漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
少年マンガ
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 1
この巻を買う/読む

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 1

通常価格:
380pt/380円(税抜)
(3.0) 投稿数45件
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-(7巻配信中)
作品内容

忍界大戦ももはや過去、木ノ葉隠れの里も平和を享受する時代。七代目火影の息子・ボルトは、偉大すぎる父の影響か鬱屈した日々を送っていた。新たなる災いの影にも気づかずに…。新世代の伝説が今、開幕!!

作品ラインナップ  7巻まで配信中!
レビュー
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-のレビュー

平均評価:3.0 45件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (1.0) Ask to Ikemoto
    Alaskaさん 投稿日:2019/4/11
    Ask Ikemoto to stop sexualizing children, please! Ninjas do not wear a 15cm heel and short clothes!
  • (4.0) やっぱり
    Muuさん 投稿日:2019/4/7
    ナルトから読んでるから、やはり続きが気になって読み続けてます。時代が変わってもこの先が気になる。早く呪印の理由が知りたい〜
  • (3.0) 弱体化が目立つ
    ゆうなぎさん 投稿日:2019/2/28
    ナルトの息子のボルトが、かつての主人公ナルト達を見て成長していく物語かと思いきや、そうではなく…1、2巻では現役五影より活躍するボルトにびっくり。落ちこぼれだったナルトの対比で、優秀で才能もある息子を主人公にしたのは理解できるのですが…サス ケ以外のキャラクターが弱体化されているようで悲しいです。ストーリーも月一連載だからか所々はしょってます。これなら何年待ってもいいから、岸本先生がじっくり週一で描くか、純粋にアニメのコミカライズを出して欲しかったなぁと思ってしまいました。贅沢でしょうか…笑 もっとみる▼
  • (1.0)
    にゃんちゅーさん 投稿日:2019/2/16
    設定もストーリーも絵、全て微妙。海外でも評判が微妙なのがよく分かりました。岸本さんは原作より作画の方が良いと思う
  • (3.0) 2巻でお腹いっぱい
    じぇにがたさん 投稿日:2019/2/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 NARUTOの続編として違和感があったため2巻までで様子見状態です。絵は言うほど違和感はなく、味もあって好きです。 お腹いっぱいになった理由を言うと、2巻で突然出てきた強キャラが原因ですね。多分、ボルトの成長を漫画として書くにはナルト達親世代が邪魔だったので舞台から下ろす要因として、それと分かりやすい敵を作るための登場だろうけど、親世代の能力に合わせるように前作の最終巻辺りの戦闘力を持たせたのがまずかったのではないかと思います。 自分の心境的に『お?ナルトの続編じゃん!ためし読みしよっ』から『ボルト世代も悩んでるんだなぁ、どう成長していくのかな?』とアイドリング状態のところに『スーパーサイヤ人出てきたやんけ・・』となって、まだカリン塔に登っている位の戦闘力しか持っていないボルトは手出し出来ないし、親世代がバチバチ始めちゃって、自分もちょっと置いてけぼり状態に。その戦闘も忍術の応酬ならまだしも、脳筋的気のぶつけ合いがメインで、忍者じゃなくてもいいじゃんといった感じ。ナルトもあっさり負けてるし、、(好きなキャラが続編であっさり負けるところは見たくない派) とにかく好き嫌いはあるにせよ、NARUTOの良いところをあまり受け継いでいないと思ったのでこの評価にしました。 自分的にNARUTOで燃えたシーンは3代目火影の猿飛が大蛇丸を封印しようとしたシーンと、暁メンバーのサソリとチヨバア&サクラとの戦いですかね。じじいとばばあでも経験値は物凄く高くて超強いとか、忍者ならではで胸熱ですね(正直後半のNARUTOより前半が好き)。ボルトでもそういう忍者要素が増えると嬉しいです。 続きを読む▼
少年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 大人気忍ファンタジー
    岸本斉史先生らが、描く大人気マンガNARUTOのナルトとヒナタの息子、ボルトをはじめとしたNARUTOメンバーの子供たちの成長を描く忍ファンタジーです。七代目火影ナルトとボルトの関係性、第四次忍界大戦後の平和な世界へ忍び寄る新たな脅威…。映画化、アニメ化もされており、目が離せない一作!
    制作担当:なっちゃん
▲ページTOPへ