絶望的なためどの ようなラストにするのか興味深い。 もっとみる▼
  • (5.0) 元寇ってこうだったんだ
    fyarさん 投稿日:2021/12/19
    教科書ではサラッと触れて進んでしまう元寇。 当事者たちには当然ドラマがあるけれど、こんな状況があったのかも。 フィクションの部分もあるでしょうが、今までの歴史観に違った一面が加わりました。
  • (5.0) 実に面白い
    仮面のオッサンさん 投稿日:2017/5/10
    誰しも日本史で習った元寇を題材にした作品 かなり面白い! 余談ですが、日本史ではモンゴル軍相手に日本の侍は苦戦していたとなってるけど、実際は互角以上に戦い撃退してるみたいなんだよね
  • (5.0) 超名作
    makkoichanさん 投稿日:2017/5/9
    マニアックな題材ですが、非常に吸い込まれるストーリーです。 明らかに劣勢な中、知力と信念で切り抜けて行くストーリーは日本人が大好きなテイストです。 新刊楽しみにしてます。
  • (5.0) 歴史好きな人に
    伊藤さん 投稿日:2022/5/28
    アニメを観てこちらの漫画を知りました。もっと詳しく対馬が漫画で書かれていたり, 作者の取材日記も読めて,やはり漫画購入したかいがありました。

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

モンゴルが日本に来た
設計:人参次郎 (シーモアスタッフ)
長崎県の対馬にモンゴル軍がやってきた!たかぎ七彦先生の手がける歴史漫画です。平気で人を裏切って、殺す残虐な時代。こんな時代に生まれてこなくて本当に良かったと思いました。モンゴルがあらゆる手を使って日本に侵略してくるので、ドキドキハラハラします。アニメ化もされた人気作品♪

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ