マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

羣青 上

800pt/880円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

殺した女、殺させた女。傷つけ合い求め合う魂の物語。

日常的に夫から暴力を受けていた女と、その女を慕い、請われるままに彼女の夫を殺したレズビアンの友人。
殺害現場に証拠を残したまま二人の女はともに逃亡を謀る。明日をも知れぬ逃走生活の先に二人は果たして何を
見るのか、それぞれどう落とし前をつけるのか――?極限状況下で震える魂の物語、開幕!●主な登場人物/殺させた女
(自分の夫を殺すよう友人のレズビアンに頼んだ女。レズビアンの自分に向けた好意を知っていた)、殺した女
(学生時代からひそかに「殺させた女」を慕っていたレズビアン。生家はかなり裕福な“お嬢様”)●本巻の特徴/連載開始時は
弱冠22歳だった著者が放つ、渾身の460ページ!第1話~第10話に、番外編も収録。

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 羣青 上

    800pt/880円(税込)

    殺した女、殺させた女。傷つけ合い求め合う魂の物語。

    日常的に夫から暴力を受けていた女と、その女を慕い、請われるままに彼女の夫を殺したレズビアンの友人。
    殺害現場に証拠を残したまま二人の女はともに逃亡を謀る。明日をも知れぬ逃走生活の先に二人は果たして何を
    見るのか、それぞれどう落とし前をつけるのか――?極限状況下で震える魂の物語、開幕!●主な登場人物/殺させた女
    (自分の夫を殺すよう友人のレズビアンに頼んだ女。レズビアンの自分に向けた好意を知っていた)、殺した女
    (学生時代からひそかに「殺させた女」を慕っていたレズビアン。生家はかなり裕福な“お嬢様”)●本巻の特徴/連載開始時は
    弱冠22歳だった著者が放つ、渾身の460ページ!第1話~第10話に、番外編も収録。
  • 羣青 中

    800pt/880円(税込)

    限状況下の二人、愛憎の限界を更新する!!

    殺した女。殺させた女。“共犯者”となった二人を中心に渦巻く悲しみと苛立ちの嵐に、周囲も否応なく巻き込まれ…。人間の真実の姿を暴き出し、ドラマはさらに深化する。480ページの大ボリュームで贈る、緊張の中巻!

    殺人を犯し逃げる女と、共に行動する殺人教唆をした女。どこで間違えたのか、どうしてこうなってしまったのか――自問自答に疲れきり、行き場を見失う二人。愛憎の限界を更新し続けるたった二人のカタストロフ。行き着く先は、一体…?

    主な登場人物は、殺させた女(自分の夫を殺すよう友人のレズビアンに頼んだ女。レズビアンの自分に向けた好意を知っていた)、
    殺した女(学生時代からひそかに「殺させた女」を慕っていたレズビアン)、
    レズビアンの彼女(事件発生後、破局した、「殺した女」の10年来の恋人)。

    “犯罪者”であるニ人の周囲の人間も次々登場する本巻。人間の持つ「業」に迫った第11話~第20話を収録!
  • 羣青 下

    800pt/880円(税込)

    人生懸けた恋をした。女と女の最後の選択!

    殺した女。殺させた女。

    “共犯者”となった二人の旅路で次第にあらわとなる、血縁への執着と、お互いへの無理解。
    未練と倦怠に挟まれ、自殺か服役か逃亡か心中かいずれも“どんづまり”の
    選択肢を前に立ちつくす二人に、光は射すのか…。

    血にまみれた手で欲したものはなんだった?
    女たちの魂の咆哮、あるいは彷徨――これにて幕。

    主な登場人物/
    殺した女(学生時代から密かに「殺した女」を慕っていたレズビアン)
    殺させた女(夫殺しを依頼した。レズビアンから向けられた好意には気づいている)
    「殺した女」の兄(妹はそそのかされていると信じ込み、出頭させようと画策する)
    【第21話~最終話を収録】

レビュー

羣青のレビュー

平均評価:4.0 19件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 展開における善し悪しの判断が難しい
    しぐれさん 投稿日:2022/4/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 ん〜なんとも言えない。。個人的に評価するのが難しい作品でした。題材やストーリー、キャラたちそれぞれの心情に関しては、すごく好きだなと思ったんですが、作品全体の展開の仕方にちょっとハマりきらなかったかもしれないです。よく言えばテンポがいいのかもしれないですが、自分的には怒涛過ぎて読んでいて少し疲れました。怒涛な展開の連続も好きですが、所々落ち着いた静かなシーンも挟んでほしかったかなと思いました。でもすごくおもしろいです 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 出来れば紙で欲しかった。
    あびさん 投稿日:2021/4/25
    上を読んで、実写を観て全然納得出来ず、すぐ書店へ走りましたが、重版かからない限り注文出来ないと言われ。 中・下をこちらで読みました。 どうやら主人公らと同い年で、年代が違うと色々取り方は違うのかも知れませんが。 緻密に入り組んだすれ違 い・逆に合致する時のバランスの妙、辛いだけでなく優しくもあり、散りばめられた痛みと温かさの量が本当にリアルで、無茶苦茶泣きました。 私も恐らくそれなりに幸せな生活をしていますが、これが単につまらないファンタジーとしか思えない方は「ずっととってもお幸せでいらしたんですね」という感想です。 そして、これが痛い程面白く感じる生き方で良かったなと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) どうしてこんなにも
    ひーた65さん 投稿日:2019/8/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 どうしてこんなにも中村先生は、心を削って物語を描くのだろう。そう思った作品でした。 中村先生のこれまでの出版をみているとわかることですが、フィクションの中にも、実際に投げつけられた言葉だったり、もしくは自分が大切にしているひとたちが踏みつけられたりしたストーリーも入っています。 ああ、その時このひとは、こう感じたのだな。こう感じたということを、今心を消耗しながらかいているんだな。と思いました。 苦しくなります。傍目にはハッピーエンドといえるのかはわかりません。でも各々各自選んだ道を、これからハッピーにしていくのでしょう。 読み終わったあとにも物語が膨らむ、素敵なお話でした。 続きを読む▼
  • (5.0) ネトフリの「彼女」と比較にならない感動!
    ミッキーさん 投稿日:2021/4/30
    ネトフリの「彼女」が濡れ場は印象的だけど、二人の内面描写が希薄でストーリー展開が腑に落ちなかったので原作を読んでみました。 原作者が女性でビアンだからかレズビアンの疎外感、家族に対しての後ろめたさ、報われない感情の描写がとてもリアル。愛情 と愛憎が揺れ動く中でお互い傷つきながらも、相手を求める姿が漫画というカテゴリーを超えた純文学のようでした。 映画には描かれていない、本当の伝えたかった物語の核になる一番大事な事が原作を読んでやっと知ることが出来たので、映画を見て納得出来ずもやっとした方にはとくにオススメです! もっとみる▼
  • (5.0) リアルな人間の話
    Akiko Zen Tomokawaさん 投稿日:2020/2/11
    きっとこんな境遇の人たちっているよなあって感じました。そんな人間の細やかな感情を丁寧に表現した作品だと思います。 普通のひとからしたら引いてしまう、理解出来ないこと、目を向けないようにしてる日常から逃げずに立ち向かう、人生のネガティブな部 分を生きて苦しみながらも前に進む登場人物たちの姿勢は、人間らしくてなんとも美しい。 正論では片付けられないことがたくさんある、それを知ってるひとが読めば心が熱くなる作品だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 引き込まれる
    ふにゃさん 投稿日:2020/1/10
    内容もそれぞれの立場の心情にも引き込まれる。 セリフが多く、漫画らしくない重みのある描写。 なんども定期的に読み返してしまう。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ