電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

マーキングオメガ【電子限定かきおろし漫画付】

690pt/759円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

―――俺の番はもう決めている。高校教師の吉田は、発情期のない“出来損ないのΩ”だ。周囲を惑わすフェロモンがでない…だからこそ教師としての信頼を得てきた。ところがある日、βの臨時教師・日高と手が触れあった瞬間、初めての発情期が訪れる。そして吉田のフェロモンにあてられた日高から襲われ、事故のようなSEXをすることに…! 事後、吉田の額には大輪の薔薇の紋様が浮き出ていた。それはΩが粘膜接触すると身体のどこかに現れると言われるマーキングマーク…しかも日高が実はαだということがわかり…?

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • マーキングオメガ【電子限定かきおろし漫画付】

    690pt/759円(税込)

    ―――俺の番はもう決めている。高校教師の吉田は、発情期のない“出来損ないのΩ”だ。周囲を惑わすフェロモンがでない…だからこそ教師としての信頼を得てきた。ところがある日、βの臨時教師・日高と手が触れあった瞬間、初めての発情期が訪れる。そして吉田のフェロモンにあてられた日高から襲われ、事故のようなSEXをすることに…! 事後、吉田の額には大輪の薔薇の紋様が浮き出ていた。それはΩが粘膜接触すると身体のどこかに現れると言われるマーキングマーク…しかも日高が実はαだということがわかり…?
  • マーキングオメガ【シーモア&電子限定かきおろし漫画付】 2

    690pt/759円(税込)

    発情期のない“出来損ないのΩ”として生きてきた高校教師の灯里は、
    名門α一族の跡取り・英 慧と出会って番となった。
    Ωが粘膜接触すると身体に現れるマーキングマークも慧との愛の証として
    額に浮き出るように。
    ある日、英家のパーティーに招待された灯里は、そこで慧の親戚・和泉を紹介される。
    英家唯一のΩとして生きる和泉は、灯里とは異なるΩ観を持つ人物で、
    慧に灯里はふさわしくないと挑戦的に告げてくる。
    そんな折、灯里の額からマーキングマークが消失してしまい…!?
    ★雑誌掲載時のカラーを完全収録!!

    ★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★

レビュー

マーキングオメガのレビュー

平均評価:4.6 547件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 理想的オメガバ♪
    Nucoさん 投稿日:2023/2/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 額に薔薇って!(笑)って最初思ったけど、2巻に入って尊いマークであったのだと理解しました! 初読み作者様でしたが、絵もストーリーもとても良かったです♪無口で心底優しいスパダリα...ええわぁ〜 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 激しく熱く、甘く愛して
    vamさん 投稿日:2021/5/25
    作家様買い大当たりの巻〜。良かったぁ〜。面白かったぁ。好きだぁ〜。いい! オメガバースに、新しく特殊な設定をプラスした藤河先生の発想が素敵。Ωが粘膜接触すると、体のどこかに相手の血統のマークが浮かび出る。斬新! ヒートが一度も起きた事が ない『出来損ない』のΩと言われる吉田。(その言い方がヒドイよね) 突然訪れた発情期に、臨時教師の日高に襲われ… 吉田の額に現れたバラの紋様。これに賛否あるご意見が様々とありますが、私的には前髪で隠して、見えそうなギリギリのところだからいいんです。バラの形も皮膚に浮かび上がる紋様だから、あれでいい。くっきり、はっきりじゃ逆に違和感です。濃く出るほど愛された証なんだから、紋様の発想も素晴らしくロマンチックです。まっ、それは置いといて… 発情期が来てしまう身体になった吉田のホルモンを安定させる為に、日高とセ*レとなりますが、もうなんだか甘く感じるんですよぉ。きゃっ。 αである日高が、Ωに対する偏見も持たずに優しさを感じます。Ωとして受ける侮辱などに慣れるな、なんて言われたら……きゃ〜、落ちそう、私。 吉田は、本気の気持ちになる事を避けるように、キスを拒み、番になる事を怖がる。αの番を亡くしたΩの行く末を知るが故に、その想いが切なくて哀しいんです。一生、恋もせず独りで生き抜くには辛すぎる。だって、人は誰かを好きにならずにいられない。誰かを愛さずにはいられない。誰かを想う気持ちは止められるはずがない。 一方、日高は…親の敷いたレールに従う人生に疑問を持ち、好きな道を選んで一生懸命に生きる吉田に惹かれて行くのはとても自然なことだと思います。 運命の番云々ではなく、フェロモンに引き寄せられた二人でもなく、互いを知って惹かれ合う二人の恋の過程がすごく素敵。きゅ〜んとなります。 独りで発情期のつらさに耐え抜こうとする吉田に、日高の熱い想いが届く瞬間。はぁー、感動。すごくいいオメガバースに出会いました。エチも藤河先生の官能的エロ爆発。そして名前呼びはたまらん。 と〜っても好きな作品になりました。 過去作品で、印象深いオメガバと言えば、さちも先生の『かしこまりました、デスティニー』ですが、諸事情で今や紙媒体も電子の販売もされなくなり、残念です。大人の諸事情はファンを落胆させますよ……かしデス以来の良作オメガバ見つけた気分です。 マーキングオメガ好きーーーっ。 もっとみる▼
  • (5.0) マークの位置がサイコーだったのに!
    Hammyさん 投稿日:2022/10/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 普通のオメガバ設定に、αとHすればΩの身体のどこかにマークが浮き出るという独自の設定が加えられて、番うまでのしかじかも、番った後のアレコレもとても面白かったです。 作品内の世界ではマークがファッションになるくらい羨ましい事象として描かれています。が、ちょっとコレってエロくないですか?えっちしてきました〜!って言ってるようなもんですよ?しかも主人公Ωにマークが現れたのは額。どデカい薔薇のマークって!全方向にめちゃくちゃヤってます〜!って宣言しているわけですよ。私にはそれがたまりませんでした。 額に真っ赤な薔薇のマークを付けたヒロインΩ、という絵面だけ見ると、コメディなの?って思うくらいに可笑しいのです。しかし2巻まで全編ドシリアスなお話です。 他レビュアーさま方も仰る通り読んでいる間とても気になります。スペシャル修正仕様もかすむくらいのインパクトです。藤河先生、絵が美しいからこのチグハグ感が一度見たら忘れられない強い印象を生み出しています。 しかし「額」である事によって事件が生まれたり誇らしくなったり悩みが深くなったりで効果抜群だと思いました。ともすれば興ざめするかもというリスクに真っ向から挑まれ、もうこれは額にあるべきだ、無いのはイヤだ〜!カムバ〜ック!!ってところまで持っていかれましたσ(^_^;)。。 肝心のLOVEも申し分ございません。絵に描いたような端正なオメガバカップルで萌えどころもキュンどころも満載でした。 完結の文字がないのでまだまだ続くと期待してよいですか?和泉先生にも幸せになってもらいたいですし。 続きを読む▼
  • (5.0) これぞ作家買いということ
    あきさん 投稿日:2022/10/9
    アルファと粘膜接触したオメガにはアルファの所有マークが浮き出るという、若干特殊設定のオメガバースです。 【一度もヒートが来たことのない『出来損ないのオメガ』である吉田灯里が教師として働く学園に、日高慧というベータの教師がやってくる。し かし実は日高はアルファであり、吉田の突然のヒートによって身体を繋げてしまう。アルファのマーキングが額にくっきりと現れた吉田は、フェロモンをコントロールするため日高とセフれになるが…】 ヒートが来ないオメガ、突然のヒートでアルファと事故、身体だけの関係、気持ちが通じ合って番にーーと、オメガバースとしてはありがちなストーリー展開です。2巻でオメガの当て馬が出てきますが、こちらも予想通りの展開といっていいでしょう。マーキングという特殊設定はありますが、大筋に影響はない範囲と思います。 では何を評価するのか?私は…藤河先生の絵が大っ好きなんです…!!好みの絵で描写される王道展開。これに勝るものはありません。表情も好きだし、身体の描写も色っぽい。受けは他作品と被る感じもしますが…それでも好きなので構いません。 なので、藤河作品を読んだことのない場合は、まずは試し読みで好みを判断してほしい。その上で王道展開でも読みたい、オメガバース大好き!であれば、おすすめします。 もっとみる▼
  • (5.0) さすがの巨匠オーラ!
    ruuさん 投稿日:2022/10/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 素晴らしかったです! 脳内TVで、スタンディングオベーションしてました! ヒートのないΩ教師の灯里と、隠れαとして臨時教師としてやってきた慧との番になるお話。 藤河先生のキスシーン!これだけでもエロい! しかも、慧のイキ顔もチラリとしか描かれてないのですが…ここもたまらん!凄く綺麗だし男臭いし、細部まで素晴らしい描き方です! 見せ方、描き方がもう巨匠オーラものです! なのに、Ωがαから愛を受けると出てくるマーク。 これもα×Ωの世界観にオリジナル感を出していて、読み入ってしまいました。 2人が素直に愛情を告げ、心まで繋がる番になれた素晴らしい1巻でした。 α家系の英家としての番の重さが2巻の1番の見せ場。 英家にいるΩ医師の和泉という、敵が現れた2巻。 この刺客に灯里が心まで翻弄され、しかも愛されてる証のマークまで変化が見られて… なんとも、流れはベタなのに、ここまでドラマチックに描かれているのは…やはり巨匠オーラ(何度も言う)の成される術なのだなぁと思いました。 読み終え、本当エロさ満開だし、2人の心の動きも表情に現れてて、もう最高でした! 2巻読めて良かったです! 普通のキスシーンだけでもエロさを感じたい方!オススメです! 続きを読む▼
  • (5.0) 額の薔薇が色っぽい!
    ダダさん 投稿日:2020/7/15
    作者買いですが、やっぱり間違いなかった!発売が決まってからずっと読めるのを楽しみにしていましたが、とても面白かったです。 本作品はαであることを隠している臨時教員の日高先生と、Ωでありながら教師を務める吉田先生のお話。吉田先生がΩの差別も 物ともせず頑張っている姿が素敵でした。生徒に慕われるのも頷けるし、最初はフェロモンが理由だったとは言え日高先生がだんだん惹かれてしまうのも分かるなぁ。藤河先生の作品は、受けが女々しくなくてちゃんと「男」なのに、どこか色っぽいのがとても好みです。そして言わずもがな攻めの日高先生。藤河先生の攻めは、もう文句なしのスパダリなんですよね。日高先生も然り、体格も良くて格好良くて、ちょっとSっぽいけれど実は優しい。日高先生も吉田先生もとても好きなキャラでした。マーキングマークの設定もユニークで面白かったし、吉田先生の額の薔薇、色っぽいし何となく優越感でした!後半、吉田先生が番を作らない理由のタネあかしがちょっとサラッとしていたり、日高先生のお母さんもサラッと引き下がったり、ちょっと後半は軽めかなとも思いますが、それを差し引いても余りある内容で、星5つ付けました。(ちなみに絡みシーンも多く、修正も激甘。文句のつけようがありません!) もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

Ωとして、教師として
営業:ませびー (シーモアスタッフ)
αの体液に反応しΩに〝 愛された印〟が現れるという独自設定を織り込んだ、藤河るり先生の初Ωバース。雄の魅力に溢れた同僚・日高を発情させてしまい、額に大きな印が現れた教師の吉田。差別に負けず教師として凛と生きる吉田と、そんな彼に惚れる日高の大人な恋愛模様が素敵。本能のままの激しいエッチも!。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ