電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

理想のオトコ(7)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.1) 投稿数371件
理想のオトコ(7巻完結)

作品内容

ミツヤスからの突然のプロポーズに喜びと同時に親友、茉莉沙のことを思うとどうしたらいいかわからず、涙してしまう燈子。未熟な自分を恥じる彼女にそれは未熟なのではなく「優しさ」だと伝えるミツヤス。想いは通じ合い、理想の恋愛は最高のフィナーレを迎える。叶わぬ恋をしていた圭吾、アシスタントの最賀のスピンオフ豪華2本収録!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全7巻完結

  • 理想のオトコ(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    何年も恋愛を休んでいるヒロインたちの前に現われた10歳年上、10歳年下、同じ年の男たち。仕事仲間、夫、同級生、一夜の相手…etc. 立場も年齢も違うから言いたいことが言えなくなったり、むしろ言えたり、素直になれなかったり、甘えられたり…でも本当の気持ちがわからなくて悩ませるのは一緒?? 運命の相手とまではいかなくていい…何か足りない気持ちを埋めてくれる理想のオトコはこの中にいるの?
  • 理想のオトコ(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    同じ年の圭吾に告白されたことを年上の漫画家・ミツヤスに言えないままの燈子。それでも時間を重ねるうちに二人の距離は縮まったと思っていたのに……ミツヤスから「付き合っていない」と言われて大ショック!? 一方、夫との関係に悩みを抱える茉莉沙は10歳年下の高野に惹かれていくのだった。安心しすぎる同級生、何を考えているかわからない年下、天然だけど残酷な年上、本音で話すことができない夫…大人女子の恋の行方は?
  • 理想のオトコ(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    玄関先で燈子が流血──!?

    病院に駆けつけたミツヤスだったが燈子が思わず口にしたひと言に涙してしまい…!?
    そして、ニアミスする茉莉沙の夫・正樹と高野。
    そんな中、茉莉沙は夫の浮気を疑い、問いつめるが…。
    燈子の隣人・杉原を交え、大人たちの恋模様は、新たな展開をみせていく。
  • 理想のオトコ(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    想いが通じ、甘く幸せな時間を共有する燈子とミツヤス。
    そんな2人を間近で見ている最賀は燈子にある忠告をする…。
    一方、夫との不和を抱え、夫婦のあり方を改めて考え始める茉莉沙。
    唯一本音で話せる高野との距離は縮まっていくが、
    夫の部下・小泉に一緒にいるところを目撃されてしまい…?
    迷走するオトナの恋の行方は――!?
  • 理想のオトコ(5)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    過去のために気持ちがすれ違いはじめる燈子とミツヤス…。そんな中、2人の関係にミツヤスはある決意をする。
    茉莉沙も夫婦のあり方にひとつの決着をつけようとしていた。その決断に高野は心をかき乱される。
    大人になっても不器用な恋をするなんて思ってなかった…。もっと上手になってると思っていた。
  • 理想のオトコ(6)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    燈子への想いを話す最賀を見て、自分の燈子への想いが確かなものだと、ようやく自覚するミツヤス。
    燈子もそんなミツヤスの気持ちに応えるべく、ある決心をする。
    一方、茉莉沙は思わぬところからエールをもらい、迷いは消えひとつの「答え」にたどり着く……。
    甘く切ない大人たちの恋はついに最終局面へ。
  • 理想のオトコ(7)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ミツヤスからの突然のプロポーズに喜びと同時に親友、茉莉沙のことを思うとどうしたらいいかわからず、涙してしまう燈子。未熟な自分を恥じる彼女にそれは未熟なのではなく「優しさ」だと伝えるミツヤス。想いは通じ合い、理想の恋愛は最高のフィナーレを迎える。叶わぬ恋をしていた圭吾、アシスタントの最賀のスピンオフ豪華2本収録!

レビュー

理想のオトコのレビュー

平均評価:4.1 371件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大人の恋愛
    ろっそさん 投稿日:2021/9/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごく面白かった。 トーコとミツヤス先生の恋は不器用で応援したくなります。 まりさと高野さんの恋愛は難しいよね。 旦那が思ってたより最低な人だったので、ラスト幸せそうで良かったです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 独特の雰囲気のある良作
    レナさん 投稿日:2021/4/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 美容師の燈子(32)が同い年で友達の編集者茉莉沙に授賞式に出るボサボサ頭の漫画家を「コレなんとかして!」と押し付けられた事から物語は動き出します。 授賞式の夜、酒の勢いで10コ上の漫画家ミツヤス(1巻表紙)と関係を持ってしまった燈子は彼のことが気になり出すものの授賞式で再会した高校の同級生の編集者圭吾(3巻表紙)から付き合ってみないかと言われ不思議ちゃんなミツヤスの言動もあいまちて2人の間で揺れ動く。 一方友達の茉莉沙も10コ下のデザイナー(2巻表紙)から迫られ一見完璧で自分にも優しいものの何かが違う夫との間で思い悩みます。 キュンパートとシリアスパート、コメディパートのバランスも良くて良きです。またコメディタッチの崩れた顔もかわいかったりするのでそこも良き このお話は週刊連載らしいので1話1話が起伏に富んでいる気がするのはそのあたりも関係してるのかもですね。 個人的にはツッコミキャラで漫画のアシスタントの最賀くんがなかなかに笑わせてくれて好きだったりしますw 作者さん曰くこのお話は自分や編集者さんの周辺て実際にあったエピソードやセリフを使ってたりするらしいのでリアルな感覚も強い気が… 独特の雰囲気のある作風でとても個性的な漫画です。 あと巻末の4コマや作者さんのあとがき?編集後記?的なヤツもケッコー好みでくすって来てますw 続きを読む▼
  • (5.0) 大人の恋愛!
    ほたさん 投稿日:2020/9/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 一気読みしてしまいました! チカさんの作品は、これは恋のはなし、あのなつ。で大好きになりました。 今回は大人の恋愛! トーコとマリサ、2人の女性の周りに現れる10歳下、同級生、10歳上の男性達。 私は最初から最後までミツヤス先生推しでした。 でも現実だと志摩くんなのかな。 ラストはおさまるところに綺麗におさまったカンジ。 志摩くんも幸せになれてよかったな。 マリサの元旦那さんと小松のその後や、トーコとミツヤス先生と最賀くんの子育てライフも読んでみたかったです。 他の方のレビューにもあったけど、ミツヤス先生の本名が気になったままでした。 結婚経験がある私からすると、マリサ夫婦のやりとりが痛いほどよくわかる。 表面上うまくいっていても内心お互いすれ違ってる感じとか。。 まぁ信頼関係が崩れたからもう難しいよな、と。 でも、マリサもスキありすぎるというか、結局離婚して1人になりたいとか言っても、高野という保険、支えがあるのわかってての離婚だから、ちょっと女のズルいところ出てるなーって読んでました。 また最初から読み返したいと思います。 個人的にはウジウジ悩むくせに愛情表現ストレートなミツヤス先生が本当にツボでした♪ 続きを読む▼
  • (5.0) 本当に面白かった
    ちはさん 投稿日:2020/9/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作者さんの作品の中で1番好きなお話かも!登場人物がみんな素敵でした。大人買いして一気に読破しました。大満足です。 まりささんの旦那さんのその後が気になる!年下くんに煽られて余裕がなくなっていく感じがちょっと切なかったです。それ以外は収まるところにみんな収まってハッピーエンドだったのは作者さんの優しさかな。 ミツヤス先生とトーコさんの新婚生活や子育てのお話しも読んでみたいなぁ。最賀くんがすっごいお世話しそう(笑)そしてミツヤス先生がメッチャ怒られるんだろうなぁ(笑)あ〜最賀くんのプライベートも気になる!コスプレって。 それはそうと、ミツヤス先生の本名が最後まで謎だったなぁ…。 どこかでまた皆に会いたいです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ