漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第1巻

通常価格:
200pt/220円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数205件
「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~(20巻完結)

作品内容

信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全20巻完結

  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第1巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第2巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第3巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第4巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第5巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第6巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第7巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第8巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第9巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!
  • 「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第10巻
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!

レビュー

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~のレビュー

平均評価:4.0 205件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 結婚という言葉は出てきませんが、、
    炭次郎さん 投稿日:2021/6/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 一応、毎日言葉を、、とか他にも一年前に、結婚を断ってからとは、違う気持ちで向き合っているので、 2人は、結ばれて、生涯を共に歩んでいくのではないかと推測され、これは、ハッピーエンドですよね! 私も、一度読んだくらいでは、読み取れず、モヤモヤしましたが、、 この作家さんならではの、表現法なのかな〜と。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 分かりづらい恋心が素敵
    Onorironoさん 投稿日:2021/1/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 はるこさんの登場人物は総じて言葉、表情少なめ(特に男性)で感情が読めず、この作品もさっと読んだだけではストーリーの複雑さもありよく飲み込めないところもありました。が、だからこそ物足りず何度も読みたくなります。読み直すとわずかな描写で表現されてることで共感が深まり、思い合う2人にキュンキュンしっぱなしでした。政永は裏がありそうだっただけ、千代への言葉が初めからそのままの意味でひたすら一途な気持ちを持ち続けていたのも読み直して胸が熱くなるばかり。他の作家さんの似たような設定だと、ワンちゃんに当たる人物が堪えられずハプニングが起こるのがよくありそうですが、はるこ先生のはならず、そこがとても好きです。安易に他の人に言い寄られて身体の関係にならずちゃんと面白いというのがリアルで信頼できる理由の一つだと思ってます。 スピンオフで花鶏さんの話とかも見てみたい!とても良いキャラクターでした。 ワンちゃんと旅行に行った時、政永さんとも来たいと思ってくれたらもっと良かったかな、、政永さん流石に可哀想と思っちゃいました。結果嫉妬する政永さんもいいんですけど! 描き直されてる単行本も最後まで買って読み比べしたいと思います。あと育てのご両親が忍とのことですが気になりすぎる。 続きを読む▼
  • (5.0) 続きが気になります
    ニコさん 投稿日:2018/6/2
    無料を読んで、一気に全部購入してしまいました。 もともと作者さんは大好きで、俺様男子に翻弄される女子の設定を面白く読ませていただいていますが、これは今までと少し違い、ミステリー要素と歴史的要素も取り入れた雰囲気で、なお一層面白いです。 美波さんの作品は、最後はハッピーエンドになるのだろうなという安心感もあり、謎や伏線を楽しみながら、財力と権力で強引に押してくる俺様にキュンとしています(笑) 全体を通して、悩める主人公の突っ込みがリアルで面白く、また気持ちのすれ違いや気になる人物など、ぐいぐい引き込んで来るので、展開の続きを早く読みたくて仕方ありません。 オススメです。 14巻まで読みましたが。。 どうなるのか話の行方が見えません! だんだんと、ミステリー要素が強くなり、笑えるシーンも少なくなって、シリアスな雰囲気に。。 もはやTLの枠を越えていて、むしろラブシーンは不要な気もします。 それよりも、早く話の先が知りたい。 話がどこへ行くのか。 二人の気持ちはどうなるのか。 気になります。 もっとみる▼
  • (5.0) これは
    シンシアさん 投稿日:2019/4/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 悲恋です。 途中から登場した、千代が唯一信頼できる(最初に襲われた2人組と無関係なら。現時点で未回収)葦切とのラブを願ってしまいたくなるほど、政永の信濃家に対する憎悪は深く態度は徹底しています。それ故に千代と結ばれても(騙しているはずの)自分を裏切る事を恐れ冷たい言葉を発したりするのです。 しかも政永は母を一成にとられたのと同様に千代を葦切にとられるのではないかという恐怖も抱いているように見受けられます。 とはいえ読者に政永エンドで納得してもらうには、政永の千代に対する溺愛ぶりやトラウマなどをもっと出していかないとダメでしょう。今のところ単にマザコンの域を出ていないように感じます。葦切の魅力が半端なく主役の政永を凌駕しそうな勢いだからです。 しかしながら凄く面白いので星5つ。 続きを読む▼
  • (5.0) 好きな作品
    MOMOさん 投稿日:2019/12/10
    最初は姫とか家臣とか題名を見て、読みたい気分があまりなかった。ヨミホで試したら意外にはまることになった。人物の設定はとてもいいと思う。ヒロインとヒーローふたりともストーリーの発展につれだんだん性格や考えを見えるようになってきた。ヒロイン側の 告白は素敵で好き。丁寧に描かれたディテール(物のこと)がある点も楽しいところです。観光のことについても描いているから勉強になれるかもしれない。今19話まで読んで、まだ謎が残ってるし、恋のゆくえもまたまただし、楽しみです。まずエロを見たいなと思っている人に、まず第4話を読んでみてもいいと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 大好き
    くみさん 投稿日:2019/7/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 美波先生の作品は全部大好きです。ストーリーがしっかりしていて次が楽しみでついつい一気に読んでいました。最終巻が発行されて終わっちゃったのが残念です 政永の強引だったり、遠慮していたりときゅんきゅんしました。 よしきりさんに嫉妬しているところも表情に出なくてもかわいかった。 千代のどんどん政永に惹かれていくところも素敵でした。 私の1番好きなシーンは、千代が風邪を引いた場面です。2人とも可愛くて何回も読み返してしまいました。 2人には結婚して欲しいなぁ。そして結婚後の2人やよりきり、花鶏も見てみたい 続きを読む▼
▲ページTOPへ