マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック新潮社バンチコミックスKANATA蛍火艶夜 単話版蛍火艶夜 単話版第11話―鳴子部隊 第二編―
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

蛍火艶夜 単話版第11話―鳴子部隊 第二編― NEW

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「最近
自分が
頭 狂ってんじゃ
ないかと思うんです」

爆撃された兵舎に代わり、壕を掘って住むことになった鳴子部隊。
敵軍の空襲に耐えながらの作業は忙しなくも過ぎてゆき、
園と鳴子の距離にも徐々に変化が見え始めていた。

そんなある日、前田が次の桜花搭乗員に指名される。
鍵谷が征って以来、しばらく覇気のなかった前田を気に掛ける鳴子。

「…覚悟は
 出来てます」

そう告げる前田に、かける言葉は出てこない。

出撃前夜。

眠りにつけない鳴子は、園を誘い散歩に出かけ――

「最近ココ…
 触ってますか?」

儚く、強く、煌き、散りゆくモノの中で、
理がどこまで人を縛れるだろうか――。

特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、春情の第十一夜。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

  • 蛍火艶夜 単話版第11話―鳴子部隊 第二編―

    200pt/220円(税込)

    「最近
    自分が
    頭 狂ってんじゃ
    ないかと思うんです」

    爆撃された兵舎に代わり、壕を掘って住むことになった鳴子部隊。
    敵軍の空襲に耐えながらの作業は忙しなくも過ぎてゆき、
    園と鳴子の距離にも徐々に変化が見え始めていた。

    そんなある日、前田が次の桜花搭乗員に指名される。
    鍵谷が征って以来、しばらく覇気のなかった前田を気に掛ける鳴子。

    「…覚悟は
     出来てます」

    そう告げる前田に、かける言葉は出てこない。

    出撃前夜。

    眠りにつけない鳴子は、園を誘い散歩に出かけ――

    「最近ココ…
     触ってますか?」

    儚く、強く、煌き、散りゆくモノの中で、
    理がどこまで人を縛れるだろうか――。

    特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、春情の第十一夜。

レビュー

蛍火艶夜 単話版のレビュー

平均評価:4.8 442件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 凄まじい
    nekotarouさん 投稿日:2024/6/23
    なんと形容したら良いのか、凄まじい作品です。ぜひジャンルの枠を超えて評価して頂きたい。戦争の何たるかをここまで端的に美しく表現した作品は他に無いのではないでしょうか。もちろんキャラクターもBL描写も素晴らしいです。

高評価レビュー

  • (5.0) 読後、世界が変わると言っても過言ではない
    やまねさん 投稿日:2023/6/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 賛否両論あるようですが、それは特攻隊でBLだからですか?それだけが理由ならば、残念としか言いようがありません。読み進めて理解を深めるほどに、いかにamase先生が敬意を持って、精神を削って描かれているのかが分かる人には分かるかと思います。あそこまで情感のあるベッドシーンはなかなかお目にかかれません。こんなに美しいBL作品は他にないと胸を張って言えます。登場人物たちの心理描写、表情、仕草、細部に至るまで全てが美しく切なく愛おしいです。 塚本×和さんは読んでいて脳みそが溶けそうになりました。散々悩んだ末に決意し、手探りながらも持てるテクニックを駆使して和さんを抱く塚本の男気、最高です。自身も上り詰めそうになりながら必死に耐える様もリアルで息遣いまで聴こえてきそうでした。 そして、その塚本に身を任せて戸惑いながらも快楽に呑まれていく和さんのなんと甘美なことか!終盤にある塚本と一緒に果てたいという甘い願いが切なくて可愛い。本音は一度と言わず二度三度と抱いて欲しかった。お互いそれを望んでいた。それでも最後の晩を抱くことでなく徹夜で整備する時間に充てた塚本の信念に最期は一度拒んだ『キス』というカタチで応えた和さん。 痺れました。彼らはやはり漢なんだなと。 私は、八木さん×しずまくんが特に好きです。八木さんの荒々しさ、脆さ、煙草を燻らす際の表情たまりません。登場人物の中で最も人間くさく共感できる部分が多かったです。八木さんにとっての信子ちゃんは一つの理由ではあったけど、心の多くは占めていない。八木さんの胸の内にはもっと違うものがあったと思う。他の方のレビューに『立場が彼を作った』とあり本当にその通りだなと感じました。しずまくんは凛々しい眉毛とくりくりお目目に愛嬌たっぷりの立ち居振る舞い、時折見せる物欲しそうで切なげな表情に陰を感じる部分がありそこがまた彼の魅力だと感じました。そんなしずまくんだからこそ、孤独と闘い鎧を纏った八木さんは心を許し惹かれ、共有し、救われる部分が大きかったと感じます。話が進むにつれお互いの中に確かな想いが生まれ、しずまくんの『すき』が溢れてから八木さんが更に熱く濃く強く求めていく姿は息を呑みました。飛び立つ八木さんの表情、涙が止まりませんでした。最後の展開、どうなるのか…。少しでも救いがあればいいな。こんな素晴らしい作品を生み出してくださったamase先生に感謝です。 続きを読む▼
  • (5.0) 購入前の生活に戻れない
    もちもちさん 投稿日:2023/7/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 最近広告でこの漫画を知って、即シーモア会員になって1〜6話まで一気に購入。 性癖のド真ん中にぶっささりすぎて「買わなきゃよかった……」ってくらいハマってしまって、購入から1週間以上たっても1日に何回も何回も見てしまいます。 特に塚本×橋内中尉編が好きすぎて…。 真面目で穏やかで信頼もある橋内中尉、でもピュアで欲求に素直で、鍛え上げられたムチムチボディでどエロくて喘ぎまくるなんて最高すぎる…。 「こ…これだけ頼んでるのに!」って可愛すぎんかぁ…。 頼めばしてもらえるって思ってるこのピュアさ!たまらん…。(多分言わなくても勝手に犯されたことしかないからなのか…) 行為中一度は気色悪い!って拒んだキスも、段々「してほしい…」っておねだり顔になってるのもたまらん…!! おそらく童貞非処女な橋内中尉の、劣情丸出しな濃厚な初めての愛ある体験をたくさん見させてもらって大変満足です!! 最期に自らキスをするところ、いつ見ても体が爆発しそうなくらい尊いです。あと照れながら3回もしたなんて自己申告…可愛すぎんかぁ…。 悲しい結末だけど、塚本くんが大切にしてた軟膏をお守り代わりに持って征けてよかった…。 やぎしずは辛すぎて前編、中編しか見れないです。心身共に元気な時に後編まで読んでます。 襟巻きのエピソードは実在された某大尉を彷彿とさせました。 お気に入りのシーンはたくさんあるのですが、逢瀬を重ねるたびに二人が親密になっていって、しずまくんが八木さんの部屋で好きって気持ちが溢れ出すシーン、しずまくんの気持ちが痛いほど伝わってきてあかんです…。 あと全裸で致してるのもあかん…。どう考えても身も心も繋がってる二人やん…。 結末がどうしても悲しいので、どうか自分の脳内だけでももっと長く幸せを感じてほしいと思って暇があれば二組のことについてすぐ妄想をしてしまいます。 原作では征ってしまわれたけど、私の脳内では二組とも毎日エロいことしながらずっと幸せな生活送ってます! こんな中毒性のある重厚な漫画初めてで、毎日頭から離れなくて人生初の感情に困惑してます。 雨瀬先生もものすごく精神を削りながら執筆されておられると思います。こんな素敵な作品を世に出してくれて心の底から本当に本当にありがとうございます!! ぜひできるところまで描いていただきたいです!ついていきます! 続きを読む▼
  • (5.0) たった1夜から生まれた執念
    うめやまさん 投稿日:2022/8/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 戦時中、記録係(今でいう報道カメラマンなのかな)として軍に従事していた淀野(攻)は特攻隊の田中(受)の事を気に入っていた。ある夜、たまたま風呂の時間に居合わせた淀野は田中の褌姿を見て息を飲むが、その顔を見られ時間を置いて田中にその劣情を指摘されてしまった淀野は、先に戦死した恋仲の男“やぎさん“と関係を暴露され…ー激しい一夜を共にした淀野と田中は、それ以降気まずくなり。ろくに話さぬまま、彼の部隊が移動した数日後、田中の名誉ある死を伝え聞いた。淀野の耳に残る、甘く切なく“やぎさん“を求める声は終戦後も淀野の耳に残り…田中を忘れることができず、否、ファインダー越しに笑いかける田中を抱き戦死した“やぎさん“を見つけるべく足しげく新聞社に頭を下げるのだった。 いや、本当。先生の既刊である倫理は〜を最新刊出る度に見てるんですが、いやもうエロいなぁ…倫理の先生は抱かれる側なのかなとか思いながら見てたんですよ。色気がヤバいじゃないですか、絵柄が。は〜〜…商業BLかかないかなぁ無理だわなとか思ってたらさぁ!ご光臨ですわ…(合掌)未亡人との…未亡人が…寂しくて淀野を利用して旦那を思い出しながら抱かれて、追いかけたくて追いかけたくて特攻隊に志願して見事に最期まで旦那を思って天国に逝ってさぁ……雑誌が違えば転生で幸せにルートか来世で出会って幸せにルートのやぎ×田中の神聖な行為を拝見したいけど?!いやでも間男の淀野…強烈な一夜を永遠に脳に刻まれた故に、何としても“やぎさん“を見つけたいという執念は田中の為なのか、はたまた嫉妬からか。どっちなんかはまだわからないけど、は〜…こりゃ凄いよ。凄いよ。凄くエロかった…田中も淀野に惹かれてたのかな…やぎさんの匂いがしない襟巻き身につけて淀野に抱かれる田中。田中は淀野からの歯形を身に纏って逝ってしまったけど…最期の数瞬、淀野のこと思い出してくれたかな田中…2話も楽しみ…早く淀野と一緒に愛憎に浸りたいね…田中くん、愛してるよ。 追記…2話/和さん…ああ…特攻何度も失敗して無事に帰還してと思ってしまった…相思相愛じゃん…ああ…これが戦争か、だから蛍火艶夜かと思った…最高に良かったけど辛い。7話/たっちゃうのかぁ…始まらない片思い、どうなるのか。8話/掛け合い交じわい最高すぎて…9話/打上げ花火のようだった…10話/鳴子さんが心配だヨォ…11話/兎ちゃん… 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

読めば心がとらわれる
制作:わっきー(シーモアスタッフ)
『ここは今から倫理です。』の雨瀬シオリ先生の初BL!特攻隊の青年・志津摩と写真家・淀野の物語から始まる第二次世界大戦末期の特攻隊員たちの死へと向かう苦悩、激しくも切ない恋を描いたオムニバス作品。目前に迫る死に怯えながらも最後の瞬間まで生きもがこうとするその姿に胸が詰まり、涙が止まりません!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ