マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックリブレビーボーイコミックスDX咲かない花に水やり咲かない花に水やり 下【電子限定かきおろし付】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
咲かない花に水やり 下【電子限定かきおろし付】
2巻完結

咲かない花に水やり 下【電子限定かきおろし付】

629pt/691円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

櫻庭岳人27歳。
異性にだらしなく、女性に追い詰められていた夜、11年ぶりに再会したのは高校生の頃、特別な存在だった浅水 洋だった。
相手に困ることもない。
恋愛が必要だと思ったこともない。
そんな、人にも自分にも向き合ってこなかった櫻庭を、浅水は掻き乱して――?
コミックス描き下ろしと電子限定描き下ろしマンガ1Pを収録!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 咲かない花に水やり 上

    659pt/724円(税込)

    浅水 洋27歳。
    転職のために引っ越してきたマンション。
    お隣さんは、まさかの初恋の相手――高校生の頃に恋をしていた櫻庭岳人だった。
    過去にすれ違った櫻庭と再会し、もう恋はしたくない。掻き乱されたくない。
    そう思っていたはずなのに、どうしても見てしまう、胸が高鳴ってしまう。
    惹かれてしまう心は、止められる――?
    コミックス描き下ろしも収録!
  • 咲かない花に水やり 下【電子限定かきおろし付】

    629pt/691円(税込)

    櫻庭岳人27歳。
    異性にだらしなく、女性に追い詰められていた夜、11年ぶりに再会したのは高校生の頃、特別な存在だった浅水 洋だった。
    相手に困ることもない。
    恋愛が必要だと思ったこともない。
    そんな、人にも自分にも向き合ってこなかった櫻庭を、浅水は掻き乱して――?
    コミックス描き下ろしと電子限定描き下ろしマンガ1Pを収録!

レビュー

咲かない花に水やりのレビュー

平均評価:4.4 199件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 作家買いです
    しんさん 投稿日:2024/1/25
    はぁ本当に先生の絵は綺麗でイケメンと美人は本当に素敵すぎてもうそれだけで満足です!攻めが家庭環境からモダモダしますが…恋人になってからの甘えた感じとか良かった〜

高評価レビュー

  • (5.0) 圧倒的美しさ!表紙だけで熱く語れます!
    COCORONさん 投稿日:2022/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 yoshi先生の絵の美しさ、そして阿賀先生のストーリーなら間違いないと購入しました。 もう表紙からして美しすぎて存在感放ってます。 上巻と下巻で2人がそれぞれ花を持っているので 花言葉を調べたら浅水の持つ赤い薔薇の花言葉が「I love you」。高校1年生の時に櫻庭と目があってすぐに恋に落ちた浅水。でも、その瞬間に『この花(櫻庭)には水をあげても咲かない』と思って、実らない恋だと諦めて恋心は心に秘めてしまうんですよね…ハァ切ない。タイトルも浅水の後ろは水やりの文字だけなので、咲かない花(櫻庭)に愛情を注ぐのが浅水なのですね…しみじみ。 櫻庭の持つ花も気になって花言葉を調べて見たら、紫のフリージアの花言葉は「憧れ」。 うわぁ〜そうきたか! 読んだ後だから鳥肌たつぅ〜。 厳格な家庭環境で育った櫻庭は、男らしく、男はこうあるべきだ。そこから外れることは駄目なんだ。と心が束縛されてしまっているんですよね。綺麗なお城や美しい絵に興味があるのに、男らしくないから恥ずかしいと興味がある事を隠してしまう。 それは男である浅水の事を好きになってしまった事も同じで好きなのに素直になれなくて浅水を傷つけてしまう…。櫻庭が話していたイソップ童話の酸っぱいブドウとキツネの話は櫻庭自身の事を上手く表していますよね。まさに櫻庭がずっと抱いていた感情は「憧れ」。 って表紙だけでこんなにダラダラと書いてしまった…笑。 下巻でその束縛されていた親との電話シーンがあったけど、まだ完全に束縛から解き放たれてはいないので これから親としっかり向き合って、なんなら浅水の事を親に紹介くらいしてもらわないと、こちらとしては 櫻庭の女にだらしなかったところとか知ってるので安心できないのが本音です。 でも表紙の(また表紙の話してる…笑)白い薔薇の花言葉が「永遠の愛」なのできっとこの2人は大丈夫なんでしょうけどね。2人のイチャイチャもっと見たいので番外編あれば絶対買います! あとエチは白抜きだけど、櫻庭が浅水に対して嫉妬して「誰にもされてないことないの?」からのエチはよかったぁ。あーいう嫉妬丸出しでぐいぐい来るの好きです。 yoshi先生の描く裸体は程よく肉付きもあるのでエロい。まさに眼福もののBLでした! 続きを読む▼
  • (5.0) 美が全てを凌駕する!(エグみも好き!)
    kyocaさん 投稿日:2022/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 何度も読み返している大好きな作品です。 圧倒的な「美」があってこそ、このお話が成立する気がします。なのでyoshi先生の美しい絵がこのお話にぴったり合っていると思いました。 いいひととは言い難い登場人物たちとストーリーのエグさを、美が凌駕します。 お互い好みのど真ん中なのに、様々な要因から好きと言えない二人。 攻の櫻庭は家庭環境からジェンダーバイアスがひどく、常に周りの目を気にしています。 受けの浅水はたとえ好きな人であっても嫌なものは嫌!とはっきり言います。 世間に迎合する櫻庭と自分にまっすぐな浅水。性格が正反対なのでなかなか分かり合えません。 元不倫相手やそのパートナーも絡んできますので、苦手な方はご注意ください。 最終的に二人をつなぐのは「美」。美しいものを好きという気持ち。 二人とも素直に好きと伝えられてよかったです!浅水の言う通り好きな人に出会えるのは奇跡だと思います。 下衆なことを言うと、美しい顔と性格が好みって強いな〜最強〜!(下衆下衆) そして櫻庭は浅水を一生大事にしてほしい。でないと今までひどい目に合わせた人々(浅水含む)の怨念が浮かばれません…! 浅水と付き合うことで櫻庭が自分のヤバさを自覚して、昭和的な価値観を令和までアップデートできたのはえらいと思いました。現実にできない人も多いのに…。浅水の想いが報われてよかった。 櫻庭と両親のことも気になるので続編希望です。修羅場を乗り越えて幸せになってほしい…!! あと登場人物全員えぐい性格で、そこがたまらなく良かったです。 登場人物のここがえぐい!メモが2000字を超えてしまったのでここでは割愛しますが、この作品に出てくる完璧じゃない人たちが大好きです! 続きを読む▼
  • (5.0) 尊い
    Hana*さん 投稿日:2022/5/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 発売を今か今かと待っていました。 やっぱり良かったーーー! 高校の同級生だった浅水と櫻庭。 自分の気持ちにまっすぐで差別を嫌い、時に人とぶつかってしまう(好きなものは好き、嫌なことは嫌、がハッキリしている)我が道を行くタイプの浅水。 対して、美しいものが好きなのに親からの価値観の押し付けで「男の子らしくあれ、正しくあれ」と育てられたことや、周りから浮くことを恐れ、本当に好きなことは人に知られないように周りに合わせて自分を騙して生きてきた櫻庭。 BLには「んなことある訳ないだろ!」と思うような突飛な設定や話も多いですが、こちらは実際にこういう人いそう、ありそう、と思えるお話で。 浅水も切ないけど、櫻庭はふつーに可哀想ですよね。 イソップ童話の『酸っぱいぶどうが食べたいキツネ』の話が印象的。 櫻庭は浅水と再会する前は典型的なダメ彼で、プライベートはテキトーになぁなぁに生きてきたのかなぁと。 浅水の元カレの原田もダメ大人だけど悪い人ではなくて。 皆子もいいキャラしてます。顔が浅水に姉弟みたいに似過ぎてるのが気になりますが…わざとでしょうね。 2人の葛藤や悩みや迷いもリアルでとても良かった。 あいかわらず美しい絵と隙のないお話。表紙もとても素敵。花言葉も意味深でよい。 個人的に2巻の表紙のフリージアが好きなので(香りも優しくて素敵!)嬉しかった。 生まれ変わった櫻庭が無自覚に多方面からモテそうで浅水がやきもち焼いて大変そう。 もう少し2人のいちゃいちゃが見たかった気もしますが…そのうち同人誌か何かで出ないかな。期待しています。 このコンビの作品、大好きです。 きっと何度も読み返します。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

感動の大人の初恋BL
広報:扇風機おじさん(シーモアスタッフ)
yoshi先生と阿賀直己先生が描く初恋やり直しストーリー。高校の同級生で同じ出版社に勤める櫻庭と浅水。かつてすれ違った二人は、再び芽生えた気持ちに戸惑いつつも徐々に心を通わせていきます。切ない大人の恋愛を美麗な作画で描き、実らない初恋を咲かない花と表すなど表現の美しさが素敵な作品です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ