We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

明日、私は誰かのカノジョ 7

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数392件
明日、私は誰かのカノジョ(7巻配信中)

作品内容

「今まで味わったことない…こんな高揚感――」

気の合う仲間、自分を見てくれる優しい男たち、夜に煌めく光の渦。
新宿・歌舞伎町で新たな世界の扉を開いた萌は
美しく軽やかに、そして深く深く夜の街に染まっていった。

その優しさは誰のためか
その犠牲は何のためか
その愛は、本物か。

私が私でなくなる時、この街は最も輝きはじめる。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  7巻まで配信中!

  • 明日、私は誰かのカノジョ 1
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「一週間に一回、私は【誰か】の彼女になる」 彼女代行として日々お金を稼ぐ女子大生と彼女に魅せられた男達の、恋愛のリアルを描くビターラブストーリー。第1巻は主人公の雪を偽の彼女としてレンタルした若きサラリーマン、壮太と雪の歪な恋愛模様を描く。あくまで客と彼らの理想の女を演じる代行彼女…二人の心の距離は果たして近づくのだろうか――
  • 明日、私は誰かのカノジョ 2
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「男なんて、みんな簡単」埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす女子大生、リナ。彼女が求め、辿りつく先は一体…。『明日カノ』第2巻は女子大生のパパ活をテーマに、そのリアルかつ生々しすぎる描写で共感と賛否両論を巻き起こした現代の若者の男女事情を描く。金と男と心と友情、どれを選べば人は幸せにたどり着けるのか――答えを教えてくれる大人は、ここにはいない。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 3
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「あたしがこの顔になるまで、何百万かかったと思ってんの?」
    見た目に固執し、すべてを嘘で覆い隠すアラフォー女子、アヤナ。
    美を求め老いに抗う彼女の孤独な戦いが始まる。

    現代女子のリアルを緻密に描く大人気ビターラブストーリー『明日カノ』。
    美醜や整形をテーマに置いた第3章『1mm』、開幕――

    見た目が良ければ幸せなのか、美しさは誰の為なのか。
    アナタはこの物語にどんな答えを見出すだろうか。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 4
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「可愛いって褒めてくれたこの顔だけど、本当は原型なんかとどめてない」
    美醜に囚われ整形を繰り返すアラフォー女子、アヤナ。
    次なる整形の費用を捻出するため、彼女が選んだ手段は客からの“裏引き”行為だった。

    己の求めるものを手に入れるため、人はどこまで戦い続けられるのか。

    美と醜、男と女、善と悪、理想と現実。
    連載時多くの議論を呼んだ『明日カノ』第三章『1mm』、佳境――
  • 明日、私は誰かのカノジョ 5
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「女だから×××であるべきだなんて馬鹿馬鹿しい。私は違う」

    ステータスは全て普通か並以下。
    他人に話せる『物語』なんて悲劇も英雄譚も持ち合わせていない。
    けど『自分』は持ってると語る女、萌。
    偶然か運命か、そんな彼女の前に『普通』を変える天国の扉が現れた――

    夜の街、新宿を巡る純粋で醜悪な人間模様
    『明日カノ』第四章『Knockin’on Heaven’s Door』開幕。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 6
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「女らしさを見せつけられるたび、私の中の劣等感が刺激されてたまらない気持になる…」

    夜の街で『ゆあ』と名乗る女子と出会い、流されるままホストクラブに足を踏み入れた萌。
    この何気ない出会いと体験が、彼女と彼女の『自分らしさ』を熱狂と波乱の物語へと飲み込んでいく――

    人生の分岐点で現れる『扉』の数々。
    その先が天国か地獄かは開けてみなければ分からない。

    第四章、主人公はまだいない。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 7
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「今まで味わったことない…こんな高揚感――」

    気の合う仲間、自分を見てくれる優しい男たち、夜に煌めく光の渦。
    新宿・歌舞伎町で新たな世界の扉を開いた萌は
    美しく軽やかに、そして深く深く夜の街に染まっていった。

    その優しさは誰のためか
    その犠牲は何のためか
    その愛は、本物か。

    私が私でなくなる時、この街は最も輝きはじめる。

レビュー

明日、私は誰かのカノジョのレビュー

平均評価:4.6 392件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 面白い
    しおりさん 投稿日:2021/7/28
    面白いです。 広告で気になり読み始めて、一気に読んでしまいました。 今、一番ハマっている漫画です。 おすすめです。

高評価レビュー

  • (5.0) 人間の闇や醜さが鮮明に体現されている。
    腐××さん 投稿日:2021/5/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 期間限定で一冊無料だったので読みましたが、人間の闇や醜さが鮮明に体現されているように感じました。エゲツなかった..(褒め言葉です) ※自分には、丁度良いくらいのダークな内容で、そしてとても考えさせられる。否定どころかむしろ好感と共感が強い。 主人公だけの目線だけではなく、周りの視点での表現が、とても上手に描かれている。 心にちょっと印象残るとかそんなのではなくて、 自分の場合は、 グサグサ心にきた。アイサレズに育った子と 愛されて育った子の考えや思い方が、全く違ってて 経験してないから、そうなるのだろうけど..。 逆に経験してたとしても、結構は本人の解釈で答えなんて変わってくるから、どっちの考えもなんとも言えない。 人に対して、思いやりと寄り添いと想像力は、 すごく大切だと、いま一度 しっかり深く考えさせられ、 (できる範囲内)の上手な生き方のヒントを頂いた気がした。 ただ、人の感じ方や捉え方によっては、 観るに耐えれなかったり、しんどく感じるのだろうな..と思います。 ある一部のセリフで、 『変にハッピーエンドで終わるより、世の中の×××さが体現されている作品だなって』 というところがあるのですが、まさに この漫画がそうなのでは?と思いました。 バッの部分は、自分が当てはまるならレビュータイトルの、 人間の闇と醜さが体現化されている。というのが個人的には、しっくりです。 醜さに関しては2巻から浮き彫りされてるように感じました。 精神が安定している時に読むことをお勧めします! そして、この漫画に限らずきっと、なんでも好み分かれるので。合わなくてもそれはそれで、まる。 続きを読む▼
  • (5.0) 人間はみんな不完全で気持ち悪い生き物
    あいなさん 投稿日:2021/6/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 整形経験あり、現役風俗嬢兼パパ活女子です。 夜職、整形などの雰囲気がとてもとてもリアルに描かれています。作者さんは元々こちらの世界の方なんじゃないかと思ってしまうくらいです。 デリをやってるゆあや萌がお客様たちのことをキモいと思っているのが、ひしひしと伝わってきます。 しかし、それはホストたちが彼女たちに思っていることと同じなんですよね。いくらお客様だからって、あんなに承認欲求の強いメンヘラたちキモいって思いますよ。 夜の世界で働くと分かるのですが、ガチ恋になってしまうお客様かなりいらっしゃいます。もちろん私にはそんな気は全くありません。ですが、お金を頂いている以上はプロとして楽しい時間を提供します。 夜の世界に飛び込んでから、人間は皆不完全で気持ち悪い生き物だと知りました。私ももちろんその一人です。その不完全さをほんのひとときでも愛してあげるのが、このお仕事なんだと明日カノを通して再確認しました。金くれなきゃしたくないけど笑 続きを読む▼
  • (5.0) 完璧な人はいない
    フクちゃんさん 投稿日:2020/5/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 生まれながらの美貌に火傷を持つ雪、 美しく恵まれていながら体を売ってその身を飾るリナ、 整形しながら望みの美しさを求めるあやな。 恵まれた美しい女でありながら、彼女たちはそれぞれ心や考え方が少しずつイビツ。 彼女たちが巡り会う男性たちも、 雪の悲劇性を愛して対等な存在としては認めていないメガネくん、 優しく大切にしてくれるけど出会い方は最悪だったなリナ彼、 早く結婚しよう、理想の夫婦、と友人を巻き込んでモラハラを強いるあやな彼。 男性たちの中にも完璧な人はいない。その弱さも含めて人は寄り添わないといけないと思いしらされる。 個人的にはリナとリナ彼の組み合わせが好きで応援したい。機嫌が悪くなったリナとやりあえるのはリナ彼が女慣れしてるお陰だし、モテる彼に屈託無く甘えられるのはリナが美しくて場慣れしていて自信があるから。 お似合いの2人だと思う。 でも3Pの相手の友達はびっくりしただろうな。 続きを読む▼
▲ページTOPへ