電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

デッドマウント・デスプレイ 10巻

664pt/730円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【さあ「新宿」へ、雪崩れ込め。】
「新宿大戦」、最高潮。ポルカとシヴィルの戦いは、文字通りこの街を穿つ。まさに一撃、これぞ決着。だが全てを繋いだ決戦は、新たな物語を招き入れる。成田良悟と藤本新太の「転生」群像劇――、怒涛の新展開紡ぐ第10巻!!
(C)2022 Ryohgo Narita (C)2022 Shinta Fujimoto

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

  • デッドマウント・デスプレイ 1巻

    682pt/750円(税込)

    【『成田良悟』×『異世界転生』!?】
    刮目せよ。[デュラララ!!]の成田良悟が紡ぐ、新たな「異世界転生」を――。それは「衝撃の第1話」から始まる物語。幾多の死地を踏み越えた最強の聖職者と、希代の死霊術師の戦いは、新たな舞台『新宿』へと誘う。[レッドレイヴン][マンガ版バッカーノ!]の藤本新太と贈る、衝撃の「転生」ノワール・ファンタジー、堂々開幕!
    (C)2018 Ryohgo Narita (C)2018 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 2巻

    682pt/750円(税込)

    【新宿、転生。】
    「新宿」――それは希代の「死霊術士」が、平穏を求め「異界」より辿り着きし場所。ただ、そこに待っていたのは、「厄ネタ」と呼ばれし者達だった。それは想像を絶した力を持つ「ただの人間の」犯罪者達で……。怒涛の新展開――次なる舞台は、「実家」!?  [デュラララ!!]の成田良悟が、[レッドレイヴン][マンガ版バッカーノ!]の藤本新太と紡ぐ、新たな「異世界転生」。暴力、狂乱、雨あられ――、本当のDEATH PLAYはここからだ。
    (C)2018 Ryohgo Narita (C)2018 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 3巻

    682pt/750円(税込)

    【この「転生」は、真っ当にあらず。】
    異界の「死霊術士」は、魔法などない現代世界に平穏を望んで「転生」した――ハズだった。だが出会ったのは、「厄ネタ」と呼ばれる人智を超えた「徒人」。まずは『怪人ソリティア』が、種も仕掛けも「ある」幻想で、街を極彩色に染め上げる。動き出す、官憲・警察組織。蠢く、四乃山家。それは成田良悟と藤本新太が紡ぐ、極上の「群像劇」。待ち受ける、衝撃の展開。「全てが繋がる」快感を、此処「新宿」に――。
    (C)2019 Ryohgo Narita (C)2019 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 4巻

    682pt/750円(税込)

    【そして、箍≪たが≫は外された。】
    突如空を埋めた「紋章」は、何故かポルカが過去に仕えた「帝国」の紋章に酷似していた。突きつけられるは、乱雑すぎる必然。そして平穏を望み転生した「死霊術士」は、断ち切れぬ前世への想いを「新宿」に吐き出す。それは藤本新太が艶やかに彩る、成田良悟の極彩色の「群像劇」――。全ては繋がり、語られるは「その先」。「転生」ノワールファンタジー第4巻!!
    (C)2019 Ryohgo Narita (C)2019 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 5巻

    682pt/750円(税込)

    【「転生」は、「新宿」を嗤う。】
    ポルカが解き放った遥か異世界の術式は、少なからざる衆目に爪痕を刻む。それは現世で異世界の住人の名を冠する、「サバラモンドの落とし子達」にも例外なく。交錯する二つの世界。仕組まれる一つの事件。奇妙な「符合」は、過去を絡め取りながら全てを繋ぐ。そして招かれざる来訪者達は、容赦なく新宿に命を焼べていく――。怒涛の「転生群像劇」第5巻!!
    (C)2020 Ryohgo Narita (C)2020 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 6巻

    682pt/750円(税込)

    【これが、「転生」群像劇の真骨頂。】
    新宿の片隅で繰り広げられる箍の外れた戦いは、世界を緩やかに歪ませていく。囚われの匠を救うべくミサキが異形の力を滾らせた時、更なる厄札が引き寄せられるとも知らず。そして警視庁では、岩野目に着信が。それは「聞き覚えのない忘れられぬ声」――。過去の事件も感情も、全てを呑み込まれ繋がれていく。「転生」群像劇、その神髄魅せる第6巻!!
    (C)2020 Ryohgo Narita (C)2020 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 7巻

    682pt/750円(税込)

    【「世界」は繋がり、「転生」は艶やかに歪む。】
    岩野目の変わり果てた上司・幅木に襲い掛かる『火吹き蟲』の群れ。警視庁での激闘は、ポルカが過ごした異世界の断片を、色濃く匂わせる。そして遁走せし幅木を待つ、紋章を纏いし謎の少年。「サバラモンドの落とし子」――徐々に明らかになるその組織の輪郭。それは「帝国」とこの世界を繋げ、確実に「新宿」を歪めていく。全てを絡み取る「転生」群像劇、第7巻。
    (C)2021 Ryohgo Narita (C)2021 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 8巻

    682pt/750円(税込)

    【その悪意は、穢れを知らない。】
    「サバラモンドの落とし子」が色濃く落とす「異世界」の面影の中で、ポルカが迎えし「来客」。その名は「シヴィル」。濃厚過ぎる死を携え、純粋過ぎる狂気を抱え、重なるハズのない「異世界」の面影を纏う者――。そして道化(ソリティア)は踊り狂う。隠された「蟲」の素性すら舞台にさらけ出しながら。またも「新宿」が全てを繋ぐ「転生」群像劇、第8巻。
    (C)2021 Ryohgo Narita (C)2021 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 9巻

    682pt/750円(税込)

    【開幕、「新宿決戦」。】
    ポルカVSシヴィル、その激突に外縁などない。「火吹き蟲」、「サバラモンドの落とし子」、「屍神殿の過去」……、語られぬハズの真実すら渦中へ引き摺り出されていく。そして執着も、憧憬も、怨嗟も、復讐も、友情も――全てが「新宿」に雪崩れ込む。まさに決戦、これぞ大戦。繋がらぬものをも繋ぐ「異世界逆転生」群像劇、第9巻。今一度、刮目せよ。
    (C)2022 Ryohgo Narita (C)2022 Shinta Fujimoto
  • デッドマウント・デスプレイ 10巻

    664pt/730円(税込)

    【さあ「新宿」へ、雪崩れ込め。】
    「新宿大戦」、最高潮。ポルカとシヴィルの戦いは、文字通りこの街を穿つ。まさに一撃、これぞ決着。だが全てを繋いだ決戦は、新たな物語を招き入れる。成田良悟と藤本新太の「転生」群像劇――、怒涛の新展開紡ぐ第10巻!!
    (C)2022 Ryohgo Narita (C)2022 Shinta Fujimoto

レビュー

デッドマウント・デスプレイのレビュー

平均評価:4.7 67件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大好き
    山萩さん 投稿日:2022/12/29
    漫画アプリで見てこの作品にハマりました。世界観が自分好みで大好きです絵柄もかっこよく話の展開も良いです。

高評価レビュー

  • (5.0) 派手
    anさん 投稿日:2020/3/11
    試し読みで そっち?!なった。上手いこと騙されるの快感でした。他にも設定目新しい上に盛り盛りだし、悪そうな人の悪そうな表情が好きです。 異世界だけじゃ無く現代までかなりのファンタジーだったのは予想外でしたが、それ以上に逆さまに吊っても絶対 にパンツの見えないJKに驚きを隠せません。 ワチャっとしたやり取りに笑い所があって、謎がいっぱい散りばめられてて、派手な厨二感が私的に偏差値お高め。好きなキャラは細呂木(シャーペン)さんです。好きじゃ無い点は頑張って飲み込んでます。 でもこのお話、この方の作画だからチープにならず面白い気がする。出てる分4巻まで読みました。主人公は永遠に平穏に暮らせないと思う。 もっとみる▼
  • (5.0) なるほど!
    れんさん 投稿日:2020/7/19
    あ〜、そっちね! 確かに第一話で、なるほどそっちか!ってなりました(笑) もーね、この設定を現代日本に持ち込んで話が破綻していないとこからもう、凄いです。 実力派の原作者さんとマンガ家さんが組むと、世にあふれてる異世界物も、こんなに面白 くなるんですねぇ。 5巻現在話の着地点が全然予想できないので、わくわくしながらストーリーを追ってます。 ちょっと血なまぐさいけど、主人公が基本いい奴だしフっと笑えるギャグも随所に入るので、暴力全般ダメって方じゃなければ、読みやすいと思います。 巻末に原作者さんの小説があるのも、お得感アリ。 5巻がいいとこで終わってるので、6巻早く出ないかな〜 もっとみる▼
  • (5.0) これは面白い
    ゲス野さん 投稿日:2020/9/26
    面白すぎました。王道の転生モノか〜と思っていたら主人公そっちかい!ってなったし、主人公に力があり過ぎずチート感がそこまで無いので、今まで見てきた俺最強話より全然面白いです。あと単純に絵が好き…………。 色々腕取れたり捻れたりしてるのでシリ アス系統かと思いきやギャグもあり。お色気もあり。それぞれの思想が絡まりつつ勘違いが加速していくシーンなどでめちゃくちゃ好きになりました。 現在5巻まで一気に読みましたが、続きがまだ見られないことに打ちひしがれています。 実力派とはこの方たちを言うんでしょうね。これからも楽しみです。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

舞台は東京・新宿だ!
制作:きりぽよ (シーモアスタッフ)
「ここから先は君と僕で死神ごっこだ」表紙のイラストが素敵で思わずジャケ買い!原作は成田良悟先生、漫画は藤本新太先生です。異世界で活躍する主人公、彼が目覚めた場所は日本…そして四乃山ポルカという小柄な少年になっていて…?異世界にいくのではなく、異世界の人がこっちに来るパターンが新鮮です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ