マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック大洋図書HertZ&CRAFT兎の森兎の森 2
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
兎の森 2
2巻配信中

兎の森 2

690pt/759円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

幼い頃から一緒に遊んでいた環と志井は1歳差の幼なじみ。

高校生になった二人は、志井が押し切るかたちで付き合う事になる。

「1年だけ」で終わる約束。環は友達感覚のままだが、

志井はどうにか一線を越えようとする。

──セックスなんかする必要ない。

志井の欲求とは裏腹に、隠れていた環の心が揺れ動き…?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 兎の森 1

    690pt/759円(税込)

    弓永環は、人懐こくてよく笑う。
    そんな環の笑う顔が好きだった志井洵太。
    二人は1歳差の幼なじみ。
    環が先に入学しても卒業していっても一緒に遊んだ。
    小学校、中学校、高校──いつからか、それが少し変わっていった。
    家の前で泣く環を見た時から、志井の何かが違っていった。
    この気持ちは、清くない。正しくない。美しくない。
    禁則事項がふえていく中、
    高校生になった二人の関係は急速に変化していき…?
  • 兎の森 2

    690pt/759円(税込)

    幼い頃から一緒に遊んでいた環と志井は1歳差の幼なじみ。

    高校生になった二人は、志井が押し切るかたちで付き合う事になる。

    「1年だけ」で終わる約束。環は友達感覚のままだが、

    志井はどうにか一線を越えようとする。

    ──セックスなんかする必要ない。

    志井の欲求とは裏腹に、隠れていた環の心が揺れ動き…?

レビュー

兎の森のレビュー

平均評価:4.8 597件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 幼馴染の恋
    こまさん 投稿日:2024/5/1
    苑生さまの被写界深度が好きでこちらも購入しました。環くんの家庭環境がかわいそうで読んでいてつらかったです。志位はやさしくてとてもいい子だと思うけど少し落ち着け。

高評価レビュー

  • (5.0) とりあえず1巻を…
    りんごさん 投稿日:2021/2/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 ■1巻■丸々表題作。196P/エロなし。書き下ろしの自.慰が少しだけ/内容★5、キャラ★5、終わり方★5/☆ストーリー☆1歳差の幼なじみの環と志井。学年は違っても1番の仲良しで卒業して中学、高校になっても関係は変わらない。志井が環を好きなこと以外は…小学生の時、自宅のドアの前で立ち尽くし静かに泣く環を見た瞬間から志井の心に変化が…。でも、この気持ちはいけない物なんだ。この気持ちは正しくない。この気持ちは…。自分の中に閉じ込めたまま高校生になった。ある時、環が彼女と別れた事を知り、その理由を聞くと女の子が苦手かもしれないと答える環。この言葉が一筋の光となって志井の中に閉じ込めていた気持ちを照らし出して想いが溢れ、思い切って環に告白する。環の反応は思ったより悪くなかったけど、だからと言って受け入れてくれるわけもなく次の日に断られてしまう。でも、もうずっと何年も好きだった志井にとって諦められる理由が何一つない。納得できない志井は体育祭のリレーで勝ったら付き合うという賭けを申し出る。志井の少し強引な申し出に受けて立つ環。で、結果は志井の勝ち!ガッツポーズで勝利を喜ぶ志井とは逆に戸惑う環。そんな環にお構いなしでがっつく志井、帰りにトイレに連れ込みハグしてチュウをする。抵抗はしないけど、かと言って受け入れたわけでもなく…。そんなこんなで2人の付き合いが2巻に続いていきます。//はぁ〜。こりゃこりゃたまらん!すんばらしい心理描写と丁寧な物語展開で心を持ってかれます。志井が自分のheartに気づいて長いtimeがさらに環へのloveを募らせて…。ん?どっしたぁ?何で突然ルー語を?おそらく興奮がmaxで色々とキャパがoverしました。こんな感じで2巻もtogetherしようぜ!あ〜もうこれ完全にルーさんだwww 続きを読む▼
  • (5.0) ヒリヒリするような心理描写
    まるころさん 投稿日:2021/9/24
    不思議なタイトルとなんともしっとりした絵の表紙。暗くて重そうな話なのかな?とやや迷いつつ、BL作品を久しぶりに色々読んでいるところだったので購入。 10代特有の揺れ、危うさ、強さ…自分が経験してきた10代の頃の感情を引っ張り出されるような 、ヒリヒリするような心理描写が見事で、話に引き込まれました。被写界深度も読みましたが、やはり心理描写が上手な作家さんだと思います。 特に志井の環に対する自分の気持ちへの葛藤や欲望への一連の体験は、目を覆いたくなるような気持ちになりました。感情移入しすぎですね。 環の育ってきた環境が重いので、全体的にシリアスな雰囲気の作品ですが、だからと言って暗いかと言ったらそんなことはなく、友達同士の会話のやりとりなんて思わず吹き出してしまいました。 主人公2人の性格設定もジメジメしてないので、重くなりすぎずに読めます。 2巻の作者コメントに『志井なりの攻め方を見守って』とありますが、まさに志井なりの攻め方が展開されます。 良い子ですね、志井。環の壁を壊すのはかなりハードルが高い気がしますが、彼なら相手を尊重しながら、でも自分の想いを成就させそうな、強さを感じます! 苑生先生、絵がお上手です。 学生〜大人(青年)の絵は上手でも、子ども(中年、老人も)の絵になると、アレ?となる描き手も多いですが、2人の子ども時代がとても上手でびっくりしました!小学生、中学生にそれぞれちゃんと見えます。画力がないと差を表現するの、難しいと思います。 小学生の環と志井、すごく可愛い。 好みの絵なのでページをめくるのが楽しいです。 続きが出るのは時間がかかりそうですが、最後まで見届けたい作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 天才すぎるんだが…
    きぃさん 投稿日:2022/2/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵はもちろん美しいのですが、なんといってもストーリー展開が神がかってる。基本シリアスだと思いますが、ちょくちょく入るクスッと笑えるギャグがめちゃくちゃツボで、センスを感じます。 お互い一途な物語も好きですが、性欲旺盛な男子高校生が好きな子を想って我慢できるはずもなく別で発散してしまう。snsですぐ出会えちゃうこの現代だし仕方ないですね。そりゃそうだわって思います。あと、シュンの環への欲望(変/態的な欲求)が実に生々しくて良かったですw 相手への想い、様々な周りの環境からの揺れ動く若者達の心。そういう意味でリアルだし、巧みに表現されてる。 そして、1.2巻を読み終え、表紙の意味を考えました。1巻はシュンに促され、環が勇気を振り絞って二人で足を踏み入れた思い出の壊れたフェンス。入ってみたらなんでも無かったと自分の固定概念が誤っていたと気付く。その回想シーン後に二人は期間限定の交際を始め進展をみせる。 2巻は初デートのブランコでちょっと悲しげな、どことなく幼い子供の表情の環にそっと手を差し伸べるシュン。2巻後半では、環の幼い頃の劣悪な環境や、母親からの性/的虐/待(行為は未遂?)ともとれる事を耳にして、今までずっと環を見ていたと思っていたのに守ってあげられなかった悔しさを感じる。そしてこれからは環に寄り添い、そのトラウマを払拭させたいと決意をするシュン。そこからまた二人は更に進展する。ただの妄想なので、また別の意味があるのかもしれませんが…3巻が楽しみです。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

輝きに病み薫る青春譚
営業:クリアブラック(シーモアスタッフ)
小、中、高と丁寧に時間をかけて、1つ違いの幼馴染・環と洵太の成長を繊細に描いていく苑生先生の青春譚。洵太が環へ真っ直ぐにぶつける恋心には若さが輝き、一方で爽やかさの奥に実は母に起因する「病み」を持つ環が物語に陰影を加えています。2人はお試しの恋人になりますが…。早く続きを読みたくなる一作!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ