漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
憂国のモリアーティ 10
この巻を買う/読む

憂国のモリアーティ 10

通常価格:
456pt/501円(税込)
(4.8) 投稿数187件
憂国のモリアーティ(10巻配信中)

作品内容

白馬の騎士を待つ残酷な“選択”とは―― 命の危険を顧みず、人々の平等のために戦うホワイトリー議員。ウィリアムは同じ志を持つ者として、その覚悟を確かめるべく、貴族院を窮地に追い込む“証拠”をホワイトリーに託す。爆破殺人未遂事件以降、その身辺に危機が迫る中、“証拠”という力を得たホワイトリーが選ぶ行動とは…!? 清廉なる志の先に待つのは、天使か悪魔か――

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

レビュー

憂国のモリアーティのレビュー

平均評価:4.8 187件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ちょっとした休憩ページ
    Macoccinoさん 投稿日:2020/1/18
    話は重かったりするんだけど、途中挟まれる小話がほっこりするし癒される。元々の話もまとまってて面白い!

高評価レビュー

  • (5.0) ホームズ好きじゃなくても楽しめる
    かるがもさん 投稿日:2020/1/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 シャーロック・ホームズの敵役であるモリアーティ教授を主人公にした、ホームズパロ作品という感じです。 そこに切り裂きジャックや007など、誰もが知ってるスパイスいっぱい本家ホームズ小説を知らなくても楽しめると思います モラン大佐やアイリーン・アドラーなど、ホームズファンなら身悶えする登場人物も ストーリーもしっかりしていて、絵も綺麗。 各ストーリーはホームズファンならたまらない物語をなぞらえています。 ラインバッハの滝でモリアーティがどうなるのか‥だらだら長続きさせずに最終まで盛り上げてほしい。 次巻が楽しみで仕方ない作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 発想の逆転!
    もいさん 投稿日:2020/1/11
    シャーロック・ホームズの話は数多くあれど、そのライバル、ジェームズ・モリアーティが主人公のストーリーなんて誰が思いついたのでしょうか。 英国の未来のため、文字通り「すべて」を捧げる決意を固めたジェームズ・モリアーティたちが、その圧倒的な知 性や武力を以て階級社会を打ち砕こうとする様は読んでいてとても爽快です。 モリアーティたちが行う悪行は決して許されるものではありません。でもその中にある思いは、英国にいる誰よりも真っ直ぐで純粋なもので、モリアーティ自身も悪行に対する報いを受け入れている。そんなギャップや儚さに胸打たれる話じゃないかなと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) よい作品
    mi-miさん 投稿日:2020/1/4
    これは面白い。絵も綺麗だし、内容も良い。大筋の方向性を示しつつも個々の問題の展開にもストーリーがちゃんとある。主人公の頭の良さと、周りのキャラクター、物語の展開など色々と読み応えのある作品。早く続きが読みたい。
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ