We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

ここで待ってる【SS付き電子限定版】

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数47件
ここで待ってる【SS付き電子限定版】(1巻配信中)

作品内容

【電子限定版】書き下ろし番外編「真夏の向日葵」収録。●おまえの体、キスするのに丁度いい――。初対面のゲイバーで大胆に誘ってきた小悪魔美人の飴屋(あめや)。空手道場の師範代で、恋愛ではいつもお兄ちゃん止まりだった成田(なりた)が、一目で本気の恋に堕ちてしまった…!? ところが数日後、道場で再会した飴屋は、七歳の息子を持つ良きお父さん!! 一夜の情事などなかったように、隙を見せようとしない。どちらが本当の顔なのか…? 成田は不埒な劣情を煽られて!? ※口絵・イラスト収録あり

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • ここで待ってる【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    【電子限定版】書き下ろし番外編「真夏の向日葵」収録。●おまえの体、キスするのに丁度いい――。初対面のゲイバーで大胆に誘ってきた小悪魔美人の飴屋(あめや)。空手道場の師範代で、恋愛ではいつもお兄ちゃん止まりだった成田(なりた)が、一目で本気の恋に堕ちてしまった…!? ところが数日後、道場で再会した飴屋は、七歳の息子を持つ良きお父さん!! 一夜の情事などなかったように、隙を見せようとしない。どちらが本当の顔なのか…? 成田は不埒な劣情を煽られて!? ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

ここで待ってる【SS付き電子限定版】のレビュー

平均評価:4.5 47件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ほのぼのがいい
    しいさん 投稿日:2021/12/27
    成田の祖父と論がとても仲がよくて、論が可愛くてしょうがないおじいちゃんの表情を想像すると、なんだかほっこりしました。もちろん成田と飴屋の二人の気持ちが近づく感じもほのぼのして、心がぽかぽかする感じです。出来れば論の成長をもう少し見たかったで す。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最高だった
    Riuさん 投稿日:2020/10/28
    辛いことも多いのに、大事なものをきちんと大事にしている二人に救われる。 子供が出てくるものってあまり好きじゃないけどこの作品の論くんはとても可愛く、出てくるだけで幸せな気持ちに。 そこそこででくる女性であるのばらさんもとてもしっかりした 、素敵な女性で、ラブ以外の面でも満足度が高かった。 あっという間に一冊読み切ってしまった。 主役の二人もだが、成田祖父が素敵で素敵で。 きゅんきゅんですよ。 甘やかすだけが愛でもなく、甘やかすことも愛であり… いろんな人からいろいろな形で愛を受け取り大きくなる論くん。きっと悩むことも多いだろうけどいい形に収まって欲しいな。 凪良先生の作品は満足すると同時に続編や番外編が欲しくなる。 成田くんあんなに頑張ったから甘々な続編を… (先生はくっついた後を書くのは苦手とのことなので無いのはわかってるのですが欲しくなっちゃう。だって二人とも素敵! 挿絵もぴったりでした。 さすが。 もっとみる▼
  • (5.0) 良い作品でした。
    みゆうさん 投稿日:2018/5/4
    あらすじからの想像以上に、とても深い良いお話でした。なんといっても飴屋くんのキャラがかなり良い飴屋くんのような受けがすごく好きなので、飴屋くん単体にもキュンキュンでしたもちろん攻めの成田も良い男で、凪良さんの描くキャラクター達って、本当 に人情味溢れるというか、実在してるかのような心理描写なので、すごく感情移入してしまいます。この作品は、家族とは?というテーマだったり、恋愛や家族愛を通して人として成長していく過程が読むことが出来ます。主人公2人以外もキャラが立っていて、おじいちゃん、のばら、論、みんな良かったです。BLだけど女性の立場もおざなりではなくて、むしろがっつり(物語として)絡んできます。論もめちゃくちゃ可愛くて癒されました。書き下ろしのその後もぜひ読んでみたいな〜と思いました。かなり良い男に成長するんじゃないかなおすすめな作品です もっとみる▼
  • (5.0) 温かい
    ハチさん 投稿日:2016/1/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 一気に読み終え、読後胸がホカホカと温かくなりました。 血が繋がってなくても強い想いがあればホンモノの家族。 爺ちゃんと論のニコイチコンビも可愛かった。 手の中にある自分の「家族」を必死に守ろうと頑張ってる飴屋。 どうしてもダメな時、ゲイバーへ一夜の相手を探しに行きます。飴屋にのしかかるしんどさが涙を誘いました。 清玄は馬鹿がつくほど誠実でお人好し。ただただ真っ直ぐ。何度断られても諦めない、でも強引じゃなく優しさで。 両思いのキスを交わした後も家族の手前すぐにはくっつきません。むしろもう会わないと選択する。そこからの展開も良いです。 清玄→飴屋→論(ss)と3人の視点で描かれていることも良かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 攻めの祖父にMVPですね……
    lisaさん 投稿日:2020/10/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 凪良先生の作品は本当にハズレがないですね!泣 今回のお話は全員めちゃくちゃ頑張り屋さんでした、、…… 飴屋、健気すぎますよね!惚れた男の彼女と子供を引き取り、7年も旦那と父親をやっているなんて……さすが創立以来のヤンキー、根性あります泣 成田も家庭環境のことで苦労した苦労人ですし、、、 他にも飴屋と共に17で親に勘当されてから必死で生き抜いてきたのばら、二人の愛する息子、論や成田の祖父など名前付きで出てくる人みんないいひとでこの人たちの紡ぐじんわりと暖かい空間がすごく好きでした! そして成田の祖父面倒見よすぎ!!!泣 飴屋と成田、のばらの関係が上手く収まったのはひとえに成田祖父のおかげでしょう。 続きを読む▼
  • (5.0) 家族というかたち
    cocoさん 投稿日:2020/7/19
    名ばかりの家族より本当の家族のように思いあって暮らしていくこと。「家族」という名前はつかなくても子供を育て守ることに誰が後ろ指さすことなんかできるのか。論の幸せのためにつまらない世間体を気にしないお爺ちゃんがアッパレ。成田の母、のばらの母、 母になった全ての母が子供を幸せにできるわけではない。作者の作品はいつも孤独や喪失感を抱えた人が救われる物語に思えますが今作は特に家族というかたちを否定しているようで、家族になることもできるんだよ、と言っているようでした。まさかBLでこんな感想をもつとは(笑)BLだからこそとも言えるかもしれません。成田と飴屋の関係もいつか論はわかってくれると思います。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ