漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

ハーレクイン 伯爵家の事情 1巻

通常価格:
500pt/550円(税込)
(4.1) 投稿数20件
ハーレクイン 伯爵家の事情(1巻完結)

作品内容

少年のなりでロス侯爵邸に忍び込んだケイト。妹を傷つけた男を懲らしめるつもりだったが、不測の事態に彼女はいったい…!?

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

ハーレクイン 伯爵家の事情のレビュー

平均評価:4.1 20件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ヘタレ侯爵
    ぶたさんさん 投稿日:2018/10/20
    ケイトは妹ルーシーを孕ませた相手が ロス侯爵だと聞かされ 彼の屋敷に 少年の姿で乗り込み 銃で彼を撃ってしまいます…HQあるあるの筋立てです ロス侯爵ことグレイは イギリス屈指の名門を引き継ぎ ロンドン社交界では多くの女性の憧れの的←←当 然のように 愛 を信じません。 ケイトと出会って 少しずつ心境が変わっていきますが 頑固者ゆえ なかなか認めようとしません 勿論 ハッピーエンドです どうして こんなことで我を張るのでしょうかね……男って 時代や場所を問わず 面倒くさい生き物ですね もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 侯爵の降参
    romance2さん 投稿日:2018/9/3
    頑なだった侯爵の心の扉、愛に振り回される男の姿などは情けないものとして、結婚して女性と睦まじく過ごす友人に対してさえ快く思えなかった彼は、私の子供の頃の演歌の世界の男の様なタイプだ。愛だの恋だの、自分は振り切ってもっと違う頂を目指す、と、敢 えて背を向ける痩せ我慢に滑稽な正当化、そして自己陶酔。女から見れば勇気がないと思われても仕方がない。 ただ、このストーリー、コミカライズで過激描写しないが、実は如何ようにもレディコミ風に出来たろうと思うと、尾形先生の手になったことにホッとする。クオリティが踏み留まった感がある。 意地を張るのは可愛くないと思っている読者も多いみたいだが、魅力に引き摺られそうになってる自分を、躍起にセーブする無駄な頑張りが、この侯爵が降参するときのギャップとしてこの話のメインテーマを形づくる話なので、そこを否定すると、話のコンセプトを覆すことになるだろう。 ゴロつき出身のトムオヤジさんも、彼でなくては女二人だけの館の危なっかしい邸宅の用心棒になれなかったろうし、彼の功績は姉妹の心強い精神的保護者であり、ヤワな白い手袋の似合うガリガリ体型の家の中に籠っていた者では務まらなかった。 我儘が過ぎる妹には、読み手のこちらは何度も腹立たしい思いを味わされたが、もっと悪いタカリ屋が登場していつの間にか矛先が移らされた。 彼は素直でない。 ヒロインも彼に自分の本当の感情は伝えていない。 ある意味ありのまま、自分に素直なのは妹なのだから、このストーリー、まるで、幸せとは素直になった者が手中に出来るもの、と言っているようだ。 何でヒロインにそこまでしてやるのか、と、問われたとき、侯爵は自分で答えを見つけられないので、結婚式の日の直後、舞台がロンドンに変わる直前の109頁のコマがあって説明力が高まったと思う。葛藤するでもない、なんとも自分で解読できないような表情の横顔。 山岸凉子先生が作品「アラベスク」の中で、愛してるときと憎んでるときの顔が一緒だった女の話で表現されていた、何を思っているかを絵で語らせないのに、怒りとも考え中とも見える目に、彼の自分で答えの見つからない複雑な胸中を思った。 クライマックスが、物語冒頭と対を成しており、筋運びも引き締まっている。原作者もまたベテラン作家なのか構成が巧み。浪花節ではなく、膝を折り愛を乞うてザ・HQエンド。 もっとみる▼
  • (5.0) ありがちだけど
    ママさん 投稿日:2018/8/15
    胸がギューッとなる作品でした。ハラハラドキドキ久しぶりに面白いお話でした!
  • (5.0) 尾形先生の作品初めて購入しました
    ミー介さん 投稿日:2017/1/18
    この作品が予想以上によくて、はまってしまい、ほかの作品も続けて購入しました。そのきっかけがこの作品でよかったです。ヒーローの絵は私好みではないんですが、ストーリーがよかったです。
  • (5.0) 固い男と健気な女
    とりコッコさん 投稿日:2011/8/22
    良かったです。私的にとても好みのお話でした 人違いから伯爵家に滞在することになったロス侯爵。伯爵令嬢でありながら使用人のように働き家を守るケイト。 二人は惹かれ合いますが、愛に溺れることは敗北だとケイトを素直に愛そうとしないロス侯爵は 何かと彼女に辛くあたります。 一方ケイトは様々な事件から助けてくれるのに冷たいロス侯爵に感情を振り回され、彼に反発します。 ロス侯爵は何というか、頭のカタい男です 愛したら負けだと思い込み、自分のプライドの高さに自分で身動きがとれなくなっている不器用な人です。 最後の最後にケイトに膝を折るまで、結婚してもずっとそんな調子なのでヤキモキさせられました。 心が通じあったところで終わっていますが、その後は甘々な新婚生活になっていそうです しかしケイトの妹の恋人には驚きました。絶対ひどいヤツだと思っていたので もっとみる▼
  • (4.0) 素敵でした
    あいしーさん 投稿日:2018/8/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 愛は邪魔だと思っているヒーローと、それどころではない純真無垢なしっかり者のヒロイン、中々お互いの思いが通じ会うのに時間がかかっちゃったけど、気づけて、行動できて良かったです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ