漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少女マンガ
桐生先生は恋愛がわからない。 1巻
この巻を買う/読む

桐生先生は恋愛がわからない。 1巻

通常価格:
429pt/429円(税抜)
(4.3) 投稿数26件
桐生先生は恋愛がわからない。(5巻完結)
作品内容

桐生ふたば(32)はアニメ化もされるラブコメ漫画の作者であるが、
自分自身は”恋愛感情”がわからない人間である。

「そもそも女性が恋愛を好きだって、誰が決めた!?」

かなり拗らせたふたばだが、そんな彼女に対して、
職場の寡黙な年下アシスタント、通称アサシン、
そして年上のアニメの脚本家、通称軍師が突如として
アプローチを始める…!!!

「私の人生、いつから乙女ゲームになった!?」

”恋愛感情”がわからないアラサー女子による新感覚ラブコメ、スタート!!

作品ラインナップ  全5巻完結
レビュー
桐生先生は恋愛がわからない。のレビュー

平均評価:4.3 26件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) うーん、普通。
    acoacoacoさん 投稿日:2018/1/16
    最初は良かったのに、途中からさめた。主人公が恋愛に悩めるように、都合のいいように事が運ぶ漫画に変わっていったように感じるのが残念。全巻購入してちょっと後悔した漫画。もうひとひねり欲しかったような。
  • (3.0) 徹夜明けのカミングアウトは心臓に悪い
    ちび助さん 投稿日:2018/1/11
    なんか軽い感じにストーリーは進むけどわりと現実はセクシャルマイノリティのからみもあったりして、なんか深い部分もある。まあラストはこういう生き方もあるってことで。
  • (5.0) 安易じゃないのが面白い
    AIDさん 投稿日:2018/1/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 よくある「鈍感喪女がよくわかんないけどイケメンどもにモテモテで言い寄られてどうしよー★」な退屈なラブコメかと思ったら全然違った。本当にタイトル通りの主人公とは思わなかった。セクシャルに対する考え方や説明が一通りあって設定までされてるのが新鮮。コミックエッセイでマイノリティな性的指向やジェンダーをテーマにとりあげたものはそこそこあるけど、いわゆるBL、百合ジャンルではともかく一般ジャンルでのストーリー漫画はまだ珍しいですよね。ノンセクシャルやアセクシャルを主体に扱ったのは初めて見ました。主人公もただ振り回されているだけじゃない。「自分の心ほど信用できないものはない」というセリフは至言。全員がどこか歪な部分があって魅力的だと思う。主人公とともに冷静かつ余裕のあるダンディキャラだった軍師や、かわいくて一途なアサシンも成長していっているのがとてもうれしいし萌えました。主人公がとった道は、読者の自分としては寂しいけど筋が通ってるしとてもいい。そうじゃないと嘘になる。あああーただ自分の好きなキャラとくっついたifも見たいなあ!二次創作的感覚で!という欲は捨てられないのがもどかしいなw 続きを読む▼
  • (5.0) 興味深いです
    にここさん 投稿日:2017/10/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 扱っているテーマは重いのですが、コメディータッチでテンポよく軽く描かれているので読みやすいです。 が、主人公も永遠に若く健康なわけではないのに、一生一人で戦っていくのでしょうか?仲間が居てもいいんじゃない?性的マイノリティは、一人で居るのが幸せなの?と…その辺は読者に考えさせたいのか、私がマイノリティでは無い為に理解出来ないのか、わかりません。 「安定」は「逃げ」なのか?安定を手にいれることはいけないことなのかな・・・「結婚」を「偽装」というなら、男女のカップルも偽装だらけだと思うのだけど。性的志向が違っても、信頼できる人と家族になるための制度だとは捉えないのかな? 性的マイノリティという時点でかなりの孤独を抱えているのに、一人で生きていくなんて、誰しもそんなに強靭なメンタルを一生維持し続けられるとは思えないのだけれども・・・。 何が幸せなのかはそれぞれで、他人の物差しでは測れないんでしょうけど、登場人物には幸せになってほしいと思います。 「自分の心ほど信用できないものはない」と作中で主人公が話していましたが、私はいつか主人公が心変わりして、信頼できる家族や仲間とともに孤独ではない人生を歩んでほしい・・・そんな続きを見たいと願望してしまいます。 続きを読む▼
  • (4.0) そういう人も居るんだな( ´・∀・`)
    メアは神さん 投稿日:2017/10/15
    何とか『恋』というものを理解しようと頭で色々考えるヒロインが、私の友達と被りました。 全く恋愛せず、寂しくも何ともないと言っていた彼女がヒロインに見えて、こういうことだったのかなと考えさせられる部分もあり、なかなか面白い作品です。 沢山 の人に読んで欲しいし、最後はヒロイン(作者さん)も恋に目覚めてくれたら嬉しいなと思います。 応援してます! もっとみる▼
少女マンガランキング
▲ページTOPへ