漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

覇狼王の后 上

通常価格:
620pt/620円(税抜)
(3.6) 投稿数12件
覇狼王の后 上(1巻完結)
作品内容

隣国に侵略され、戦禍に追われた人々が神殿に逃げ込む。そんなある日、神官のアリーシェは矢傷に倒れた傭兵を見つけ看病する。だがその傭兵・ヴォルフは、鮮血の異名を取る男だった。女神と称えつつも獰猛な眼差しで迫るヴォルフは、神殿ごと人質に取りアリーシェを連れ去る。身体の秘密を暴かれ自決を覚悟するが、「俺の種をつけてやる」と歓喜に笑うヴォルフに蹂躙されて──。

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
覇狼王の后 上のレビュー

平均評価:3.6 12件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 2冊続く作品のうちの上巻
    milkさん 投稿日:2019/6/12
    全240ページ。イラスト有り。年上×年下(17歳)。国捕りファンタジー。上巻のみ読了後の感想です。立読みから想像したストーリーの雰囲気とは違い、攻のあまりの一方的な執着ぶりに対してその理由が浅く感じ狂気的に見え楽しめませんでした。下巻でどう なるかわかりませんが受の気持ちの変化もこの流れではストックホルムだとも思えなくもなく、なんだか萌きれず…。文章自体は読みやすくそれは良かったです。割引キャンペーンでイラスト有りがイラストなしより安価になっていたため有りを購入しました。絵としては綺麗ですが文章とあまりあっていないように感じ残念です。下巻で例え幸せ展開になったとしても上巻の展開をうけて読んで楽しめるかどうか微妙なので下巻購入は迷っていますが、特別なにかキャンペーンなどなければイラストなしを購入すると思います。今回は割引キャンペーンで購入のため☆3評価です。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) 執着愛。
    (。・_・。)ノさん 投稿日:2019/2/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公のアリーシェが幼い頃に受けた母からの暴力のトラウマが凄いです。 攻めのヴォルフは傭兵として戦ってきただけに、人の命などなんとも思っていないような残忍な男。 そんな男がアリーシェのことを女神だといい、母が毛嫌いしていた彼の体の秘密をしってますます執着していきます。 確かに始まりはヴォルフ、酷いやつ!!っておもい自己中だなっておもいつつも、アリーシェに対するメロメロぷりに絆されてしまい、ヴォルフ頑張れ!!(笑)と思いました( *´艸`) そんな強引さのお陰かアリーシェの母へのトラウマも薄れつつあるのが、良かったなと思います。 下巻配信されるとの事で読み返したのでレビューしましたヽ( ・∀・)ノ ハピエンになります様に!! 続きを読む▼
  • (5.0) ベタ惚れ
    haruhiさん 投稿日:2018/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 王子様の溺愛、ベタ惚れが素晴らしいですね。 受け様の為になら、憂いも過去のトラウマも全部引き受けようって感じの懐の深い事。後編が気になります。この二人がどうやって歩みよるのか、楽しみです。 続きを読む▼
  • (4.0) イラストがイメージじゃないかな〜?
    ななさん 投稿日:2019/4/23
    お話はよかったけれど、挿し絵がキレイだけどちょっとイメージと違っていた。なんだか美少女に陰気な普通の青年がつきまとっているみたいと思った。難しいと思うけどヒーローの覇気とか、カリスマ性とか、隆々とした肉体とか感じられたらよかったな〜。もった いない。 もっとみる▼
  • (4.0) レビューの評価で買いました
    こうめおかかさん 投稿日:2019/3/6
    小説は面白いです。王道といえばそうなのですがウケ様の素性が複雑なだけに簡単に相思相愛にならないところがむしろ納得いくというか、かえって魅力的。あとは神官というキャラが個人的に大好きなもので。星五つとしたいのですが、自分がイラストレーターなの でラノベの評価の二つ分は挿絵評価にしてまして…カラーやアップは美しいのですが躍動感というかDramaticな動きが挿絵に皆無で、若干興ざめ…馬や風景背景等にもう少し力が上がれば、もっと盛り上がるのにという残念感で四つになりました。 もっとみる▼
  • (4.0) 続きが楽しみ!
    ぴちさん 投稿日:2019/2/11
    下巻が出て、読み返しました。もう下巻が楽しみでなりません。ただ私の勝手な思い込みでもあるのですが、ヴォルフの絵が話しとはあっていないと思うのです。それが残念で☆-1
広告掲載中タイトル
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ