漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

つがいは目隠し竜に堕ちる【イラストあり・電子限定ショートストーリーつき】

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数17件
つがいは目隠し竜に堕ちる【イラストあり・電子限定ショートストーリーつき】(1巻配信中)

作品内容

不幸続きの人生のため「疫病神」と呼ばれ忌み嫌われていた高校生の光希は、ある朝電車に撥ねられ、気づくと緋と藍の瞳の美しい男に犯されていた。光希を「我がつがい」と愛しげに呼ぶ男はラゴルト王国の大魔術師にして竜人のラヴィアダリス。彼のつがいでありながら違う世界に生まれたことが光希の不幸の原因だった。竜人にとってはつがいが全て。冷たくしても罵ってもラヴィアダリスは嬉しげに纏わりついてきて、あまつさえ光希が恐れた双眸を抉り差し出すが……。電子限定ショートストーリー「ある王女の結末」、みずかねりょう先生の口絵・挿絵も収録。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • つがいは目隠し竜に堕ちる【イラストあり・電子限定ショートストーリーつき】
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    不幸続きの人生のため「疫病神」と呼ばれ忌み嫌われていた高校生の光希は、ある朝電車に撥ねられ、気づくと緋と藍の瞳の美しい男に犯されていた。光希を「我がつがい」と愛しげに呼ぶ男はラゴルト王国の大魔術師にして竜人のラヴィアダリス。彼のつがいでありながら違う世界に生まれたことが光希の不幸の原因だった。竜人にとってはつがいが全て。冷たくしても罵ってもラヴィアダリスは嬉しげに纏わりついてきて、あまつさえ光希が恐れた双眸を抉り差し出すが……。電子限定ショートストーリー「ある王女の結末」、みずかねりょう先生の口絵・挿絵も収録。

レビュー

つがいは目隠し竜に堕ちる【イラストあり・電子限定ショートストーリーつき】のレビュー

平均評価:4.3 17件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 溺愛
    ぴこさん 投稿日:2021/1/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は胸が痛かったです。最初から最後まで、番を溺愛し愛が深く素敵でした。お互い辛い思いをし、相手を思いやる。他人を思いやる気持ちが和みました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かったです。
    猫好きさん 投稿日:2020/10/4
    受ちゃんは薄幸な上、頭おかしい系執着独占欲攻に一方的に籠の鳥にされて頼んでもないのに勝手に自傷されて、さらに文化の違い?で色んな人達に色んな物を背負わされて、いや大変すぎるだろヒロインとつっこんでしまうぐらい大変な目に会いますが、それでも負 けない!という話でした。ママになってからの受ちゃんも見たいです。 もっとみる▼
  • (5.0) ああ……
    ソラさん 投稿日:2020/11/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 好き……好きです……。 最初は受けがもう素直になれなくて攻めがひたすら可哀想になってくるんですけど、本人は受けの存在で白飯5杯いける感じなので受けが存在してれば幸せなんでしょう。そういうの好きよ。 おまけの短編でちょっと笑いましたけどね。仮にも王女になんて仕打ちを……短編で……。笑 続きを読む▼
  • (5.0) 引き込まれました
    はるさん 投稿日:2020/10/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 光希に対しての狂気的な執着愛が凄すぎました。両方の眼球を差し出した時はその愛が凄すぎて驚愕しましたが、離れている間のお互いの悲痛な思いの溝を埋めることができ、ハッピーエンドで良かったです。ハッピーエンドにならないのでは?とハラハラしてました。2人の子供が生まれる話など読んでみたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白いです。
    おゆきさん 投稿日:2020/10/31
    面白かったです。ちょっとダークな雰囲気で、最初は自分とは合わないかなぁと思っていたのですが、読み進めていくと面白くなってきてあっという間に読んでしまいました。何度も読み返す位の作品です。
  • (5.0) いい!
    ぱちぱちさん 投稿日:2020/12/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごく良かったです。執着わんこ?攻めに全てに絶望してしまった受け。残酷な場面もありますが、思いが通じて良かった。さすが宮緒先生の執着攻め。ブレないところに安心して読めました。 続きを読む▼
▲ページTOPへ