電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

黒の召喚士 10

通常価格:
620pt/682円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数38件
黒の召喚士(10巻配信中)

作品内容

「俺たちが探知できない場所…そこがおそらく、魔王の居場所だ」

ケルヴィンは捕虜となったアズグラッドを尋問する中で戦争の黒幕――〝魔王〟の存在を感じ取る。
魔王との戦闘を望む彼は「魔王討伐」を目的とした共闘関係を築きトライセンへの潜入作戦を開始。そして――

東大陸最強の将軍ダン・ダルバと邂逅を果たす。

彼もまた〝魔王〟の洗脳を受けていた一人であったが、協力を取り付け、城を守る結界を破り強襲を掛ける!
一方、城内はかつて戦闘狂を苦しめた男クライヴが貴族の〝大虐殺〟を開始。鮮血に染まりつつあった……。
戦闘狂が軍国相手に逆襲を仕掛ける、第十幕!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

  • 黒の召喚士 1
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    「自分より強いやつに勝て――それができなきゃ、弱者だぜ」
    ケルヴィン――異世界転移してこの世界にやってきた彼は転移時に、自分の記憶を代償にしてまで理想のスキル構成を実現させた。そして――最強の“召喚士”として冒険を開始させる。挑みかかる相手は、異世界の強者ばかり。黒衣を纏う戦闘狂と、彼の召喚により集いし配下たちが紡ぐ爽快バトルファンタジー、第一幕。原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 2
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「俺たちにはあるからな――“S級”のお前に勝つ、自信が」
    記憶を代償に異世界で理想のスキルを得たケルヴィン。
    彼は異世界の強者たちを次々と配下に加え、
    自身のパーティを充実させていった。そして――

    “S級”モンスターとの死闘が始まる。

    かつてない強敵に、“戦闘狂”率いる最強の布陣で挑む!!
    黒衣の召喚士が配下たちと紡ぐ爽快バトルファンタジー、怒濤の第二幕。

    原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 3
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「寝言は寝て言え――世界を変えたきゃ、力をつけろ」

    魔王令嬢“セラ”を配下に加え戦力増強を果たしたしたケルヴィンたちは
    “水国トラージ”へと赴く。そして――

    光の勇者、神埼刀哉と邂逅する。

    更なる闘争の匂いに“戦闘狂”が動かぬはずが無い!!
    黒の召喚士と光の勇者が繰り広げる爽快バトルファンタジー、衝撃の第三幕。

    原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 4
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「強い相手との闘いだ――楽しくなるのはこれからさ」

    ケルヴィンは水国トラージで盗賊団“黒風”を壊滅させ、さらに“勇者”と戦うという野望をも成し遂げた。
    異世界で着実に力を付ける彼が次に挑むは――
    冒険者としての最高到達点、“S級”への昇格試験。
    女神メルフィーナ、そして彼自身が召喚した別世界の勇者らを仲間に加え、
    ますます戦闘がヒートアップする爽快バトルファンタジー、激動の第四幕。

    原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 5
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「強いな――今までの誰より、遥かに!!」

    ケルヴィンが自ら召喚した勇者リオンを仲間に加えた一行は、
    エルフの里を救うため“紋章の森”を訪れた。そこで遂に出逢う――

    戦闘狂と対等の力を持つ最凶最悪の男“クライヴ”と。

    かつてない強敵を前に死力を尽くすケルヴィンだったが
    クライヴの能力は、想像を遥かに超えるもので…!?
    二人の強大な魔法が激突し、しのぎを削る爽快バトルファンタジー、波瀾の第五幕。
    原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 6
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「俺は強い奴らと戦って、遂にS級まで来た」
    トライセンからエルフの里を救ったケルヴィンの前に
    獣国ガウンの国王レオンハルトが姿を現す。そして告げた…
    その手腕、ケルヴィンをS級冒険者として認めよう。
    その後、昇格を記念して現役S級冒険者である
    『氷姫』シルヴィアとの模擬戦の開催が決定する。
    戦闘狂は強者との戦いに向け、己の爪を研ぐ――
    冒険者としての高みに至った戦闘狂が
    さらなる力を求めて動き出す、激震の第六幕。
    原作・迷井豆腐による書き下ろし小説収録。
  • 黒の召喚士 7
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    「ピンチだよ…だからッ!! 最高に楽しいッ!!」

    『氷姫』シルヴィアとの模擬戦が開幕し、S級同士の大魔法バトルは更なる加速を見せる――

    「甘いよケルヴィン、これで終わり」

    豊富な戦闘経験と魔法無効化スキルを持つシルヴィアになんとか食い下がるケルヴィン。
    一進一退の攻防の中、シルヴィアがS級魔法『墜ちる氷星』を放ち……
    冒険者の頂点に立つ二人が雌雄を決する第七幕。
  • 黒の召喚士 8
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「俺を楽しませてくれよ・・・アズグラッド・トライセン!!」

    ついに開戦した軍国トライセンとの全面戦争。パーズに奇襲を仕掛ける“竜騎兵団”の軍勢に対し、ケルヴィンは少数の仲間と共に相対することに。“朱の大峡谷”に砦を構え迎撃を開始したエフィル達は、強者が揃う竜騎兵団との死闘を繰り広げる。そして――ケルヴィンと将軍アズグラッドの頂上決戦も幕が切って落とされた!

    最強の竜騎軍に総力戦で挑む、激闘の第八幕。
  • 黒の召喚士 9
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「見せてみろ、お前たちの本気を! どっちがつえーか、決めんだろ?」

    熾烈を極めるアズグラッドとの頂上決戦。ケルヴィンはスライムの相棒クロトに騎乗し、アズグラッドと彼が操る古竜ダハクを上回る強さで空中戦を支配していく――。一方、戦争を仕掛けてきたトライセンの本国では将軍トリスタンが陰謀を巡らしていた。その傍には“謎の武器商人”の姿、そして――かつて激闘の末に散った“あの男”の姿もあった…。

    世界を揺るがす“巨悪”が遂に動く、第九幕!
  • 黒の召喚士 10
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「俺たちが探知できない場所…そこがおそらく、魔王の居場所だ」

    ケルヴィンは捕虜となったアズグラッドを尋問する中で戦争の黒幕――〝魔王〟の存在を感じ取る。
    魔王との戦闘を望む彼は「魔王討伐」を目的とした共闘関係を築きトライセンへの潜入作戦を開始。そして――

    東大陸最強の将軍ダン・ダルバと邂逅を果たす。

    彼もまた〝魔王〟の洗脳を受けていた一人であったが、協力を取り付け、城を守る結界を破り強襲を掛ける!
    一方、城内はかつて戦闘狂を苦しめた男クライヴが貴族の〝大虐殺〟を開始。鮮血に染まりつつあった……。
    戦闘狂が軍国相手に逆襲を仕掛ける、第十幕!

レビュー

黒の召喚士のレビュー

平均評価:3.6 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) イイネ
    GSさん 投稿日:2021/8/1
    異世界で俺ツエーはまぁ仕方ないとして、そこを主人公も理解してるので嫌みは少なく読めた。展開が膨らんで面白いと思う。

高評価レビュー

  • (5.0) めっちゃ好き
    dadaさん 投稿日:2019/12/18
    めっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好き めっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好きめっちゃ好き もっとみる▼
  • (5.0) 異世界ファンタジーがお好きなら是非
    まふまふさん 投稿日:2021/5/4
    異世界ファンタジー作品ではダントツに好きです。主人公の時折見せる凶悪な顔やド派手でアツいバトルシーンは作画者さんの才能の凄さを感じます。戦闘狂たるゆえに起こす主人公の行動やシナリオも面白い! 作画と原作者の相性が最高に合った作品だと思います もっとみる▼
  • (5.0) 絵柄は好みが別れそうですが、、、、
    ミノルンさん 投稿日:2021/2/11
    絵柄は好みが別れそうですが、話の内容は楽しいですし、十分に期待にも答えてくれるコミックになっていると思います。 今は8巻まで来ましたが、まだこの先の展開は未だ未知数ですが(原作未読)、続けて読ませてもらいます。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ