電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

殺せない殺し屋×盲目の青年

「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
その光景が、今も焼き付いて離れない――…

また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
思いがけず彼と「友達」になることになるが…
一族の呪縛に苦しめられる千夏と
盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 君の夜に触れる(1)

    150pt/165円(税込)

    殺せない殺し屋×盲目の青年

    「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
    殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
    過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
    目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
    その光景が、今も焼き付いて離れない――…

    また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
    目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
    思いがけず彼と「友達」になることになるが…
    一族の呪縛に苦しめられる千夏と
    盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
    暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。
  • 君の夜に触れる(2)

    150pt/165円(税込)

    殺せない殺し屋×盲目の青年

    「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
    殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
    過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
    目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
    その光景が、今も焼き付いて離れない――…

    また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
    目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
    思いがけず彼と「友達」になることになるが…
    一族の呪縛に苦しめられる千夏と
    盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
    暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。
  • 君の夜に触れる(3)

    150pt/165円(税込)

    殺せない殺し屋×盲目の青年

    「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
    殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
    過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
    目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
    その光景が、今も焼き付いて離れない――…

    また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
    目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
    思いがけず彼と「友達」になることになるが…
    一族の呪縛に苦しめられる千夏と
    盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
    暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。
  • 君の夜に触れる(4)

    100pt/110円(税込)

    殺せない殺し屋×盲目の青年

    「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
    殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
    過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
    目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
    その光景が、今も焼き付いて離れない――…

    また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
    目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
    思いがけず彼と「友達」になることになるが…
    一族の呪縛に苦しめられる千夏と
    盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
    暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。
  • 君の夜に触れる(5)

    150pt/165円(税込)

    殺せない殺し屋×盲目の青年

    「本当の俺を知ったら…きっとあんたは失望する」
    殺し屋一家に生まれ、闇の中で生きてきた千夏は
    過去のトラウマから未だ人を殺められずにいた。
    目の前で兄が死んだ時、手を差し伸べてくれた少年。
    その光景が、今も焼き付いて離れない――…

    また同じ悪夢を見た矢先、千夏は偶然あの日の少年・佳澄に再会する。
    目が見えないと話す佳澄を放っておけない千夏は
    思いがけず彼と「友達」になることになるが…
    一族の呪縛に苦しめられる千夏と
    盲目でありながら明るく純粋な佳澄。
    暗闇を生きる二人の孤独を溶かす、救済の物語。

レビュー

君の夜に触れるのレビュー

平均評価:4.9 116件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 綺麗
    あやなさん 投稿日:2022/11/6
    とても綺麗な物語でした! 絵が儚く、美しく書かれていてとても綺麗でした。 今まで救済ものを見たことがなくて、表紙に惹かれて読んでみました。 読んで損は無い、そんな作品です。 この物語は色んな人が読める?と思います。 地雷がある人で も。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 神作品!!
    あいかさん 投稿日:2022/6/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 1話無料版を読んだら一瞬にして心奪われた作品です。一際目を引くのは、絵の美しさと王道とはかけ離れたストーリーでしょうか…。自分のせいで兄が死んだトラウマを持ちながら、殺し屋一族を背負って生きていかねばならない主人公千夏と、盲目の少年佳澄。5年前のあの日出会った二人が運命的に再会します。寂しさや哀しさ、孤独を埋め合うようにお互いが引きつけ合い、惹かれ合う二人がただただ美しい!でもきっと過去と向き合い、現実を見て戦わなきゃいけない時が来ることもわかるから、共に過ごし、居心地良さそうに微笑んでいる姿に、いつまでもこの瞬間が続いてほしいと願わずにはいられません。「救済の物語」とあるからきっと幸せな未来が待っているはず!!どうかハピエンでありますように…。 とにかく圧倒的な世界観にあっという間にのみこまれる本作品!胸が抉られそうになったり、佳澄の笑顔に心が満たされたり、これから何が起こるのか怖く感じたり、強力に惹かれるいくつもの要素が備わっています。まだ3話ですが、本当に素晴らしい作品です!出会えてよかった…。続きを今か今かと待ちながら二人の幸せを願い、この世界観に浸りたいと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 小さな佳澄の清らかで大きな包容力
    すももさん 投稿日:2022/6/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 8/26に最終話読んで、たまらず追記しました。 6月に試し読み後、4話まで即購入し、何回も読み返しています。 始まりから、主人公たちに何かよからぬことが起こるのではないかという不安に引っぱられ、ハラハラしながら読み進めました。 雨の匂い、土の匂い、血の臭い、雨の音、蛙の声、佳澄の柔らかな微笑み、指先に触れる肌の感触、互いの唇の感触…。 視力を失った佳澄の、内側から発光するような純粋さ・千夏を包み込む柔らかな優しさ、そして強さ。 五年前、兄を失ってからずっと闇に囚われていた千夏が、佳澄という光る存在に触れ、前向きに生きていこうとする。 千夏といることで、閉塞され孤独だった世界が広がっていく佳澄。 お互いを守り思いやり、互いの暗闇の中から連れ出してくれる存在になり、愛しい存在へとなっていく。。。 こんなに健気な2人の幸せを願わずにおれません! (※ここから追記)優しい優しい作品でした。最終話、読み進めていくうちに涙がじんわりと。。。 本当に、純文学を読んでいるようでした。大好きです。紙媒体でも欲しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) いろいろなシーンがひたすら尊い
    すいかさん 投稿日:2022/8/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 最終話読了。 余計な音も、余計なセリフも極力抑えて、ひたすら絵の力で心の中を表現している。読んでる最中の没入感。常に佳澄さんの透明感のある表情に引き込まれました。そして、千夏さんの表情も最後にようやく柔らかくなったかな。 静かな部屋で1人で噛み締めて読みたい作品です。 お互い相手に望む事があってもなかなか言い出せなくて、ようやく望みを伝えてからも、「我儘ですか?」って、お互いに言い合ってて、思いやりですね。 そして、絵本の話など、伏線がいろいろあって、読み返す度に発見があります。さらには、最終話でずっと和装だった佳澄さんの洋服姿が見られます。これだけでも最終話の特別感が!凄い満足感に変わります。 2人の気持ちを確認し合う海辺の部分は、ネタバレ無しに読んでみて欲しいです。 絵の美しさも相まって、ほんの一瞬の出来事で涙が溢れます。 この作品は是非紙版で読んでみたいです。 ずっと千夏さんと佳澄さんの世界を見ていたかったです。 もりもより先生、素晴らしい作品をありがとうございました! 続きを読む▼
  • (5.0) 試読したら単行本が出るまで待てなかったー
    まるさん 投稿日:2022/9/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 試し読みしたら、あ〜好き!単行本になるまで待てなかった〜。 この佳澄のなんと儚げで、美しいことか…。普段着で着物に足袋ですよ!それにあの髪型!わしわしってしたいです(笑)。千夏が心惹かれるのは分かります〜。でも、こんなに可愛くて、純粋で、性格がいいのに友達がおらんって、母親に学校に行かせてもらってなかったんだろうか?とか思ってしまいましたよ。私だったら友達になりたいなぁ。絵がとにかく綺麗ですよねー。 千夏の殺し屋設定はちょっと突飛過ぎる気もしますね。千夏の父親が残忍極まりないんですが、そんな父親のもとで育った千夏がひねくれずに心根は優しいんですよねー。この殺し屋一家設定についてはツッコミどころはいろいろあるんですが、それを置いといても千夏と佳澄の繊細で儚げな関係がもう尊いから許しますー。これは、単行本出ますよねー?そしたら、二人のラブラブ(!?)描き下ろしなんかもあるはずですよね?それからどうなったかが是非見たい!単行本出たら、絶対買いたいです!! 続きを読む▼
  • (5.0) 映画のような
    kuyaさん 投稿日:2022/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 殺し屋家業の千夏にとって最悪の日から5年後の邂逅。夢にまでみる何も映していないかのような瞳の少年はカスミだった。老舗旅館の息子でも、視覚障害となったことで孤独でも、明るい方をみつける純粋なカスミに、自身のトラウマと負目と父親からの縛りに居場所をなくしていた千夏は惹かれる。孤独な2人が、ゆっくりと近づいていく様が映画のシーンカットのようで。概要にもあったけれど、互いの癒し、救済になるのだろう。けれど、千夏の置かれている状況が許さないかもしれない予感もあって。3巻までだけど、愛しさと切なさと不穏が混ざりあい、最後まで見逃せない感じがする。絵も綺麗で、音や匂いを感じる描写は、世界に引き込まれる。 追記:5話まで読了。よかった。ホント。きっと解決していない問題はあるから、大変なこともあるだろうけど、2人が支えあえていけるなら… 追追記:紙を買いました。アニメイトの小冊子、最高でした。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

殺せない殺し屋×盲目の青年
(編集者レビュー)
美しいタッチで描かれる、光と闇…期待の新人デビュー作!殺し屋一家に生まれ、幼い頃から暗い世界で生きてきた千夏と老舗旅館の長男ながら、目が見えないせいで身を隠すように育てられた佳澄。孤独を抱えた彼らが出会うことで、お互いの心に光が指してゆきーー。【殺せない殺し屋×盲目の青年】幸せを願わずにはいられない、ふたりの相互救済ラブストーリーをどうぞご堪能ください!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ