マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP雑誌・写真集雑誌マガジンハウスPOPEYEPOPEYE(ポパイ) 2024年 6月号 [車はともだち。]
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
雑誌
POPEYE(ポパイ) 2024年 6月号 [車はともだち。]
70巻配信中

POPEYE(ポパイ) 2024年 6月号 [車はともだち。] NEW

800pt/880円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

ふいに夜明けの海が見たくなって、深夜の高速をひた走る。
早朝の地平線から昇る太陽をぼんやり眺め、家路を急ぐ。
そんなロマンチックな話ばかりではないけれど、
一日中あちこち回ってショッピングをするときも、
知り合いの引っ越しの手伝いで荷物を運ぶときも、
車は嫌な顔ひとつせずに、いつでも付き合ってくれる。
もちろん、急に機嫌を損ねないよう、日々のケアは大切だ。
近場も、遠出も、ハンドルを握るたびに思い出は増えていく。
生活環境や趣味嗜好が変われば、新しい愛車を迎えることもある。
年月を経て、一度は手放してしまった車種と巡り合えたら、
それはきっと懐かしくも、気恥ずかしくも、誇らしいだろう。
僕らにとって、車はかけがえのない“ともだち”。
そんな気持ちでつくった、車と、車にまつわるカルチャーの特集。
車を持っているならば、まずは愛車と目と目を合わせてみよう。
これから持つ人は、ともだちとの日々に思いを馳せるきっかけに。

Contents
■僕の愛車(ともだち)を紹介します。
 Y2Kのボルボ、国産スポーツカー、和み顔の欧州車、
 ステーションワゴン、イエローナンバー、ワーゲン…
■GOOD CARS, GOOD DRIVE! クルマに乗って、どこまでも。
■忘れられない車の話。
 松任谷正隆、中津川吾郎、尾花大輔、東儀秀樹
■今日は一日、いい車探し。
■車マニアな監督が唸ったカー・ムービー。黒沢 清 INTERVIEW
■時代を拓いたカーデザイン。
■若きシティボーイの車白書
■はじめての車、お金にまつわるQ&A
■いつかは! 夢のガレージ。
■えっ!? 海の向こうで日本車がっ!
■で、実際EVってどうなの?
■Bose&セク山のナナメ上行く車のマナー。
■車をめぐるカルチャー10
■国道134号でカーウォッチング。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  70巻まで配信中!

  • POPEYE(ポパイ) 2024年 6月号 [車はともだち。]

    800pt/880円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    ふいに夜明けの海が見たくなって、深夜の高速をひた走る。
    早朝の地平線から昇る太陽をぼんやり眺め、家路を急ぐ。
    そんなロマンチックな話ばかりではないけれど、
    一日中あちこち回ってショッピングをするときも、
    知り合いの引っ越しの手伝いで荷物を運ぶときも、
    車は嫌な顔ひとつせずに、いつでも付き合ってくれる。
    もちろん、急に機嫌を損ねないよう、日々のケアは大切だ。
    近場も、遠出も、ハンドルを握るたびに思い出は増えていく。
    生活環境や趣味嗜好が変われば、新しい愛車を迎えることもある。
    年月を経て、一度は手放してしまった車種と巡り合えたら、
    それはきっと懐かしくも、気恥ずかしくも、誇らしいだろう。
    僕らにとって、車はかけがえのない“ともだち”。
    そんな気持ちでつくった、車と、車にまつわるカルチャーの特集。
    車を持っているならば、まずは愛車と目と目を合わせてみよう。
    これから持つ人は、ともだちとの日々に思いを馳せるきっかけに。

    Contents
    ■僕の愛車(ともだち)を紹介します。
     Y2Kのボルボ、国産スポーツカー、和み顔の欧州車、
     ステーションワゴン、イエローナンバー、ワーゲン…
    ■GOOD CARS, GOOD DRIVE! クルマに乗って、どこまでも。
    ■忘れられない車の話。
     松任谷正隆、中津川吾郎、尾花大輔、東儀秀樹
    ■今日は一日、いい車探し。
    ■車マニアな監督が唸ったカー・ムービー。黒沢 清 INTERVIEW
    ■時代を拓いたカーデザイン。
    ■若きシティボーイの車白書
    ■はじめての車、お金にまつわるQ&A
    ■いつかは! 夢のガレージ。
    ■えっ!? 海の向こうで日本車がっ!
    ■で、実際EVってどうなの?
    ■Bose&セク山のナナメ上行く車のマナー。
    ■車をめぐるカルチャー10
    ■国道134号でカーウォッチング。
  • POPEYE(ポパイ) 2024年 5月号 [ぼくと服と東京の暮らし。]

    800pt/880円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    長谷川昭雄って知ってます? 
    俳優じゃないです。POPEYEに長年関わり、最近は外で活動していた
    スタイリスト、ファッションディレクター。
    今号は、久しぶりに戻ってきた“ハセくん”が中心となって作った一冊です。
    メインページは彼がいま気になっている服や着こなし方、
    東京の飲食店を中心に紹介してあります。
    また、彼が信頼を寄せる人たちに集まってもらいコラムを書いてもらいました。
    たぶん、かなり偏った東京の話です。
    でも、都会で暮らすことであったり、
    シティボーイとはどういう人のことを言うのか、
    そんなことをこの一冊の中から読み取ってもらえたら嬉しいです。(編集長)

    ■ぼくと服と東京の暮らし。
    東京で暮らす僕らに必要な服と、知っておくべきお店のこと。
    スタイリストの長谷川昭雄と一緒に考えた、2024年のシティライフ。
    食と服。/ ちゃんとした靴。/ 結局、捨てませんでした。/
    ずっとあるバックパック。/ 東京の夏服。/毎日、ワイン。/
    ずっといいもの。/ やっぱり、ポロ ラルフ ローレン、ポニー。/
    気になる、気にならないデザイン。/ 温故知新。/ 神保町、本のついでに。/
    続・温故知新。/ 家具考。/ 東京の路上。/富ヶ谷一丁目交差点、アペロの前に。/
    極私的偏愛店。/ イエローブーツ、6インチ、レーザープリント、代官山店限定。/
    ハンドソーン、スリーアイ、ドミニカに戻る。...and more

    ■TOKYO NATURAL WINE HANDBOOK
    これからの季節、テラス席で飲むナチュラルワインは最高。
    それ何だっけ? って人こそ読んでほしい入門ガイド。

    ■東京暮らしの123!
    明日のランチからGWの過ごし方まで。
    東京を遊び尽くすために押さえたい旬なスポットを、123形式でご紹介。
  • POPEYE(ポパイ) 2024年 4月号 [新生活とファッション ’24]

    800pt/880円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    お正月に立てるはずだった新年の目標は、
    いつの間にかあとまわしになってしまって、気付けばもう春。
    今年もレイジーなスタートを切ってしまった自分を奮い立たせる。
    英語でも勉強しようか、電車ではスマホをいじらず本を読むことにしようか。
    そうだ、クローゼットの中身も一新してみよう。
    部屋の中の生活道具も見直したい。
    朝日が眩しいベランダで歯磨きをしながら考えたいくつかの目標。
    寝起きの脳みそが徐々に動き出したら、新生活へのやる気が湧いてきた。

    Contents
    ■「初めてのひとり暮らしと、早稲田とえんじ色の服。」
     僕は、上京 1 年目の大学生。
     早稲田をぶらぶらしながら新生活ライフを楽しんでいる。
    ■「SHOPPING LIST for A NEW START
    新生活のための ショッピングリスト。」
     POLO SHIRT / TOTE BAG / CURTAIN / COAT / PHOTO / SHIRT /
     BATHROOM / SUMMER KNIT / SHORTS / UNDERWEAR /
     KEY RING / DISHES & CUTLERY / KITCHEN / SWEATSHIRT /
     LIGHT / SHELL JACKET / DIY / ENTRANCE / YOUNG CRAFTSMAN /
     RELAXING / MULTI-PURPOSE / LAYERING PIECES / CLEANING /
     IDEAS FROM THE MOUNTAIN … etc.
     いろんなものが必要なこの季節。
     お財布とにらめっこしながら本当に欲しいモノを考えてみよう。
    ■「新生活を機に。 」
     心機一転、一念発起。
     みんなは何を買い、何を始めたのだろうか?
    ■「シティボーイは、いい匂い。」
     8人の識者に会って考えた。
     いい匂いって一体、どういうことなんだろう?
  • POPEYE(ポパイ) 2024年 3月号 [世界のかっこいい部屋と、その秘密。]

    773pt/850円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    シティボーイはどんな部屋を目指すべきかって?
    それは、かっこいい部屋に決まっています。
    貴重で高価な家具を揃えようなんて、絶対言いません。
    今回、ポパイが訪ねた世界中のかっこいい部屋には、
    リサイクルショップで出合ったアジアのどこかの椅子や、
    隣人から譲り受けたお皿、柳宗理のケトル、海で拾った石、
    長い間探して見つけたディーター・ラムスの棚がありました。
    そういえば、クルマ用のクロスで床掃除をする先輩もいたなぁ。
    家具と暮らし方、ひとつひとつを注意して観察することで、
    “かっこいい“の秘密は明らかになるのです(ミステリー風)。

    ■世界のかっこいい部屋と、その秘密。
     New York_コンパクトだけど超機能的な部屋。
     Copenhagen_古い建物、古いモノ。その雰囲気に浸れる部屋。
     London_グッドデザインに囲まれて暮らす部屋。
     Berlin_空間を自分たちらしく作り、 料理と同じく“味”を深める部屋。
     Stockholm_暗い季節も明るく過ごせる部屋。
    ■かっこいいを“見つける” トレーニング。
    ■かっこいい部屋には、必ずかっこいい一角がある。
    ■CHEAP CHIC INTERIOR GUIDE
    ■ENJOYHOUSE KEEPING! ぼくのハウスキーピング。
    ■今日からはじめてみない? ポップなグリーン・ライフ。
    ■POPEYE NOTES トーキング・ヘッズ
  • POPEYE(ポパイ) 2024年 2月号 [STYLE SAMPLE ’24]

    773pt/850円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    今回は25エリア・383のスタイルサンプルを7カテゴリーに分類。
    都会的な「City」、土地に根ざして実用的な「Countryside」、
    各国のスポーツコミュニティを取材した「Athletic Feelings」、
    インドとアフリカのブランドに注目した「Traditional Crafts」、
    「TPO」別の装いの実例や、センスを分析する「Deep Looking」、
    写真家が感性全開で自由にスナップした「Photographer’s Eye」。
    じっくり眺めて考えて、今年も自分らしいスタイルを探そう!
  • POPEYE(ポパイ) 2024年 1月号 [ガールフレンド]

    773pt/850円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    年末恒例のガールフレンド特集が今年も。
    10回目を迎える本特集は、東京のデートコースにフォーカス。
    世田谷区を横断したり、東東京のギャラリーを巡ったり、
    意外と行ったことがない人が多い東京タワー周辺を歩いたり、
    ヘリコプターやトゥクトゥクに乗ってみたり!?
    また、スイートな気分が盛り上がる年末年始だけに
    おいしい甘いものを大特集。
    表紙は今田美桜さんが登場!
    さあ、今年の冬もデートで忙しいよ!

    contents
    ■この冬、とびっきりのデートをしよう。
    ■冬の東京デート案内。
    世田谷_世田谷区横断24Hデート。
    蔵前_お酒とアートに酔うデート。
    代々木公園_自転車で1周デート。
    大森_ロマンチックな海の街デート。
    ■意外と訪ねたことがないはず。
    観光名所でデートしない?
    ■こんなデート、初めてだ!
    ■Sunday Morning
    今田美桜
    ■Thinking ’bout gifts for her.
    あの子へのプレゼント、どうしよう?
    ■SWEET SWEETS HANDBOOK
    PART1 ケーキをイートインで
    PART2 あまいものだいすき友の会
    PART3 今年のクリスマスはちっちゃいケーキをいろいろ
    ■ラッパーの綴る、恋のリリック。
    ■二人の恋の始まりは? 世界のカップル恋愛白書。
  • POPEYE(ポパイ) 2023年 12月号 [小旅行とパッキング。]

    773pt/850円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    今年、旅行どこ行った? なんて友達に聞いてみたら、
    よくぞ聞いてくれたって顔で、「岡山やばかった」ってさ。
    僕はというと、函館に船で渡るとか、移動を楽しむ旅の気分。
    いよいよ小旅行を計画だ。1泊2泊なら予定も立てやすいしね。
    そうと決まればさっそく、持ってく服やら小物をリストアップ。
    最小限の荷物を心がけながら、余計なものもちゃんと忍ばせて。
    旅好きの先輩たちの知恵や持ち物を大いに参考にしながら、
    やっぱり旅先でもお洒落を忘れないように、という特集です!

    contents
    ■小旅行のマイ・ルール。
    まずは旅慣れた先輩たちの持ち物を拝見。旅情重視派か、機能性重視派か?
    ■小旅行のためのパッキング・リスト。
    意外にカシミヤのセーターを持っていくのがよかったり、
    着こなしと荷造りと、両方のことを14のリストで紹介。
    ■旅の玄関口、東京駅でスタイルドキュメント。
    外国人旅行者も増えた東京駅で、
    旅のスタイルサンプルを見つけよう。
    ■秋の小旅行、どこ行こう?
    1. 山歩きと松本シティ。
    2. 岡山市内を路面電車で。
    3. 弘前から函館へ乗り物旅。
    4. 伊豆諸島をホッピング。
  • POPEYE(ポパイ) 2023年 11月号 [本をめぐる冒険。]

    773pt/850円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    例えば電車に乗って、本を読む。
    周りはスマホを眺めているけど、
    ページをめくる僕はいま、一足飛びにいろんな時代を巡っていて、
    会えないはずの誰かの言葉に触れ、知らない景色を垣間見ている。
    ボーッと過ごす日常では得られない、特別な感性や知識にワクワク。
    おまけに、読むという行為のペースは誰にも邪魔されることはない。
    心に残る何かに出合ったら立ち止まってもいい。
    あまりにも自由だ。 この果てしなく広がる本の世界を、
    僕らはいかに、気ままに旅するか。
    今号は、『ポパイ』が今、気になる本・本の作り手・本屋さんを
    できる限り詰め込んだ、いわば雑多な道しるべ。
    まずはアメリカの、あのクールなブックレーベルを訪れてみよう!

    本をめぐる冒険。
    アメリカの西も東も、ヨーロッパも、もちろん日本も。
    世界中から集めた、本にまつわる面白いコラム満載!

    What is THE ART BOOK FAIR?
    アートブックフェアで
    欲しい本を見つける方法。

    Bookshops are Wonderlands!
    本屋は僕らのワンダーランド。
  • POPEYE(ポパイ) 2023年 10月号 [僕らのショッピングリスト101。/My Long Shopping List 101]

    691pt/760円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    秋のファッション特大号。
    編集部があらゆるブランドやお店をリサーチして、
    厳選した101個の欲しい洋服を紹介します。
    街の古着屋で見つけたデッドストックから、
    秋の普段着にちょうどいいスウェエットやシャツの新作、
    メゾンが仕立てた上質なコート、海外で見つけた知られざる洋服などなど、
    物欲メーターが大きく触れた洋服をぜひお楽しみください。
    また、ショッピングにまつわる読み物も充実。
    気になるあの人のショッピングリストや
    来日したデザイナーやアーティストが東京で買ったものリサーチなどなど、
    欲しいものが必ず見つかる1冊です。

    contents
    特集
    My Long Shopping List 101
    僕らのショッピングリスト101

    It’s just around the corner.
    僕たちの、秋支度。
    この秋はどんな気分?僕たちはこんな感じのスタイリングでいこうと思う。

    My Long Shopping List 101
    僕らのショッピングリスト101。
    あちこち歩いて見つけた、全部で101の欲しいものリスト。
    すっかり長くなってしまったな。

    あの人のショッピングリスト。
    His Shopping List for Autumn & Winter
    気になる人の、気になる買い物リスト。
    愛情のこもったリストをみなさんに作ってもらいました。

    WELCOME TO TOKYO!
    HOW’S YOUR SHOPPING LIFE?
    来日したら、東京で何を買う?
    外国人の来日ラッシュ!気になるのは、みんなのショッピング事情。

    LET’S GO SHOPPING LOCALLY!
    東京のsmall & newなブランドも欲しくなって。
    スモールブランドは人に紹介してもらうのが一番。
    教えて、シティボーイ。

    トレンドみっけ隊
    編集部が見つけたトレンドの萌芽。まだ流行ってないくらいがちょうどいい。
  • POPEYE(ポパイ) 2023年 9月号 [& SKATE スケートが教えてくれること。]

    664pt/730円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    スケートって何だろう?これって大きな問題。
    スケーターといってもいろんなスタイルの人がいるし、格好も聴く音楽も違う。
    共通項は4つのウィールがついたボードに乗るということだけ。
    スケートをするのにユニフォームもルールもない。
    なのにスケートをする人、してた人って上手い、下手関係なくどこか何かが違うんだよな。
    古今東西、スケートをしてきた人たちに訪ねまくり歩きました。
    スケートから受けた影響を見たり、聞いたりすることで、スケートが何かがわかるんじゃないか?
    映画監督のスパイク・ジョーンズ先生はこういっていた。
    「スケートはものを見る視点を変えてくれ、予想もしない二つのことを繋げて新しいものを生み出させてくれるんだよ」と。
    確かにその通りかもしれない。
    この号に載ってる話や写真はそれを裏付けさせてくれた証。
    さぁ、今まで滑ったことのない君も、ご無沙汰だというあなたも、ボードを片手に外に出てみないか?
    いつもの景色もきっと違って見えるはずだよ。

    ■& SKATE スケートが教えてくれること。
    STYLE/VIOLET/TOM SACHS/FILMER/STREET/
    ATIBA JEFFERSON/IAN MACKAY/EVAN KINORI/ROOM/
    SIGNATURE SHOSE/PHOTO/ZINE/SEAN PABLO/WORK/
    MOVIE/VIDEO/ARTIST/GRAPHIC/MUSIC
    世界中のスケーターから、NYで生まれた話題のチームVIOLET、
    スケーター出身のクリエイターたちも紹介。

    ■STAY KIDS STAY SKATER
    スケーターファッションなんてものはない。

    ■スケートボードのキホンのキ。

    ■IT’S ALL ABOUT SKATEBOARD JOURNAL

レビュー

POPEYEのレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 参考になる
    りんごさん 投稿日:2022/12/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 メインとしては、人生哲学や旅、男性用のファッションやデートプラン作成などに役立つ情報が満載の情報誌です。女性目線からいえば旦那や彼氏へのアドバイスに使ったり、父親へのコーディネート参考用のプレゼントとして使えると思います。毎号チョイスされるテーマもかなり凝って深く内容を掘り出しており、洗練された記事なのが良いと思います。紙製ではない分かさばらず、外出先でも気軽に読める利点があります。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ