漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】
この巻を買う/読む

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.3) 投稿数54件
暴君竜を飼いならせ(6巻配信中)
作品内容

【電子限定版】書き下ろし番外編「暴君竜の日曜日」収録。●この男の背後にある、巨大な恐竜の影は何なんだ…!? 通学途中に事故で死にかけた潤(じゅん)の命を救ったのは、野性味溢れる竜嵜可畏(りゅうざきかい)。なんと彼は、地上最強の肉食恐竜ティラノサウルスの遺伝子を継ぐ竜人だった!! 潤の美貌を気にいった可畏は「お前は俺の餌だ」と宣言!! 無理やり彼が生徒会長に君臨する高校に転校させられる。けれどそこは、様々な恐竜が跋扈する竜人専用の全寮制学院だった!? ※口絵・イラスト収録あり

作品ラインナップ  6巻まで配信中!
レビュー
暴君竜を飼いならせのレビュー

平均評価:4.3 54件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 面白くてワクワクします
    サミーさん 投稿日:2019/2/2
    最初はタイトル通りの攻めの暴君っぷりに度肝を抜かれますが、段々と愛情深い素敵な攻めになっていって良い意味でびっくり!受けは男前で可愛いしこれからも続きが楽しみな作品です。
  • (5.0) 面白い!早く続刊読みたい!!!
    lvivさん 投稿日:2019/1/27
    現在6巻まで、全て表題作(全巻主人公が同じ)。 1冊読み切り連作の、続き連載です。 て意味わかりにくいかもですが、つまり、1冊ずつで区切りの良いエンドなので、そこで読了も可能。 主人公たちが好きな方は、続きを読めばよい。 で すが、1冊毎に、話が、きっちり進展。 あらたなキャラクタが登場しつつ、話の広がりと深みが増してくる。 シリーズ読むなら、順番を正しく読む必要があります。 各巻タイトルの竜が変わるので、スピンオフの連作(ムシシリーズ:樋口美沙緒さん、ドラゴンギルドシリーズ:鴇六連さん)みたいなのかと思ってたら、全然違いましたよ。 全巻通じて主人公同じ。 乱暴な例えで言うなら、(少女漫画の王道)王家の紋章的な主人公の人気ぷり。 スパダリも続出です。 4冊目の双竜〜あたりから、切の良いエンドでありつつも次巻への前フリというのか、その後の展開が気になる話が残されます。 おかげで、読み進める程に、止められなくなる! 早く続きが読みたくなる! 現6巻まで読了しましたが、、もう今後の展開、話の進みが楽しみでたまらない! 幼竜がどう育っていくのか!? まだしばらく続くのではないでしょうか。 次巻でオシマイになるとは、思えない。 長連載? どんと、こい! 読み進める毎にワクワク! もっと読みたくなる。 ブライト・プリズンでどハマリした作者さんですが、BLでよくある長編でのダルさが全くなく、ストーリー力の高い作者さん。 ガッツリ、ストーリー力と読み応えのあるお話が好きな方は、絶対読むべし! もっとみる▼
  • (4.0) 怒涛の展開
    ナナハチさん 投稿日:2019/1/15
    最初は恐竜・竜人という設定がどうかなあと思っていたのですが、ブライト・プリズンを読んで作者様のファンになったので、5巻まで購入して一気に読みました。読み進めると設定にも慣れてきて、違和感がなかったです。痛々しいシーンもありますが、徐々に可畏 の溺愛っぷりが際立ってきて、夢中になって読みました。購入して良かったです。 もっとみる▼
  • (4.0) どこまでも
    かあさんさん 投稿日:2019/1/9
    先生の王道なようなストーリー 愛する人間の潤のために竜人の可畏がどんな相手にも屈する事なく、戦い、潤が何にも代え難く守り抜くおはなしです。ラブラブ度全開だしね 6巻まで一気読みしました。よかったです。 大人な常盤やルイもカッコ良かった けど、まだ若く、余裕のない可畏もいいです もっとみる▼
  • (5.0) ツンデレ好きのかたはぜひ!
    さわらさん 投稿日:2019/1/6
    恐竜が人に化けているという珍しい設定で最初は違和感があったのですが、読み進めていくうちに、暴君竜の後ろにそびえるTレックスの影が眼に浮かぶような気がしてきました。暴君で暴力的なカイが主人公にだけは甘々なのが、ツンデレ好きな私のツボにハマりま した。笠井先生の挿絵もエロくて本当に美しい、、、お正月から毎日1冊ずつ読み進めてきましたが、とうとう最新刊まで読破してしまい寂しい。3巻くらいからは、ツンよりデレがメインになってきてちょっと物足りないかな。 次が出るのはいつになるかわかりませんが、時々読み返しながらじっくり待とうと思います。 もっとみる▼
▲ページTOPへ