電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
■映画「恋い焦れ歌え」
主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全7巻完結

  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(1)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(2)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(3)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(4)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(5)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(6)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ
  • 恋い焦れ歌え~R.I.P.~(7)

    200pt/220円(税込)

    自分が狩られる側なのか、狩る側なのか分からなくなる―。
    身体を売りながら、圧倒的な強さで君臨する孤高のラッパー「KAI」。ある日、恐ろしい事件に襲われた教員・桐谷仁(きりたにひとし)の噂を聞き、異常な執着心を抱きはじめる。仁をシェルターに連行し、傷ついた自尊心を容赦なくラップでえぐる。そして突然キスをし…。
    なぜ仁を追い詰めるのか? 胸に秘めた焦がれるほどの想いとは―。

    仁を主人公とする実写映画が2022年5月27日より全国順次公開。映画では描かれないKAI視点の物語を漫画で届ける。究極のメディアミックス作品。
    ■映画「恋い焦れ歌え」
    主演・桐谷仁役:稲葉友、KAI役:遠藤健慎、原作/監督/脚本:熊坂出、ラップ監修:ハハノシキュウ

レビュー

恋い焦れ歌え~R.I.P.~のレビュー

平均評価:3.7 63件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) もう止めてあげて〜系漫画。単話読みホ対象
    MWさん 投稿日:2022/11/19
    読みホ対象。いま出版社クーポンセールがあって、まだクーポン使える作品でまだ読んでないもの、、と探してるうちに、この作品の単行本版を発見、さらに単話7話完結まで読み放題対象なので、この単話版で読みました。単話版の表紙よりも単行本版表紙の方が手 に取りやすい気がします。映画のアナザーストーリーで原作有りとのこと、映画は未視聴です。 miso先生は「鵺の啼く夜に」ヤクザオメガバものを以前読んでて、暴力描写が濃い作家さんだと覚悟はしてましたが、こちらはそれに輪をかけて痛ましかったです。もう止めてあげて〜と読み辛かった。。行き場のない若者たちの心情を叫ぶラップを絵で表現するという、難しい題材。きっと映画の映像表現ならたとえ詳しくなくとも伝わるものがあると思うのですが、音のない絵の表現だけだとラップ文化?を全く知らない私には難しかったかな。レビューを見ると、ある有名な漫画系の作品とあり、そういわれてみればそうかも。あれも途中でもう止めてあげて〜誰か助けてあげて〜って思いながら読んでましたね。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 異色な作品
    soramameさん 投稿日:2021/11/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 映画化と聞いて気になっていた作品が読み放題で読めました。まだ2話までしか配信がないので評価は悩ましいですが、今後の展開に期待はしています。 miso先生作画ですが原作の方が別ということでどんなお話か気になりましたが、miso先生お得意のダークな雰囲気で無理矢理な描写もあったりして内容ハードです。 ラップの世界で有名なKAI×レ◯プ被害者の桐谷かな? KAIと桐谷にはまだ物語で語られていない何かがありそうな感じです。 KAIも元は狩られる側だったようで、間宮との描写もあったし心に傷を負っているようです。 KAIの心の闇を桐谷が救い出してくれるのか、今後に期待。 完結したので評価を修正しました。(星4→5) 私、こういう作品しんどくて好きです。自分を犠牲にして大切な人を守ったKAIの健気な愛にもう涙が…。 こういうアンダーグラウンドな世界では、何がきっかけで落ちていくかわかりませんね。その名の通り無法地帯。ひとりで戦い続けてきたKAIが心から安らいだあの瞬間をきっとあの世でも忘れないと思います。 よくこんなハードな作品を映画化したな…と思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) 刺激がつよい!!
    あおさん 投稿日:2021/10/9
    作家さん買いです。来春公開される映画の別視点でのお話ということだったのでどういうお話なんだろう?とドキドキしながら1.2話を読んだところかなりパンチが強くて驚きました!ストーリーと絵がぴたっとハマっているのでどのページを読んでも引き込まれま す。 正直イチャラブ系を求めている方やほっこりした作品が好きな方にはあまり向かないかも…と思いますが設定や世界観も、アングラなものが好きな方にはかなり刺さるかと思います! 導入部分の1.2話だったので恋愛とは無縁そうな雰囲気の中でKAIと仁の2人がどう惹かれあっていくのかが気になりました。(そもそも惹かれあうのか…?) miso先生は執着や燃えるような心情の描写がグサグサにくるものが多いので続きがとても楽しみです! もっとみる▼
  • (5.0) 途中でやめず、最期まで観てほしい
    umeboshiさん 投稿日:2022/2/16
    最初の方は暴力描写が多くて気が重くなるかもしれない。でも、心理描写や人が変化する過程の書き方が繊細で見事。回を追うごとにキャラクターの人生が見えてくる感じがする。あと、マンガで表現するのが難しそうなRAPが描かれているのも、この作品の魅力の 一つ。RAPはKAIや先生たちにとって、自分の経験を言語化するものだし、トラウマを負った自分たちを癒やし励まし、仲間を追悼する音楽でもあるってことが伝わってくる。最期まで読みたい漫画! もっとみる▼
  • (5.0) うわぁ。
    カフェラテさん 投稿日:2022/6/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんだろう。勝手に涙が出てきて止まらない。 確かに好き嫌いは別れる作品だと思う。けれどそれでいいと思う。人それぞれ感じ方なんか違うし。 うちは好き。カイくんはきっと救われたと思うな。救いたい、救われたい、カイくんは出来てたよ。最後には好きだって気付けたしね。 けれど、凄く切ないな。抱き合っても涙ながしてる。 遺された方はいつまでも忘れられないと思う。二人で逝くことは出来なかったのかなって思った。。 続きを読む▼
  • (5.0) 読了しました。泣きました。
    Oriさん 投稿日:2021/10/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 主演のファンなので気になって買いました。最後まで読んだのでレビューを更新しました。 最初は痛ましい内容なので、かなりそこで脱落する人も出てくるかなと思ったのですが、話を追うごとにKAIの不器用な優しさと仁の真っ直ぐで綺麗な優しさに触れ、6巻辺りでは泣いてました。恋愛と言うよりかは互いの救いになっているところがとても良いなと思いました。最後のあれは……報われているのでしょうか 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ