We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

彼は優しい雨

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数13件
彼は優しい雨(1巻配信中)

作品内容

やる気がない学生を前に、淡々と講義を進める大学講師――そんな東欧文学の講義に、雨宿りで潜り込んだ若手デザイナー・文彦(あやひこ)。暇潰しのはずが、東欧の作家への情熱を静かに語る講師・久富(ひさとみ)に、好奇心を煽られる。俺が学生じゃないって気付いてるのに、聴講を許してくれる――そんな久富に惹かれ、何度も大学に足を運ぶが!? 会う時はいつも雨に降られてしまう二人が、ゆっくり育む甘い恋v ※口絵・イラスト収録あり

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 彼は優しい雨
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    やる気がない学生を前に、淡々と講義を進める大学講師――そんな東欧文学の講義に、雨宿りで潜り込んだ若手デザイナー・文彦(あやひこ)。暇潰しのはずが、東欧の作家への情熱を静かに語る講師・久富(ひさとみ)に、好奇心を煽られる。俺が学生じゃないって気付いてるのに、聴講を許してくれる――そんな久富に惹かれ、何度も大学に足を運ぶが!? 会う時はいつも雨に降られてしまう二人が、ゆっくり育む甘い恋v ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

彼は優しい雨のレビュー

平均評価:4.2 13件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) お話自体は好きです
    salmonさん 投稿日:2021/7/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 39才の大学講師と29才のデザイナーのお話。近くの大学の食堂でランチを済ませた文彦は急な雨が降り出したので時間つぶしで学生に紛れ込んで教室に入り、東欧文学の講義をする久富に出会います。淡々としていてしすしずと物語は進んでいくのですが、文彦のキャラが魔性設定でして、自分の魅力をしっかり自覚している誘い受けっていうのがこのお話に合わない感じがしました。文彦が久富に向ける気持ちは本物で久富の大人な態度もとてもよかったです。けれどなんだか萌えが足りなかったような。狙った獲物は逃さない受けより恋に不器用なくらいの受けが好きなので、好みの問題かと思います。 2019年6月 総189ページ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 大人の恋の物語
    Jisamaさん 投稿日:2019/8/18
    タイトルにもあるように優しい雨のような大人の男性に愛される、間もなく30に成ろうとする雄猫のような青年の成長の物語。モチーフに用いられる東欧文学といい、しっとりと落ち着いた雰囲気でゆっくりと優しく愛が語られていく。大きなイベントは無いけれど 、過去の未熟だった痛みは確かにわだかまりが解けず、愛を得ることでいつしか消化していく過程は、大人だなとため息が出ます。 優しい大人の恋の物語。読み応えたっぷりです。 もっとみる▼
  • (5.0) タイトルの通り
    あおさん 投稿日:2019/10/14
    優しい雨とは霧雨の様な感じかなぁと、その仄暗さが東欧の街並と重なって落ち着いたシックなイメージで読みました。確かに東欧は馴染み深いとは言い難くてでも先生と共に興味をそそられるアヤの気持ちが良く分かります。ちょっとヤボったくて落ち着いた優しい 大人の男性って伝説レベルで周辺にはいないので作品の中だけでもお知り合いになれて(一方的に)とても癒されました。 もっとみる▼
  • (5.0) 年を重ねたからこその大人の恋愛がある〜
    あんこさん 投稿日:2020/11/1
    若い時の未熟だからこその恋愛失敗談〜分かるわ〜あるある〜って読みながら何度も頷きました。そしてその失敗や反省があるからこそ出来る恋愛もある。雨をモチーフに攻め様の真面目で優しい人柄が丁寧に描かれていて、その優しさに惹かれて大事に恋心を育てた 受けにも好感が持てて、本当にしっとりとした心にジワんと幸福感が染みていく〜そんな素敵な作品でした。 もっとみる▼
  • (5.0) 優しい時の流れ
    ゆめこさん 投稿日:2020/1/9
    読み終わった時、心穏やかな時の流れを感じました。ふとした事で出会った二人が少しずつ惹かれていく流れがとても心地良く感じました。途中で元恋人が現れましがそれも二人の想いを深くする事になりハッピーエンド!これからの二人も読んでみたい…(^。^)
  • (5.0) 雨が好きになりそうです。
    zzz.bookさん 投稿日:2019/9/1
    描写の細やかな独特のムードある作品だったので、ついBL小説だということを忘れて読んでしまいがちになり、濡れ場などでハッとさせられ、あぁそうそうBL小説だった!と二倍美味しくいただけてしまう魅惑的なお話でした。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ