漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

スーパーカブ【電子特別版】

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数7件
スーパーカブ(8巻配信中)

作品内容

山梨の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味もない、何もない日々を送る彼女は、中古のスーパーカブを手に入れる。初めてのバイク通学。ガス欠。寄り道。それだけのことでちょっと冒険をした気分。仄かな変化に満足する小熊だが、同級生の礼子に話しかけられて――「わたしもバイクで通学してるんだ。見る?」一台のスーパーカブが彼女の世界を小さく輝かせる。ひとりぼっちの女の子と世界で最も優れたバイクが紡ぐ、日常と友情。【書き下ろしショートストーリー「セカンドマシン」を収録した、電子特別版】

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  8巻まで配信中!

  • スーパーカブ【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    山梨の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味もない、何もない日々を送る彼女は、中古のスーパーカブを手に入れる。初めてのバイク通学。ガス欠。寄り道。それだけのことでちょっと冒険をした気分。仄かな変化に満足する小熊だが、同級生の礼子に話しかけられて――「わたしもバイクで通学してるんだ。見る?」一台のスーパーカブが彼女の世界を小さく輝かせる。ひとりぼっちの女の子と世界で最も優れたバイクが紡ぐ、日常と友情。【書き下ろしショートストーリー「セカンドマシン」を収録した、電子特別版】
  • スーパーカブ 2【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    両親も友達も趣味もない、何もない日々を過ごしていた小熊が、スーパーカブを買って数ヶ月。季節は変わり、南アルプスの麓に吹く風は日に日に冷たくなっていく。かじかむ指。かかりにくくなるエンジン。肺が凍りつく向かい風。雪の積もった道路――同じくバイク乗りの礼子と共に、試練の季節へ挑む小熊。カブとの出会いで少しずつ変わる彼女のことが、同級生の恵庭椎は気になっていて……。少女たちとバイクの、厳しく楽しい冬が始まる。【書き下ろしショートストーリー「助けておやっさん」を収録した、電子特別版】
  • スーパーカブ 3【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    両親も友だちも趣味もない、何もない少女だった小熊が、スーパーカブと出会って、もうすぐ1年。礼子・椎と今までよりも少し賑やかな毎日を過ごす彼女は、高校3年生になる。友だちと一緒の昼ご飯。当てもなく寄り道する放課後。バイクでしか出来ないアルバイト――カブは小熊の生活を変えた。「私はどこにでも行ける」東京の大学へ進学が決まり、新天地に思いを馳せる小熊だったが、大学生活は【バイク禁止】とわかり……。【書き下ろしショートストーリー「頂の景色」を収録した、電子特別版】
  • スーパーカブ 4【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    卒業も近づく高校3年生の冬。年末年始のイベントに浮き立つ世間をよそに、小熊はひとり、冬休みを迎えようとしていた。「やっぱり、私にはカブしか無いのかもしれない」そんな折、小熊をヘッドハンティングしたいというバイク便会社の社長・浮谷が現れ、新たなバイトを始めることに。敏腕経営者とは思えない、どこか子どもっぽい浮谷。個性の違う同僚ライダーたち。大晦日の夜に出くわした、幽霊のような少女・史。馴染みのバイク解体屋で起こる、予想外のメロドラマ──両親も友達も趣味も、何も無かった。そんな小熊にカブがもたらした、人とのつながり。【書き下ろしショートストーリー「ライディングウェア」を収録した、電子特別版】
  • スーパーカブ 5【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    高校卒業も間近に迫った1月。大学生活の住居も無事確保した小熊は、カブでの走行中、突然もらい事故で入院することに。入院期間は5週間。病院の同室になった3人の女性たちは、いずれも個性的で……※電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『前カゴ』を特別収録!
  • スーパーカブ 6【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    高校生最後の日、卒業式。小熊、礼子、椎の3人は窮屈な式典の終わりを合図に、ポケットからカブのキーを取り出した。
     高校生から大人になるまでの、短い猶予。それを目いっぱい使って、自分たちがこれから暮らす街・東京を知るために3人はバイクを走らせる。有料の駐輪場、密度の高い建物群、夜になっても明るい道。東京の街は刺激的でなにもかもに圧倒されそう。
    「道は走りながら決めればいい。だってそのほうが面白いから」
     自分たちが見つけた、それぞれの未来。その分岐点はきっとすぐそこ。分かれ道までほんのひと時を、カブとカブで繋がる誰より近い2人の友達と走る、小熊の卒業旅行。

    ※電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『ガレージライフ』を特別収録!
  • スーパーカブ reserve
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    引っ越してきた新しい住居で愛車のカブの傷をなぞりながら、小熊はふと高校生活の出来事を思い出す。礼子との富士山登頂、椎の家でのクリスマス……大学生活を前に、本編では描かれなかった隙間の時間が今描かれる。
  • スーパーカブ 7
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    東京の大学に進学した小熊。木造一軒家を少しずつリノベーションして新たな生活を始めようとした時、追突されてスーパーカブ50に乗れなくなってしまう。代車として用意されたのは「スーパーカブ90」で……。

レビュー

スーパーカブのレビュー

平均評価:3.6 7件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) ゆるいけどゆるくない
    アトランティスさん 投稿日:2021/4/2
    表紙の雰囲気のゆるさを保ちつつちょっと笑えないような事実もあって作品としてはとても楽しい
  • (4.0) スーパーカブが欲しくなりました。
    rengeさん 投稿日:2021/4/9
    若い頃、高校時代にカブに乗ってた身としては、この作品は当時を思い起こす。小熊の感動が共感出来た。私に再びカブに乗りたいと思わせる作品です。乗るなら110ccを検討中です。とにかく面白い作品で話に引き込まれました。季節は春、カブで走り出すには 、ちょうどよい頃合いになりました。きっと小熊たちと同様に楽しい走りになるだろうなと思いつつ、続きを読みます。 もっとみる▼
  • (4.0) 親父のスーパーカブを思い出した。
    takさん 投稿日:2018/6/29
    親もお金も友達も趣味もない女子高生の小熊さんが、いわくつきのスーパーカブを中古で買って、物足りなさを感じていた日常に起こる変化を通して成長していくお話し。自分も免許取り立ての頃、親父のスーパーカブ乗り回してた事を懐かしく思い出しました。良い 話なんですが、会話が少なく、文章も淡々としているので物足りなさを感じてしまいました。それゆえ、星4つです。 もっとみる▼
  • (3.0) いい話しです!!
    Keitaさん 投稿日:2021/4/18
    み構える事無く読んでいます自分も初めてバイクを手に入れた時を思い出しました。
  • (3.0) 主人公のキャラ
    かいいんさん 投稿日:2021/4/30
    のせいもあって、ほのぼのとしているというより淡々としている感じかも。
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ