漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

ゆみなり

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.8) 投稿数5件
ゆみなり(1巻完結)

作品内容

「俺に弓道教えてよ。セックスに依存すんのやめにしたい」 ゲイで遊び人の弓(きゅう)は、父の急死以来男とのセックスに依存気味。そんな折、亡き父の親友・秀島(ひでしま)の弓道姿に惹かれ、秀島に弟子入りして弓道を習い始める。だんだんと弓道に真剣になっていく弓だが、奔放な男遊びを秀島に見つかって叱られてしまう。ヤケになった弓は「嫉妬してるの?」と師匠である秀島に迫るが――。 遊び人弟子×奥手な師匠の素晴らしく上質なおじさん受。年下攻、弓道の師弟ラブ。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • ゆみなり
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「俺に弓道教えてよ。セックスに依存すんのやめにしたい」 ゲイで遊び人の弓(きゅう)は、父の急死以来男とのセックスに依存気味。そんな折、亡き父の親友・秀島(ひでしま)の弓道姿に惹かれ、秀島に弟子入りして弓道を習い始める。だんだんと弓道に真剣になっていく弓だが、奔放な男遊びを秀島に見つかって叱られてしまう。ヤケになった弓は「嫉妬してるの?」と師匠である秀島に迫るが――。 遊び人弟子×奥手な師匠の素晴らしく上質なおじさん受。年下攻、弓道の師弟ラブ。

レビュー

ゆみなりのレビュー

平均評価:3.8 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) なんて穏やか
    hiさん 投稿日:2020/6/27
    大人のゆっくりした恋愛です ガツガツしすぎないペースがいいです 黒娜先生にハズレはありません 弓道の凛とした空気が伝わってきます 画のうまさから武道っていいなぁとしみじみ思わされます

高評価レビュー

  • (5.0) 4.3くらい。
    yukioさん 投稿日:2018/2/12
    この作者さん、好きなのでオマケで☆5。キャンペーンでやっと買えた。概ね紹介文通りですが、そこまで軽くないし、依存症って程のシーンは出てきません。初めて弓を弾く秀島を見て以来、ずっと惹かれている弓(これは主人公の方)のジタバタ加減が年下っぽく て可愛らしかった。秀島は父と同い年なため、立読みでもわかる通りかなりなオジさま。頭も半ば禿げ上がってきた感がある。でも弓を構えた姿はとても美しい。惚れるのもわかる。関係は1度もつが、秀島の中で葛藤があり、またモダモダ…。でもHAPPY ENDです。年下攻めはイケメンではありますが、受けは見た目美しくないオジサンなので好みが分かれると思います。そんな設定でもOKな方なら、お試しあれ。オマケの数ページが、なんか幸せ。 もっとみる▼
  • (4.0) 大人の恋
    Tomoさん 投稿日:2018/4/29
    しっとりしていて、渋くて静かで緊張感があって凄く雰囲気のある大人な作品でした。二人の気持ちの燻る火と言うか、大人だからこそ、過去があるからこそ、真っ直ぐには進めないし、時間もかかるしって言う感じが良かったです。ただ、秀島さんが、多分好きだっ ただろう親友の息子で、産まれた時から知っている弓をそ言う意味で好きになったり関係をもつ事に戸惑いや葛藤が余りなくて…、最後まで違和感が残ったのが少し残念でした…。 もっとみる▼
  • (3.0) わざとなのか偶然なのか…
    くろさん 投稿日:2020/2/9
    某海外ドラマの焼き直しなのでは?と驚きました。 漫画家さんにはハマってるキャラを漫画にすることはよくあるみたいですが… せめてもう少し似せない努力をして欲しかったな。 途中から二次創作を読んでるみたいで内容が入って来なかった。
  • (3.0) 価格のわりにページが少なく感じた。
    dolceさん 投稿日:2016/11/14
    20歳以上の年の差で好きだった親友の息子との恋愛です。 絵を見て分かるように本当にオジサンとの恋愛です。過去の回想の部分が多く、雰囲気が重めです。 現在の恋愛や結ばれてからのストーリーを もう少し入れて欲しかったです。
スタッフオススメ!
  • 父の旧友おじさま受け
    黒娜さかき先生作品。ゲイの遊び人である弓×弓の亡父の親友だった秀島。弓道の師弟関係となった二人の、大人ながらも青い恋!弓の父に複雑な感情を抱いてきた秀島が、自分の想いと向き合うシーンは切ないです。弓道シーンも黒娜さかき先生のしっかりした作画で楽しめる良作。特におじさま受けがお好きな方にはとてもおすすめです!
    広報:扇風機おじさん
▲ページTOPへ