We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ハコヅメ~交番女子の逆襲~(21)
この巻を買う/読む

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(21) NEW

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.7) 投稿数585件
ハコヅメ~交番女子の逆襲~(21巻配信中)

作品内容

「出会って4秒で即うぜぇ」
振り込め詐欺グループを仕切っていた塩谷を逮捕したものの、その後の事件対応に追われ、忙しさが尋常ではない町山署。
特捜中で山田に久々に会った源は出会って4秒でうざがられ、こちらも特捜中の藤になかなか会えない川合は、
聖子ロスを募らせる…。中富課長の粋な計らいで、ペアっ子同士の温泉会、川合と如月の恋模様などなど、
気になるペアに進展ありです!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  21巻まで配信中!

  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~(21)
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    「出会って4秒で即うぜぇ」
    振り込め詐欺グループを仕切っていた塩谷を逮捕したものの、その後の事件対応に追われ、忙しさが尋常ではない町山署。
    特捜中で山田に久々に会った源は出会って4秒でうざがられ、こちらも特捜中の藤になかなか会えない川合は、
    聖子ロスを募らせる…。中富課長の粋な計らいで、ペアっ子同士の温泉会、川合と如月の恋模様などなど、
    気になるペアに進展ありです!

レビュー

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のレビュー

平均評価:4.7 585件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 私の知らない警察の世界
    maさん 投稿日:2022/6/24
    自分の知らない世界の漫画であり、あっという間に全巻読破してしまった。警察学校の同期の友情や厳しい学校生活もわかりやすく描かれていた。明るいノリとは対照的に警察の闇の部分もミステリータッチで描かれていて面白く先が早く読みたい。登場人物の背景も しっかりしており皆んな魅力的。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 警察の方へ、敬礼!
    ローズ・レッドさん 投稿日:2021/3/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 警察と聞くと怖いイメージがあったり、いろいろな不祥事が浮かんで「おいおい…」と思ったりしてしまいますが、この漫画を読んで警察の方の苦労がしのばれるようになりました。 恐らく作者さんは「警察も普通の人間」と言いたいのかな、と思うぐらいにボケとツッコミの応酬が小気味良い会話やお仕事の大変さが毎回どのエピソードにも描かれていて、本当にテンポ良く読めてしまいます。 ギャグが冴え渡る一方、シリアスな話はとことん考えさせられ、警察というお仕事がいかに人間の生死と隣り合わせか、人生を大きく変えざるを得ないものか、思い知らされました。 でも、やっぱり登場人物みんなスペックが高い! 「パーフェクトゴリラ」の異名を持つ藤部長、事情聴取のプロ源部長をはじめ様々な人達が登場しますが、自分なら何度転生してもこの人達のような働きが出来ないだろうな、と平伏するばかりです。 そんな彼らに育成された主人公・川合やモジャツンペアの片割れ・山田も、最初は普通と思いきや才能をぐんぐん伸ばしていき、成長ぶりにホロリとさせられます。普段は漫才コンビのようなやりとりでも、言うべきところはビシッと言えるバディ関係も、見ていて胸が熱くなります。 でも一番スペックが高いのは作者さんかも? この作品がデビュー作で、物語の構成の完成度の高さとか、それぞれの登場人物のキャラ付けとか、ぐんぐん上達している絵とか、作品が完結する頃にはどこまで到達するのかと考えると今から末恐ろしいです。 (私は初期の絵の方が、藤部長のクールビューティーぶりが際立って好きでしたが) また、エピソードの合間に挟まれる1コマ漫画の手書き文字の美麗さといったら!この方のペン習字本があれば、本気で書いたいです。もしくはフォントが欲しい。 物語の深部までオススメポイントを挙げてしまうとどうしても初見の面白さが減りそうなので、とにかく読んでみて!と声を出して言いたい作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) もし未読のかたがいらっしゃったら是非!
    さちさん 投稿日:2022/6/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 初期の頃の絵が、うーん…と思う方もいらっしゃるかなと思いますが、どんどん絵が巧くなります。途中からちゃんと、美形がちゃんと美形です(無礼者) 週間連載は単行本の発行ペースが早くて、購入を中断してしまっていたのですが、いよいよ第一部完結とのことで、(14巻から最新刊+カナさん巻)一気に購入しました。 三歩先の回で、腹よじれるほど笑った! ギャグのセンスが抜群すぎて、ツッコミが的確すぎて、ギャグメイン回のみならず、合間合間のやり取りが最高です!めちゃくちゃ笑えます! ロングシリーズのシリアス回が続くときは、単話で読むと鬱々してしまうので、正直、単行本一気読みがメンタルに優しいかもです。 伊賀崎所長のシリーズ一冊丸々も、読み応えがありました。 源部長推しの自分ですが、河合ちゃんを人質に差し出したときはさすがに怒り心頭でしたね… 泰三子先生は、恋愛ルートに進むとみせかけて、行かない〜行くとみせかけて行かない〜の繰り返しなので焦らされまくってしんどい笑 あと、いろんなところに張り巡らされた伏線回収にびびります。 先生は後付けもある。と以前インタビューで答えていらしたと思うのですが、無理矢理つじつま合わせた感じにならないのがすごい(゚д゚)! 今連載中のロングシリーズもめちゃくちゃ重いようなので、最終巻まで出たらまた、購入再開しようと思います。 河合ちゃんのお相手、河合ちゃんが校長にまで成り上がる?過程もまだまだ見届けたいので、第一部完結まだしていないのに、第二部スタートが今から待ち遠しいです 続きを読む▼
  • (5.0) 元警察官ならではの
    パンサークローさん 投稿日:2020/6/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さんは、女性警察官であったそうで、これだけの画力があるならば、きっと「似顔絵捜査官」として、引っ張りだこだったのでは? 青年誌でなく、女性雑誌に載せても問題の無い「かわいい絵柄」で、犯人をのぞけば、基本的に「悪役」のいない組織と環境にて、ほのぼのと読むことができます。 たまに、男女どちらの警官も、部屋飲みや、合コンをするシーンがあり、警察官でも、若い世代はどこも同じなのだあと、ここでも、ほのぼの。(女性は、職業を隠したがるようですが。) あえて?「より楽しく読み進めるための秘訣」としては、登場人物の、おもしろい「独特の会話のキャッチボールのパターン」が、毎回、同じであるため、イッキ読みするよりは、1日1話くらいのペースで読んでいったほうがいいと思います。 たいへん、ふるいたとえになりますが、あの「寅さん」も、特に初期から中盤、数作を残しての終盤までも「王道ワンパターン」であるため、2作以上を続けて鑑賞するのは、よほどのファンでもないと、けっこうきついらしいのと、同じというか。 最近、かなりシリアスな展開がありましたが、基本的には、「岡島県」という架空の県(どこらへんかをうかがわせる方言は、いっさいでてないようです)での、いち所轄にて、市民の安全を守る、ほのぼのおまわりさんマンガです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ