漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

月館の殺人 上

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数9件
月館の殺人(2巻完結)

作品内容

祖父――まだ見ぬ唯一の肉親に会いに行くため、夜行列車〈幻夜〉号に乗り込んだ空海(そらみ)・17歳。だが、乗り合わせていた乗客たちはあまりに奇妙、しかも初めての北海道、雪、列車と、沖縄育ちの空海を眩暈がするほどの混乱が襲い……そんな中、事件は起こる!! 
                                      
佐々木倫子(『動物のお医者さん』『おたんこナース』『Heaven?』)、綾辻行人(『十角館の殺人』『霧越邸殺人事件』『Another』)。漫画界×ミステリ界の2大ストーリーテラーが贈る至極の鉄道ミステリ、開幕!
                                      
★文庫版特典
〈制作裏話対談〉綾辻行人(原作者)×江上英樹(鉄道監修)

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

月館の殺人のレビュー

平均評価:4.6 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 全然怖くない殺人事件。
    侘助さん 投稿日:2020/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 作画は佐々木倫子さん、原作に忠実に描くとしたら役不足では、と思っていましたが、しっかり佐々木カラーが出ていました。企画を考えた方は天才です。 「実は動いていなかった」トリックは新鮮で大胆、「偶然ナイフが...」のくだりは期待外れ。推理物としての面白さは☆4と5の間です。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0)
    苺姫さん 投稿日:2020/4/10
    当時この漫画で鉄オタに色んなタイプがいることを知りました。 電車と縁がない空海は連中に振り回される感じです。 綾辻氏は二転三転変わる傾向がありますが、別の意味で意外な結末だったと思います。
  • (5.0) 鉄道オタクだけではもったいない
    kumiさん 投稿日:2019/11/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 綾辻行人さん原作を佐々木倫子らしいユーモアあふれる作品に仕上げています。上下2巻なのですが、下巻でどんでん返しが! 鉄道マニア、通称テツのウンチクや行動にニヤリとしました。 佐々木倫子さんの緻密な仕事が生きている素晴らしい作品です。 読むべき! 続きを読む▼
  • (5.0) この原作は佐々木氏以外の絵は考えられない
    あいさん 投稿日:2019/7/9
    綾辻氏による鉄っちゃんがモチーフの本格派推理物です。ともすればグロに陥る死体シーンも、佐々木氏の丁寧ですっきりしたタッチのおかげで芸術作品のように見えてしまう…そして主人公や鉄っちゃん達のとぼけたキャラがエンディングを清々しくまとめます。純 粋に推理に挑戦するも良し、佐々木ワールドに笑うも良し。オススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 内容は素晴らしい
    シルクマムさん 投稿日:2019/3/20
    原作者の綾辻行人の作品は何作も読んだ。読者を本の世界へと引き込み目の前にあるトリックを悠然と見せつける奇術師だ。この作品もあちらこちらに伏線があった。言葉の伏線や、景色の伏線。でも見事に騙されて平伏した。鉄道マニアにはもってこいの作品だが、 幻夜号も、幻夜号が走る路線図も伏線がはっている。最後で謎が解き明かされた時は全ての点が線になり漫画の域じゃない綾辻氏の原作に佐々木氏の写実的な作風がピタリとはまり、きれいなのだが怖かった。カラーではないが血の赤色だけが配色されるとより血が強調されて、手元に置くと怖くなるチキンな私は友達にあげてしまった。でも、内容は素晴らしいし、空海以下登場人物も一人一人が個性があって、佐々木ワールド全開だ。 もっとみる▼
  • (5.0) 豪華なコラボ
    neigeさん 投稿日:2017/8/3
    素晴らしいミステリ漫画です。鉄道に関しても詳しく描かれており拘りが凄い。そして、上巻ラストでは驚きの終わり方。ミステリ、鉄道好きには是非読んでいただきたい。
▲ページTOPへ