漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

【SS付き】欠陥品の文殊使いは最強の希少職でした。

通常価格:
960pt/1,056円(税込)
(2.5) 投稿数2件
欠陥品の文殊使いは最強の希少職でした。(3巻配信中)

作品内容

名門貴族の次男として生まれたフィガロは、魔法を使えず実家から追放されてしまう。行くあてのないフィガロを引き取ったのは、領地の外れで暮らす老人。その正体は、かつて世界を救った伝説の大魔導師だった! 新しい暮らしの中で、魔素で肉体を強化したり、魔法具を用いて強力な魔法を使ったりと、秘められた力に目覚めていくフィガロ。ところが、賊に襲われていた少女を救ったことで、王国を揺るがす陰謀に巻き込まれてしまう――! 電子版には「木漏れ日の中で」のショートストーリー付き!

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

レビュー

欠陥品の文殊使いは最強の希少職でした。のレビュー

平均評価:2.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (3.0) んー…早くない?
    はなさん 投稿日:2019/9/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 魔法の名門貴族からの落ちこぼれ追放→大魔導師との出会い→実はお前人外チートじゃん☆認定→自身の力を知り覚醒していく って流れはワクワクしながら読んでたけど、あれ?いつの間に完全チートになったのよ?落ちこぼれだと思ってた子が力の使い方を覚えてく過程が面白いのに……せっかく大魔導師の元にいるのに修行シーンがほとんどないなんて、なんで宝の持ち腐れ…。もうちょっと師弟関係もしっかり書いてほしかったなぁ。 んん?となってる間に姫様救出していつの間にか恋仲になってたっぽいし。修行らしきものはさほど描かれないまま姫様に呼び出されそのまま王都に行って大事件に突入、人外っぷり爆発してるし。 前半が急ぎ足過ぎて主人公の成長についていけなかったです。“本来の力”を使いこなせる様になるまでを楽しんでたのに急に次の段階に一気に進んじゃって置いてけぼり感拭えず…大魔導師もったいないよーせっかく若返りまでしたのにぃ 続きを読む▼
▲ページTOPへ