マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

君は夏のなか 1巻

値下げ【期間限定】8/11まで
通常価格:
620pt/682円(税込)
価格:
434pt/477円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.7) 投稿数693件
君は夏のなか(6巻配信中)

作品内容

男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 君は夏のなか 1巻
    登録して購入
    値下げ【期間限定】8/11まで
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    価格:
    434pt/477円(税込)
    男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。
  • 君は夏のなか 番外編
    登録して購入
    値下げ【期間限定】8/11まで
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    価格:
    140pt/154円(税込)
    「君は夏のなか 初回限定版」の付録小冊子用に描き下ろされた番外2本を収録。
    本編のその後を描いた「君と夏のあと」
    年末に渉の実家に遊びに来た佐伯。明かされる二人の再会に隠された淡い秘密。

    渉との再会を佐伯目線で描いた「君と君」
    本編から遡り、高校入学当初まだ友達ではなかった二人。甘酸っぱく揺れる恋の予感。

    ※本電子書籍は2017年7月28日発売『君は夏のなか 初回限定版』の付録小冊子と同内容です。
  • 君と夏のなか【電子限定カラーイラスト付き】
    登録して購入
    値下げ【期間限定】8/11まで
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    価格:
    455pt/500円(税込)
    高校を卒業し、大学進学と同時に東京に戻ってきた佐伯千晴。再び渉と過ごす夏が始まる。別々の大学に通い、バイトと勉学に追われる多忙な中でも、すぐ会える距離でお互いを感じられることに沸き立つ気持ちがあった。週末に行く映画館、泊まりでの花火大会、そして聖地巡礼の続きを、2人で。人を愛することを知り始めた2人にとって、一度しかないこの夏は、あまりにも瑞々しい。
  • 君と夏のなか 番外編
    登録して購入
    値下げ【期間限定】8/11まで
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    価格:
    140pt/154円(税込)
    「君と夏のなか 限定版」の付録小冊子用に描き下ろされた「ある夏の日の夜と朝」。終電を逃し、急遽佐伯の家にお邪魔することになった渉は――。※本電子書籍は2019年7月30日発売『君と夏のなか 限定版』の付録小冊子と同内容です。
  • 君は夏のなか 茜の頃
    登録して購入
    値下げ【期間限定】8/11まで
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    価格:
    140pt/154円(税込)
    「君は夏のなか」の本編後を描いた番外。渉と佐伯は海辺に座り、日が暮れるまでお互いの話をする。それでも1ヶ月離れていた二人には物足りなく感じられ――。※本電子書籍は同人誌「茜の頃」と同内容です。
  • 君と夏のなか: 2【特典ペーパー付】
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。

レビュー

君は夏のなかのレビュー

平均評価:4.7 693件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) まとめ買いしました、よかった!
    らんさん 投稿日:2022/8/10
    すーっごくいいお話でした。今までけっこう激しいBLばかり読んでいた自分でもはまる内容でした。全く何もないのは物足りなくなっちゃいますが、ちゃんとありましたっ。あー、続きとか出ないかなぁ。

高評価レビュー

  • (5.0) 心が震える作品です
    vamさん 投稿日:2021/2/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 どうしてこんなに心が揺さぶられるんだろう。古矢先生の作品は、ゆっくりと少しずつ心に沁みわたるんですよね。じわじわっと心が掴まれて、ギュッと痛くなる。涙がぶわっと溢れだし、喉の奥が痛くなる。溢れる涙のせいで読めなくなって、大きく息を吸うんです。でも、また涙が止まらなくて… 隠した想いを覚悟して、重荷にならないように伝える。決して、何も望まない。ただ伝える事が出来たなら…どんな気持ちで告白したのだろう、と思うと切なくて胸が痛みます。何も望まないなんてウソ。二度と会わない覚悟の告白は、辛くて哀しかったです。二人で訪れる聖地巡礼は、哀しい思い出作りだなんて…最後の『ありがとう』がたまらなく切ないんです。どうしても伝えたかった気持ちを手紙に綴る千晴。もう涙で読めない私。ひしひしと伝わる心情が繊細に語られる手紙。あっ、また泣きそう。 黙って居なくなった千晴に対する複雑な感情もリアルです。怒りとショックな渉の動揺がよくわかります。う〜ん、やっぱり古矢先生凄いですねぇ。動き出した恋がたまりません。 続編では大学生の二人です。まだまだ初々しさの残る二人で、アツアツ、ラブラブまでにはまだ少し時間が掛かりそうです。千晴の慎重さと大事にしたい思いが伝わって来ます。きっと、ほんとはもっと前に進みたいと思うんですけど、時折感傷的な表情を見せるのは思い過ごしかな。渉に足並み揃えてるんでしょうねぇ。優しいなぁ。渉もゆっくりと向き合って、気持ちもだいぶ追いついて、ちょっとジェラシー感じて名前呼びするところはキュンとします。きゃ〜彼氏力ついてきたね〜 ほんとに素敵な作品をありがとうございます。番外編たちも素晴らしく萌え萌えです。まだまだこの二人の恋を見守りたいです! 表紙の鮮やかな空の色は、二人の晴れやかで清々しい恋のようです。 続きを読む▼
  • (5.0) この世の尊さをすべて集めたような
    meさん 投稿日:2020/5/20
    そんな作品です。 いままでBLの醍醐味はなんだかんだ最後のえっちだと思ってました…過程はもちろん大切だけどそれがないと満足感がないと思ってました…が、とんだ勘違いでした。 こんなに尊い漫画があるか?と頭を抱えてしまうほど尊さに尊さを掛け 合わせたような作品です( p_q) 渉は同級生の千晴(通称:イケメン佐伯)に突然声をかけられ、同じ趣味もあって徐々に親交を深める。ある日話の流れから告白されて…戸惑う渉に「何も望まない」その代わり、と交換条件をお願いしてきた千晴。それを受け入れ夏休みを楽しく過ごす2人だったが、夏が終わるころ衝撃的な出来事が。というお話です。 全てわかったうえで読み返すと千晴の表情や堪らなくなって体が動いてしまう姿など、あああ千晴…!( p_q)と身悶えてしまいます。だって渉は千晴にとって…( p_q) 古矢さんほどコマ割り?の効果を最大限有効活用している作者さまを見たことがありません。天才か??と声に出てしまうくらいの衝撃。 終盤で「君は夏のなか」のタイトルがわかったとき、込み上げるものがあると思います。番外編も購入をおすすめします。なんでこれ本編じゃないんだ!?と思うくらい最高なので。つづく「君と夏のなか」は千晴のスパダリが爆走してて心臓が持ちません。渉くんもたじたじ。少女漫画を通ってきた人間には100響くと思います。満たされた、と感じるこんな素敵な作品に出会えてよかった……千晴×渉…尊〜〜〜〜〜!!!!!! もっとみる▼
  • (5.0) 1巻→茜の頃の順で全巻読もう
    るんさん 投稿日:2022/5/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 「ふたりのライオン」良かったので本作1巻目読んだ。ら、読後感もやもやして爽やかになれなかったwでもシリーズ全部読んだら溜飲下がったwなので、読むなら全巻読んだほうが良い。1巻の次に番外編「…茜の頃」を読むとわかりやすいかも。「君と夏のなか」は二人が大学生になってからのもだもだ。(以下超ネタバレ)かつて自分に勇気をくれた渉を忘れられず想い続けて告白した千晴。その想いに真摯に向き合い、共通の趣味である映画の聖地巡礼をしながら、渉は徐々に絆されていく。DK達のロードムービーを観ているような気分になる物語…だが、千晴よ…自ら近づいて渉の心を引っ掻き回して、自分の中で決着付けて突然消えるってどんだけ自分勝手なんだ。殴られても仕方ないし小一時間説教したいわw渉が動かなかったら、スッキリ吹っ切って心機一転リスタートするつもりだったのか。残された側はたまらんわw自身を印象付けて忘れさせないあざとい手法が卑怯だし、顔が良くなければただの辛気臭〜い面倒臭〜い陰キャだwでも渉への一途な想いに戸惑いながらも一生懸命で未熟なDKだから仕方ないか。素直で誠実で、夏の青空のように真っ直ぐな渉を大事にしてねw渉の親友も良いヤツで感動した。それにしても男児に持続的に女装させる母親とか姉とか漫画でよくあるけど何かのビョーキかw 続きを読む▼
  • (5.0) 爽やか緩やかな夏映画
    みぴさん 投稿日:2019/8/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 そもそもの既刊を昨年ポチり。それはSNSで偶然見たイラストで「あ。絶対買お。絶対好き。」となり。実際読んだお話は、まるで彼らが好きな映画のようで、とても丁寧に紡がれるそれに心を持っていかれました。所謂攻め受けの概念もなく、ただ、好きな人。(とは言え攻め受けわかるんすけど)どなたかのレビューでも見たのですが、微炭酸って感じでした。スッキリとした読後感。 そして今回の番外編と続編新刊。最高でした…!爽やかさはそのままに、2人のさほど変わっていない仲と、でもやっぱりこそばゆい関係性。性急過ぎないのがとてもいいです。渉くんが男前のまま、裏表のない太陽のような素直さで、佐伯くんがどこまでも渉くん愛しくて堪らないってだだ漏れで、ほんとに幸せ。BLにある程度エロを求めてやまない自分ですが、この作品に関しては微エロですが満足しています!花火大会のあのくだり、ほんと良かったな〜。秋吉くん、ほんっっとうにありがとう。私も嫉妬したけど何故か。 秋吉くんもですが、ぐっち!関口くん!きっとみんな大好きぐっち!ベスト脇キャラです!名誉眼鏡! まわりの子たちもみんな良いキャラで、ほっこりします。 今回の新刊で、既刊ももっと好きになりました!また読み返したいなと思います! 続きを読む▼
  • (5.0) ゆっくり近付く2人の距離/6巻追記しました
    匿名希望さんさん 投稿日:2022/5/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 “映画好き”という共通項を通じて、ゆっくり、でも着実に近付いていく2人が、丁寧に、巧みに描かれていて、萌えます、悶えます!ほぼキスのみなのに、こんなに悶える作品を描かれる、作者様の力量よ。千晴が一途な所、渉もおっとりしているようで男気ある所が、また良い。高校生編→大学生編ときたので、(番外編ありがとうございます!)次は社会人編と続いて欲しいです!→君と夏のなか2(シーモアさん6巻て表記でした)読んで追記です。大学生編の続きが読めるなんて!!んも〜スッゴク良かったです。ページ数を確認しながら、後○ページと惜しみながら読みました。今回は1巻から気になっていた千晴ママも登場、天然な可愛いママで安心しました。他にも誕生日イベントや、二十歳になりお酒解禁になったり、2人にも色々な変化が…。どこを読んでも、お互いに本当に大切な存在なのが伝わってきて、何度悶えたことか。そしてそして、遂に‥。そこに至るまでの2人のやり取りが可愛い過ぎたのと、雄味をだした千晴が俄然格好良くて、キュン必至です。描写はあっさりですが、この2人にはそれが合っているし、満足感が半端ないです。素敵な続編ありがとうございます!!ここまで来たら、2人の老後まで見届けたい気持ちで一杯です。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 一夏のほろ苦青春旅行
    古矢渚先生の爽やかな筆致で描かれる、男子高校生2人のキラキラしたほろ苦青春ストーリー。千晴と映画を通じて親しくなった渉ですが、ある日千晴に突然の告白の受け戸惑うことに……。実は転校前に渉への想いを断ち切るために千晴は告白したのでした……切ない!すれ違う10代の想いがもどかしい1冊。
    制作:きりぽよ

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ