マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックコアマガジンdrapいつかの恋と夏の果ていつかの恋と夏の果て
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
いつかの恋と夏の果て
1巻完結

いつかの恋と夏の果て

639pt/702円(税込)

447pt/491円(税込)
7/10まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

学生の頃から気の置けない友人として付き合ってきた2人。だが、一夏は修に対し“友情”では片付けられない感情を抱いていた。そんなある日、一夏に男のセフレがいると知った修は、無神経な言葉で追い詰めてしまい…?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

  • いつかの恋と夏の果て

    639pt/702円(税込)

    447pt/491円(税込)
    7/10まで

    学生の頃から気の置けない友人として付き合ってきた2人。だが、一夏は修に対し“友情”では片付けられない感情を抱いていた。そんなある日、一夏に男のセフレがいると知った修は、無神経な言葉で追い詰めてしまい…?

レビュー

いつかの恋と夏の果てのレビュー

平均評価:4.2 224件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 修が鈍感ですね
    しぃさん 投稿日:2021/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 高校からの親友の一夏と修。 修は普通に女の子と付き合うノンケ、一夏は誰にも言えないけどゲイという・・・。 修は一夏に隠し事せず、彼女と付き合う別れるとか何でも話せると思いながら接していたけど、一夏は親友としてではない好きを抱えていた。 修が一夏が一度だけ気持ちを言葉にしていたのに冗談として捉えていたのが、一夏にとってはつらくてどんどん追い込まれていたし、親友としてそばにいたい反面どう思っても叶えられない気持ちに限界がきていた。 修が鈍感で恋愛面では無神経な部分があることで、一夏は余計追い詰められていたんですね。 確かに普通は女の子と付き合うことが自分にとっては当たり前なのかもしれないけど、ゲイの一夏にとっては、当たり前じゃなくて異端なんですよね。 でも、修が一夏に隠し事されていたことが同性との付き合いがあることで、自分が告白されていたことを冗談としてすり替えて無意識に逃げていたのに気がついて情けなくなってしまったと・・・。 それに気がつけたことによって、修が一夏を好きなんだと改めて感じた上で、ちゃんと一夏に告白して向き合ったのでよかったと思いました。 人によっては偏見があるので、そこは本当に偏見なくなったことでよかったと思います。 最後ラブラブになっていたので、購入してよかったと改めて感じました。 続きを読む▼
  • (5.0) 作者らしい作風
    あいかさん 投稿日:2021/9/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 値引きされていたのでこれはチャンスと思い購入。篠崎マイ先生の、日常生活の中で想いを紡いでいく作風が好きですね。あと片想いの描き方がステキ!今回は自覚ありと自覚なしの両片想いでした。めっちゃ好きなやーつ。一夏はずっと高校の同級生修に片想いをしていて、一度は告白したものの本気に捉えてもらえず、想いを秘めながら親友としてずっと傍にいました。土俵にも立たせてもらえなかったことが切なかったです。だからこそ想いが爆発したところは迫力がありました。10年の想いは強い!一方、彼女と長続きしないタイプの修は、一夏の想いを知り、自分の本当の気持ちに気づきます。理想を求める彼が、一夏のことでダメダメになったり、すがったり、人間臭くなっていったのでより魅力を感じました。好きと言われてもなかなか信じられない一夏に対して、何も恐れずに自分の気持ちを真っ直ぐ伝える修がかっこよかったです。そしてまさか一夏の◯◯が守られていたなんて…。修と一緒に喜びました。一見ツンツンして見える一夏がとてもかわいく、だんだんと修に甘える感じも好きすぎました。修にはどんどん甘やかしてもらって、10年分もラブラブしてほしいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 夏の制服DKのポイントは高いのです
    ピカニキさん 投稿日:2022/1/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 修と一夏は高校時代からの親友で、修は女の子にフラれる度に一夏に慰めてもらっています。自分の恋バナは一切しない一夏の背中に、ある日キスマークを見つけた修は一夏に彼女がいると思い込むのですが、残業で遅くなった夜に、男性とホテルに入って行く一夏を見かけます。翌日、修は一夏を問い質すのですが、一夏は相手がセ◯レであること、自分はもう修の理想の友人ではいられない、高校生の時に好きだと言ったのは冗談では無く本気だったのだと告げ、去ってゆきます。いつも聞いてもらうばかりで、修は一夏のことを何も知らなかった事に改めて気付かされるのでした。親友をキープしつつ、ゲイからノンケへの10年越しの片想い、いなくなって初めて誰よりも側にいて欲しい相手に気が付くヘタレなノンケと、かなり既視感アリの設定ですが、随所に高校時代の思い出が差し挟まれているのが個人的にポイント高かったです。さらに番外編の冬のモコモコ一夏の愛くるしさで加点。暑く切ない10年前の夏の片想いが、恋人同士となった今と重なって眩しい空に溶けてゆきます。 続きを読む▼
  • (5.0) 10年の純愛
    さがるさん 投稿日:2021/9/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 恋はいつだって一方通行。同性同士、親友ならなおさら。 私は修が鈍感で酷いとは思わない。 漫画に対してここまで思うのももしかしたら変かもしれないけど、自分が同性の友人や親友にもし好きだったと言われた時に戸惑ったりすると思う。友人とキスする仲と全員に思うか?と問われればしない。 学生の頃に好きと言われても、本気で受け取る?同性の告白を本気と。それができる人は少数ではないかと思う。 だから修は修で親友として一緒にいた気持ちを鈍感や酷いとは思わない。 そして、それが辛いから離れようとする一夏だって切なくて苦しくておかしいことではない。 10年親友と思ってた友人から親友ではないと思われていて、好きだったと言われて。関係が終わる修側の気持ちも分からなくない。 それくらい同性の壁は高くて、どちらの切ない気持ちが苦しい。 これはハッピーエンドだけど、このまま関係が終わるルートの方が多い。そこを考えさせられた作品です。 1巻のみなので、葛藤とか短かったくらいかな。 続きを読む▼
  • (5.0) 一途な恋
    ぺんねさん 投稿日:2021/12/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 高校からの友人同士である一夏(受)と修(攻)の、10年に渡る両片思い(修の方はほぼ無自覚というか見ないふりをしていたようですが)がようやく実るお話。思った以上に好みでした!親友として仲のよかったはずの二人がとあるきっかけですれ違うものの、ようやく自分の想いに気づいた修がなんやかんやと行動を起こしてハッピーエンドにたどり着く様子が、高校時代の回想と共にきれいな絵で描かれています。一夏に対して無神経なことをよく口にしてしまう修ですが、誰よりも周りに気を遣い周囲の目を気にする性格ゆえ、他人にどう見られるかという観点から自分の気持ちに蓋をしてしまっていたからでしょう。本当に大切なものは失ってから気づく、とはまさにこのこと。それでも気づいて認めてしまった以上はすっかり一途で、これまでの分を取り返すようにたっぷり一夏へ愛情を注いでいます。受→攻の気持ちの矢印が、受→←←攻になるお話が大好物なのでとてもよかったです。あと裸体がすごくきれいでえっちぃ!ぜひ続編を読みたいです。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

恋と友情と喪失感
編集:クリアブラック(シーモアスタッフ)
友情と恋の狭間に揺れ動く切なさがめちゃくちゃイイッ!ノンケの修は無自覚で無神経なところがあって、ゲイの一夏は何度も傷つきながら片想いを止められない展開がシンドくて切なキュンなのです。全てが明らかになり一夏に拒絶された修の喪失感も萌える…!篠崎マイ先生の繊細なストーリーを是非堪能して下さい♪

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ