マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作は、濃厚で芳醇な愛の物語。読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!!

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 煙と蜜 第一集

    660pt/726円(税込)

    花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作は、濃厚で芳醇な愛の物語。読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!!
  • 煙と蜜 第二集

    680pt/748円(税込)

    三年後の入籍。喜ばしいはずのその報せに、意外にも思い悩んでしまう姫子。「それまでに自分は、大人の女性になれるのか?」。そんな中、文治が口にした言葉とは……。

    18歳差の姫子と文治が愛を育んでいく物語、熱狂に応え早くも第二集の発売です。今巻は許婚ふたりの睦まじい様子はもちろん、大正という時代の生活・風俗が鮮やかに綴られた「蹄と良い子」、「空と煙」、「三畳間と噂話」などを収録。姫子がまだ目にしたことのない“軍人・土屋文治”の一面に迫る「敬礼と笑顔」も必読の一編!
  • 煙と蜜 第三集

    680pt/748円(税込)

    「普段のお礼に」と名古屋観光へ誘い出してくれた文治。姫子にとっては街へ出る事も、文治との外出も初めての体験! けれど夢のような一日を過ごす途中で、姫子はある事がどうしても気になってしまい……。

    12歳の姫子と30歳の文治の純愛物語。広小路通りや名古屋城が描かれる観光回「栄華なる都市と悠久なる願い」をはじめ、第三集はふたりの世界が少しずつ「外」へと拡がっていく。姫子には尋常小学校で友人ができ、家へ招待するまでの仲に。一方で文治は、軍人としての彼を疎む者に新たな表情を見せる。そして姫子の祖父・敬次郎と文治が一局を交える回「歩と金」では、ついに婚姻の経緯が語られる!

レビュー

煙と蜜のレビュー

平均評価:4.8 525件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 星5個では足りない!
    むーさん 投稿日:2022/11/11
    あまりにもあまりにも尊くて…2人の日記みたいな日常をずっと読んでいたいので、どうか作者様!これからお話を進めるにあたり3年後、とかすっ飛ばしたりせずに姫子ちゃんの成長を13歳、14歳、15歳…と余さず描いていただけると嬉しいです。それでいて 、文治さまと夫婦になった後の物語を早く読みたい気持ちも本音。初めは、いくら大正時代だからって18歳差ってどうなの?と思いましたが、12歳の姫子ちゃんに、10代後半や20代ではなく、30歳の文治さまだからこそ、良いんでしょうね〜文治さまの姫子ちゃんへの気持ちの移る様がホントいい。早く男の顔をする文治さまに悶えたいような、まだまだ無垢な姫子ちゃんの笑顔に癒されたいような。。続きを楽しみにしてます! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 文治さま、、、!
    yukiruさん 投稿日:2021/12/1
    はああ〜。こ、これは、読めば読むほど、知れば知るほど、文治さんをどんどん好きにならずにいられない。実際、第1話ではそこまでじゃなかったのに、第3巻を読み終えたいま、すっかり文治さんのとりこです笑。姫子といるときの、スマートで優しい文治さんも もちろん素敵ですが、職場での文治さんも私は大好きなんです。その両方を堪能できるのは、読者だけの特権ですね。姫子が決して見ることはない「おっかない軍人」のときの文治さんは、本当に怖い目をしている。でもすごくカッコよくて、ゾクゾクしてしまう。文治さんの目の下のクマは、彼の内面の「影」をそのまま表しているように思うのですが、彼のようにうんと歳上の、優しいけれど影があるような大人の男に、まだ12歳の姫子が恋心を抱いているというミラクルがありがたい笑。奇跡のカップルだと思う。 それから特徴的だと思うのが文治さんの黒い昏い目。どんなに優しく笑っていても決して光を映さない瞳が、彼の捉えどころの無さ、底知れなさを表しているように思えて、なんだかたまらんのです。心のうちをあまり見せず、イロイロ隠し持ってる感じが好き。もっと知りたいと思うし、ずっと見ていたい、、。そして見たいと言えば。文治さんは紳士なので決して姫子を子ども扱いしませんが、「レディ」扱いはしても当然まだ「女」としては見ていない。つまり「男」の顔は見せてないわけです。いわば「待て」なわけです。溢れんばかりの男の色気がたまらん文治さんの、「男」の顔が見られないというじれったさ笑。いつか姫子にだけでなく読者にも見せてくださいね笑。すでに仲睦まじい2人のこれからが本当に楽しみです。どうかどうか幸せでいてほしいです。 もっとみる▼
  • (5.0) ネットの広告で絵柄に一目惚れ。
    66さん 投稿日:2020/9/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 ネットの広告で絵柄に一目惚れし、気になって探したらここにあったので即買い、即読みしました。 文治さんめっちゃ好き。 目の下の濃いクマがいい味出してます。 いちいち赤面して照れちゃう姫子さんの気持ちわかる。 年上であんなにイケメンな軍人さんが許嫁とかもう堪らない。 姫子さん、死ぬほど幸せなんだろうなって思いながら読み進めてました。 自分も趣味で絵を描くので、こういう絵柄や物語は特に好みで憧れます。 第一集は姫子さんとの関係をゆっくり丁寧に温め、育んでいくという感じが窺えました。 第二集は第一集よりも関係が少し進展しており、謎に包まれた文治さんはどういう立場の人間でどんな仕事をしているのか、ということが徐々に明らかになってきます。 しかし、姫子さんの純粋さはあの若さ、幼さならではのもの。 見ていて可愛いなぁと思います。 穢れのない、あどけなさ。 同じ女性として憧れます。 ただ、龍子さんが危惧する様に、姫子さんが大人になっても無くさないでほしいものです。 文治さんも龍子さんも喫煙者で文治さんは作中で特に煙草を吸っておられます。 表情、仕草どれ1つをとっても文治さんは身のこなしがスマートです。 自分も喫煙者なので、これを読みながら煙草を吸ってしまいます。笑 続きがとても気になって気になって仕方ない作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 大正浪漫で軍人とお嬢さまという絶対正義。
    シマシマねこさん 投稿日:2019/12/15
    歳の差+体格差カップル、大正浪漫、軍人さんとお嬢さまモノなどがお好きな方にはたまらないと思います。 軍人さんキャラというとcoolで無表情で無骨なタイプか、逆に正義感ぶん回して情熱に身を焦がす熱血タイプが多いように思いますが、こちらの軍人 さんはそのどちらでもない…めっちゃ強面なのに表情は意外と柔らかく、女性にもスマートに優しく、飄々としてるかと思えば時々とんでもない色気をぶっ放す。美しい所作で黙々と食事をするシーンと、軍人としての身支度を無言で整えていくだけのカットが続くシーンでは、そのあまりの色気に耐えきれず顔から布団に突っ伏してしまいました…威力絶大だぜ。対するお嬢さまも、12歳らしい素直さ、育ちの良さ、真っ直ぐな恋心に見え隠れするほんの少し大人びたいじらしさと、愛さずにはいられない可愛らしさ。そんな二人の何気ない日常のひとコマがもう…自分の性癖に、違う、好みにぶっ刺さりました!! 大正浪漫モノは小物や背景、建造物やお衣装など、画力があればあるほど浪漫度が高まり物語に浸れると思います。そういう意味でもたいそう素晴らしい。 しかしここから話はどうなっていくのかな…歩兵第六連隊で大正…ということは…シベリア…出兵…(戦慄)やはり物語は戦争へと大きく動いていくのか、このまま二人の世界を描いていくのか…早くも次巻が楽しみでたまらない作品でした!! もっとみる▼
  • (5.0) じんわりと心があたたかくなる優しい世界
    たまごさん 投稿日:2022/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 30歳の将校と12歳のお嬢様。大正時代、まだまだ家同士の結びつきが強く、親の縁談で子供の未来が決まる世界の中で、お互いを思いやる優しいお話です。姫子のあどけなさ、仄かに抱いている恋心をちゃんと理解し、大人として時に導き、成長をあたたかく見守りながら慈しむ青年将校土屋がとても魅力的です。酸いも甘いも、地獄もきっと見てきた土屋にとって姫子の純粋さや一途さ、優しさは癒しになるとともに、大人になってそれらが身近な感情でなくなってしまった彼にとって姫子はそれらを思い出させてくれる大切な存在なのだと思います。一緒に暮らしている女中さんたちも個性が輝いていて物語を素敵に彩っています。当時の生活、人々の息遣いが感じられる世界観で夢中になれる作品です。 個人的に煙草のシーンがとても色っぽいと思います。見せ方がうまいと言いましょうか、こだわりを感じます。 私の祖父母も煙草を吸っていましたが、本当にあんな感じで「おいしくない」のに「おいしそう」に吸っていたんですよね。(幼少期の出来事ですが、不思議に思っていました) くゆらせる煙もあんな感じで、そして堪能したのかうまそうに煙を出すのです。 懐かしい気持ちにもなりました。 今後の二人がこれからも楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) ドキドキしたり癒されたり!!
    しましまさん 投稿日:2020/8/30
    立ち読みで止められずに、2巻同時にポチポチリ。初めての作者さんで、時代設定や絵柄にやや不安があったのですが、本当に良いです!!むしろ、この絵柄だからこそ良いです!!!はじめは18歳差で許嫁とか、どういう気持ちになるのだろう?!と思いながら読 み進めました。大好きな大人の文治さんに近づきたい、理解したい、何かしてあげたいという素直で多感で育ちの良い姫子ちゃん。姫子ちゃんが大人な文治さんの一挙手一投足にドキドキしている姿は可愛くて可愛くて!!軍人で責任ある立場で気の抜けない文治さんは、そんな姫子ちゃんに癒され愛しく思っているのだと思います。ふとした瞬間、二人の間に流れる空気がとっても愛情に溢れていて、またきれいな色気が感じられるシーンもあり、目がはなせません!!時代背景的に、これから不穏な流れになっていく中、二人がどうなっていくのか、姫子ちゃんが15歳になって入籍にいたれるのか、気になって気になって…。早く続きが読みたいです!!でも、まだまだこの二人のやり取りを見守っていたいような…とにもかくにも、続きをプリーーーズ!!!! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

年の差なんて
広報:扇風機おじさん (シーモアスタッフ)
長蔵ヒロコ先生による作品です。絵がとっても可愛らしくて読んでて楽しい気分になれます。姫子ちゃん可愛い!こんな可愛い女の子と許嫁だなんて文治さんがうらやましくなります。愛があれば年の差なんて関係ないと考えさせてくれました。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ