漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

めざめ【ハーレクインSP文庫版】

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数2件
めざめ【ハーレクインSP文庫版】(1巻配信中)

作品内容

パリの教養学校を卒業しイギリスに帰国したオリヴィアは、親代わりの義兄リチャードと会えるのを楽しみにしていた。再会のキスをしたとき、思わず胸がときめき、彼女は戸惑う。ハンサムなうえ聡明な彼は昔から女性を魅了してやまないけれど、だからといって私までがこんな気持ちになるのは変だわ!オリヴィアはめざめかけた禁断の想いを封じこめ、今こそ自分は仕事を見つけて自立すべきだと考えた。ところが、それを知ったリチャードは猛然と怒りに燃えて、僕からは決して離れられないことを覚えておけと言い放った――
*本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • めざめ【ハーレクインSP文庫版】
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    パリの教養学校を卒業しイギリスに帰国したオリヴィアは、親代わりの義兄リチャードと会えるのを楽しみにしていた。再会のキスをしたとき、思わず胸がときめき、彼女は戸惑う。ハンサムなうえ聡明な彼は昔から女性を魅了してやまないけれど、だからといって私までがこんな気持ちになるのは変だわ!オリヴィアはめざめかけた禁断の想いを封じこめ、今こそ自分は仕事を見つけて自立すべきだと考えた。ところが、それを知ったリチャードは猛然と怒りに燃えて、僕からは決して離れられないことを覚えておけと言い放った――
    *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

レビュー

めざめ【ハーレクインSP文庫版】のレビュー

平均評価:4.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) こんなにイライラしたヒロインは初!
    4月 かなかなさん 投稿日:2020/6/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 作品としては面白かったけれど、ヒロインがなんじゃ!お前は!ってもうイライライライラしちゃって。 最初だけなら可愛いけど、ずーっと変わらず子供で我儘でヒステリックで。 ヒーローはヒロインを溺愛していて彼女のヒステリックな反抗に対して、感情的になったりするも総じて大人で素敵だった。 中盤から後半にかけてヒロインの言動にイライラが募り、ハーレクイン読んで初めて『ふざけんなよ!』声が出た(笑)しかも3回位。 大好きなヒーローと結ばれたのに、ヒーローの気持ちを勝手に妄想して家を飛び出して、ヒーローに買って貰ったエメラルドのブレスを質屋に売って生活費にして、子供ができていたのを知ると、なんと子供を堕ろそうとする。ふざけんなよ!しかも私は悪くない、他の女性だってしてるとか言い聞かせて、手術決めちゃうお馬鹿。 ヒロインの母変わりの人に知られて、止められても手術するとか言い、ヒーローに黙ってそれはないと言われても、知らせたってもう手術してるから遅い、間に合わないからみたいな事ぬかす。 ヒーローはヒロインが家を出て行ってしまい、失意で食事もまともにとらずに働き痩せ細り、このままでは死んでしまうから戻ってきてと言われても、頑なに拒むヒロイン ヒーローがそんな状態なのに心がないの? ふざけんなよ!でした。 まあ、ハッピーエンドだからいいけど、別にヒーローに冷たくされたわけでもなくて、あんなに大切にしてくれてるのに、ヒーローの気持ちを勝手に妄想して、勝手にヒステリーおこして、簡単に子供堕ろすって決断するとか信じられないわ。 他のハーレクインのヒロインは、貧しくても子供産むって決めて産んで頑張ったヒロインばっかりだよ。 なのでイライライライラ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 家政婦のミタですか?
    せいちゃんさん 投稿日:2018/7/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 私はこういう光源氏と若紫的なお話が好きです。ただ家政婦さんが黒い。そりゃあ長年、女主人不在のお屋敷で采配振るってきたわけだから、いまさら隣の小娘とかと結婚されて奥様面されたら、我慢できないでしょうけど。自分が育てたお嬢様をそのまま奥様にスライドさせようと、ご主人の恋愛に介入しまくり。この家族同然の個人の使用人って立場は、日本にはまずないのでピンと来ませんが(芸能人のマネージャーさんとか?)、イギリスのドラマなんかにはよく出てきますね。 続きを読む▼
▲ページTOPへ