漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

カーテンコールにはまだ早い

通常価格:
750pt/750円(税抜)
(4.2) 投稿数15件
カーテンコールにはまだ早い(1巻完結)
作品内容

【ネットΩ(オメ)ドルのエッチな配信始まります。】初恋が忘れられないアルバイト店員攻め×電子の海で全てを晒す色気ムンムンな受け。有料会員になると発情期の火照った身体を1人で慰める様子も見れちゃう!ゲーム実況や歌ってみただけでは満足できない、そこのアナタ。この機会に俺だけのMAIちゃんを推してみませんか?“ネットアイドルはかつて愛した人に酷似していた。”喫茶店でアルバイトをしているΩの南(みなみ)。彼の平凡な毎日を彩るのは、動画配信で活動をする同じくΩのMAI。MAIは日々ゲームや音楽などを楽しみ、そんな自分の姿をファンに提供していた。課金ユーザーには発情期の自慰を見せる特別なコンテンツも用意しており、南はズブズブとハマっていく。そして南はMAIの特別企画により、生でMAIに会えることに!学生時代の切ない思い出と現在が交差する、エロティックなオメガバース。※本作品はアンソロジー『オメガバース プロジェクト-シーズン5-』シリーズにて、連載された作品をコミックス化したものです。重複購入にお気をつけ下さい。

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
カーテンコールにはまだ早いのレビュー

平均評価:4.2 15件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) オメガバースが好きで
    ユキさん 投稿日:2019/6/3
    作者さまの別のオメガバースがとても好きで!こちらも購入。今回はαの心理に迫った印象。 ミステリー要素あり薄暗い展開ありでタイプの違うストーリーでしたが、やっぱり心理描写がとても好きだ…と思いました。 画面から伝わる熱っぽさや生々しさもと ても好きです。エロがとてもエロく感じます。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) 読み直すと伏線に気が付きます。
    さとおさん 投稿日:2019/5/2
    薄暗い雰囲気もあるのですがギャグも挟んでくれているのですんなり読めました。 読み進めていくごとに分かるキャラクターの心理がほんとに素晴らしいです。BLを読んで初めて泣きました。 濡れ場は多めだと思います。 内容は重たいですが、その重さ が純愛なんだと!そう思いました。 すごくおススメです。たくさんの人に読んでほしいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 予想を上回る展開
    チョスさん 投稿日:2019/4/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙とオメガバース、そしておまる先生の作品なのでエロくて可愛いお話かな?と思ったら全然違いました!そしてレアなΩ×αです。 とんでもない秘密を抱えていた真伊先輩。これを背負わされていたら病みます。地獄。設定と展開に何度も驚かされた凄い本でした! 続きを読む▼
  • (5.0) 良いよ!
    さんさん 投稿日:2019/3/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 無料で、見て、その先見たい! って事で購入しちゃいました。 マイが、南の事を大切に考えていた事が、全部読む事で、分かりました。 結果としてハッピーエンドですが、その過程が、詳細に描かれています。 2人のエロシーンは、少ないと思いますが、実際のガッツリ絡みは、数ページで… ラストでチョイある感じです。 内容重視で、私は良いと思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) もっと評価されてほしい
    ゆうなぎさん 投稿日:2019/3/29
    試し読みの印象で購入をやめた方は勿体ないです。実際は、ドロドロの病みサスペンスです。途中、自傷・無理矢理の表現がありますので、苦手な方はご注意を。読めば読むほど紐解かれていく物語に固唾を飲みました。
  • (5.0) エロは濃厚、でもストーリー重視
    ねねさん 投稿日:2019/3/25
    ネットオメドル(Ωのアイドル)にどハマりしているΩ・南×人気オメドル・MAI。大ファンのMAIのオフ会に当選して超うきうきドキドキの南は、MAIに誘われまさかの初体験。そのままアイドルとファンの恋愛もの、かと思ったらかなり深くて重いストーリ ー展開にびっくり。MAIにそっくりな忘れられない先輩・真伊への想いを引きずった南と謎の多いMAI、過去の情景も交差しながら次第に明らかになっていくそれぞれの背景にハラハラしました。なかなかにダークな側面があるので病み系が苦手な方は要注意。ちゃんとオメガバースだし性別は非常に重要な要素ではありますが、それだけじゃない奥行きのあるストーリーに引き込まれました。300ページ近いボリュームで読み応えも満点。ネタバレなしで読むのをおすすめします。 もっとみる▼
広告掲載中タイトル
BLコミックランキング
▲ページTOPへ