漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

極上コンマスに暴かれる!【電子限定特典付】

通常価格:
709pt/779円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数7件
極上コンマスに暴かれる!【電子限定特典付】(1巻完結)

作品内容

美苑はプロオケの入団面接に落ち続けていた。
そんな時、とある楽団にスカウトされ、嬉しさのあまり勢いでサインしてしまった美苑だが、そこはなんと『麗奏交響楽団』ーー通称イケオケ!!
入団の第一条件はイケメンであること!楽器の技術はそこそこでOK!という、見た目重視の楽団だった。
楽器の演奏を第一に考えたい美苑はモヤモヤとした日々を過ごす中、新人の美苑を気にかけてくれる人気No.1コンマス・田之倉を街中で見かける。
つい後をつけてしまった先で見たものは…!

【電子限定特典】電子限定描きおろし4コマ漫画1Pを収録!

※本作品は単話配信しているものに、加筆修正および描き下ろしを加えたコミックス版です。重複購入にご注意ください。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

極上コンマスに暴かれる!【電子限定特典付】のレビュー

平均評価:3.9 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ラブきゅん
    あいさん 投稿日:2020/10/8
    主人公が可愛かった!なんか色々気になっていつの間にか好きになっちゃって。分かるっ。コンマスも押しが凄い!、最後の方はラブキュンで、ストーリーが重くないから読後感はほんわか癒された感じです。

高評価レビュー

  • (5.0) 楽しすぎ〜
    ゆんさん 投稿日:2020/10/7
    むちゃくちゃオモロかった!期待してなくて、もしかしたら嫌いな感じかもと思いながら買ったけど、かなり良かった!
  • (4.0) イケメン集団の華麗なるオーケストラ
    ねねさん 投稿日:2020/9/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 コンマスのヴァイオリニスト・田之倉×新人パーカッション・美苑。イケメンであることが第一条件で演奏技術は二の次な麗奏交響楽団で本当の実力を隠している田之倉と、ピアノへの憧れと実力を燻らせている美苑。好きな題材で絵も綺麗なので楽しかったけど、全体的にさらっと軽め。どちらも父の妨害で音楽への情熱を解放しきれなかった二人。美苑のピアノは素晴らしいんだろうけど、趣味の自主練だけじゃ説得力に欠けるので、バーでバイトしてるのは美苑の方がよかった気がする。演奏シーンも短いし。イケオケの設定はなかなか面白かったので、退団しちゃうのちょっと惜しいなあ。演奏技術が上がったならこんなオケもありかも。辞める時がなんとなく後味悪かったので、いっそオーナーはもっと悪くして欲しかった。 続きを読む▼
  • (4.0) 絵がきれい
    ミロボシさん 投稿日:2020/9/28
    試し読みで面白そうだったので購入。絵が好みだしストーリーもいいのですが、ちょっといろいろ浅過ぎです。コンマス田之倉が上手いのに燻ぶっていた背景も美苑がピアノ弾けなかった理由も分かったけど「こんなあっさり解決するんかい!」と若干物足りないし、 プロオケに落ち続けていた人が、いくらパーカッション以上に才能があっても「こっそり」練習してたピアノがCDデビューレベルなの?とか……。いろいろご都合主義に感じてしまった部分もあり。この内容で2冊分くらい、細部を描きこんでくれたらすごく良かったのになぁと思う。 もっとみる▼
  • (4.0) 可愛い
    みなとみなみさん 投稿日:2020/9/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が綺麗です。 受けが素直な感じで可愛いです。攻めはイケメンだけど猫被りです。 続きを読む▼
  • (3.0) イケメンだらけ
    rinさん 投稿日:2020/9/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんとなく読み始めました。 イケメンしかいない、音楽は適当に推し作りは本気でというオーケストラに入団した主人公の話。 コンマスの人と惹かれ合うとこまでの話は、とても読み応えもあっておもしろかった。 両思いになってから、特に初めてエッチする時が余りにもさらっと描いて終わりで、もっとドキドキ感とかウズウズする期待感とかが欲しいなと思い、不完全燃焼感がかなりありました。初体験ならではの描写とか、別にBLだからではなく二人の感情を書いてほしかったなと思います。 その後は手慣れたように何度かエッチしてましたけど、私はその前までの流れと、付き合ってからの流れの早さが違いすぎて、取り残されてる感覚になりました。 でも、全体の話はおもしろいです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ