マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

蛍火艶夜 単話版第1話―田中志津摩一飛曹―

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「男女の間じゃないと……
本来しない事をしてました」

1945年3月、徳島。

カメラマンの淀野は報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていた。
「若者が憧れるかっこいい兵隊」を撮らねばならぬことはわかっているものの、淀野に懐く、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔についついレンズを向けてしまう。

志津摩の輝きに惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてる淀野。

ある晩。

不意に淀野のもとを訪れた志津摩。
話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が――

「……じゃあ
俺にしてくれますか?」

いけないとはわかっていても、乱れゆく心と身体――。

『ALL OUT!!』『ここは今から倫理です。』の雨瀬シオリが商業BLに初登場!!
特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の第一夜。

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 蛍火艶夜 単話版第1話―田中志津摩一飛曹―

    200pt/220円(税込)

    「男女の間じゃないと……
    本来しない事をしてました」

    1945年3月、徳島。

    カメラマンの淀野は報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていた。
    「若者が憧れるかっこいい兵隊」を撮らねばならぬことはわかっているものの、淀野に懐く、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔についついレンズを向けてしまう。

    志津摩の輝きに惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてる淀野。

    ある晩。

    不意に淀野のもとを訪れた志津摩。
    話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が――

    「……じゃあ
    俺にしてくれますか?」

    いけないとはわかっていても、乱れゆく心と身体――。

    『ALL OUT!!』『ここは今から倫理です。』の雨瀬シオリが商業BLに初登場!!
    特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の第一夜。

レビュー

蛍火艶夜 単話版のレビュー

平均評価:4.8 102件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 取り憑くとはこういう事なのかと
    Anno//さん 投稿日:2022/12/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 フォローしてる方達のレビューで知った作品。表紙の彼の哀しい瞳が怖くて、こんな表情をした特攻兵の物語は重い…と感じてまた、と。 作品の事はすっかり忘れた頃、急遽東京に仕事で行く事になって、移動中SNSをいつもの様に読んでいたら、特攻隊員の遺書をまとめたツイートがニュースと混じって流れてきて。…おかしいなと、SNSは基本時事的なものしかフォローしていないのに…何かと関連したのかな?と。 それから東京に着いて朝SNSを見ると、必ず遺書も流れて。それがまた、心に残る言葉ばかりなんですね。 オフの楽しみは銭湯に行く事と散歩なんですが、ホテルの周辺マップを見たら、靖国神社が徒歩圏内にあって… そしてまたSNSを見ると、やっぱりあるんですね…その日も違う特攻隊員の遺書が。 帰宅したらそれはもう見る事は無く、この作品も忘れたままでしたが、最近フォローしている方が別の戦争ものの作品をレビューされていて、それで、あ そう言えばと、この作品を思い出して読んで見ました。 だけどレビューするのは…うーん…と。そうしたらまたSNSに大日本帝国…botとかいうツイートが流れ出して…(笑)レビューしようと思いました。 人が今日も頑張れるのは、自身の生命力を燃やすからかな?と感じたこの作品。もう少しと、無理して頑張ろうと思う時、自身の生命力を糧に頑張る。それが尽きると人生は終わるのかな…と。 学徒特攻隊員は1番活力溢れる歳に、国の為に死ね、と言われた。この作品は自身の無意識の中でその生命力を短期間で燃やし尽くそうと、そう思った若い兵士達とそれに人生を奪われた男性の物語なのかな?と…そんな風に思いました。 そして、燃え付かされた相手はどうなるのか。その生命力と情念に当てられた淀野の人生はどうなるのか?。 狂い、その後の未来を失ったのかと…取り憑かれたんだなと(それが亡き兵士達の弔いに向けば良かったのですが) 表紙の田中の顎に手をやる相手は、淀野かなと。あの瞳、彼が取り憑かれた瞬間があの表紙なのかなと。 作者の描くそれぞれの表情に人間の欲と業の様なものも感じたこの作品は、読む人によっては当てられる人もいるだらうなと。(例えが古いかもですが、太宰の人間失格の様な…)そんな風に感じた物語でした。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 螢火のような生命の灯が放つ鮮烈な物語
    みりみゆさん 投稿日:2022/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 終戦記念日に刊行された、雨瀬シオリ先生の初商業BL。第二次世界大戦末期の神風特別攻撃隊を舞台にしたオムニバス作品の第一話を過去の戦争を振り返ると共に現在起きている戦争を想起した日に読んだ意味を考えないわけにはいかない気持ちになる、余韻に残る作品だ。 漢と漢の肉感的な交わりのエロスも濃厚で忘れたくても忘れられないほど印象的で凄かった。 完全に読後用のレビューになるので未読の方はご注意を。 従軍カメラマン淀野が惹かれた田中は先に特攻で散ったやぎの未亡人。何が2人の間にあったのか、直接の描写はないけれど、淀野との間の出来事からすると、先にやぎが田中をリードして始まった関係なのだろう。いずれ散る生命。その刹那に刻み込まれた想いや重みはどれほどなのだろう…想像すると胸が苦しくなる。 先にやぎが逝き、後を追い特攻を志願する田中の胸中は気持ちをやぎに持っていかれた、取り残された者として本来あるべきところに行くという心境だったのでは。 田中は、淀野の眼差しから欲望の匂いを嗅ぎ取り、やぎとの関係を打ち明け、やぎの代わりに田中を抱くことを求める…生命の灯がいつか消えることが分かっているからこそ鮮烈な印象に残るシーンで、気持ちはやぎにありながら身を預ける田中の肉感がもたらすエロスたるや。 田中も逝った後、残された淀野は田中と過ごした鮮烈な一夜にとらわれ続け、黒いえり巻をした「やぎ」の顔を見たいという執念に取り憑かれて、残りの人生を費やす…という戦後の描写。戦後なのに戦時下の特異な状況で起きた一夜に最も生きた実感を感じた者の終わらない戦後とその仄暗い感情にゾクリとする。 なぜ淀野は「やぎ」の顔を見ることにとらわれたのか。 完全な想像で違うかもしれないのだが、淀野は耳元で聞いたやぎの名前を呼ぶ田中の声が忘れられず、自分の気持ちを持っていった田中を連れていったやぎ…いわば、田中に執着する今の自分を作り出した大元となる人物に対する嫉みが生きる原動力になる中、やぎがどのような人間なのかを暴くまでは死ねないという執念からだろうか。 表紙の上目遣いをしている田中に手を差し伸べているのはやぎで、やぎが黒いマフラーを形見に残したシーンなのか。それとも淀野が夢想した田中の姿なのか。 一話目からこの余韻と重み。人間の仄暗い内面を抉り取る力に脱帽です。 続きを読む▼
  • (5.0) たった1夜から生まれた執念
    うめやまさん 投稿日:2022/8/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 戦時中、記録係(今でいう報道カメラマンなのかな)として軍に従事していた淀野(攻)は特攻隊の田中(受)の事を気に入っていた。ある夜、たまたま風呂の時間に居合わせた淀野は田中の褌姿を見て息を飲むが、その顔を見られ時間を置いて田中にその劣情を指摘されてしまった淀野は、先に戦死した恋仲の男“やぎさん“と関係を暴露され…ー激しい一夜を共にした淀野と田中は、それ以降気まずくなり。ろくに話さぬまま、彼の部隊が移動した数日後、田中の名誉ある死を伝え聞いた。淀野の耳に残る、甘く切なく“やぎさん“を求める声は終戦後も淀野の耳に残り…田中を忘れることができず、否、ファインダー越しに笑いかける田中を抱き戦死した“やぎさん“を見つけるべく足しげく新聞社に頭を下げるのだった。 …………………………いや、本当。先生の既刊である倫理は〜を最新刊出る度に見てるんですが、いやもうエロいなぁ…倫理の先生は抱かれる側なのかなとか思いながら見てたんですよ。色気がヤバいじゃないですか、絵柄が。は〜〜…商業BLかかないかなぁ無理だわなとか思ってたらさぁ!!!!!!!!!!!!ご光臨ですわ…(合掌)未亡人との…未亡人が…寂しくて淀野を利用して旦那を思い出しながら抱かれて、追いかけたくて追いかけたくて特攻隊に志願して見事に最期まで旦那を思って天国に逝ってさぁ……雑誌が違えば転生で幸せにルートか来世で出会って幸せにルートのやぎ×田中の神聖な行為を拝見したいけど?!!!!!!!!いやでも間男の淀野…強烈な一夜を永遠に脳に刻まれた故に、何としても“やぎさん“を見つけたいという執念は田中の為なのか、はたまた嫉妬からか。どっちなんかはまだわからないけど、は〜〜〜〜………こりゃ凄いよ。凄いよ。凄くエロかった…田中も淀野に惹かれてたのかな…やぎさんの匂いがしない襟巻き身につけて淀野に抱かれる田中。田中は淀野からの歯形を身に纏って逝ってしまったけど……最期の数瞬、淀野のこと思い出してくれたかな田中………2話も楽しみ…早く淀野と一緒に愛憎に浸りたいね…田中くん、愛してるよ。 続きを読む▼
  • (5.0) この劣情を読んで欲しい
    水玉さん 投稿日:2022/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 「雨瀬先生のBLですって?!」 新刊通知に目をみはりました。 しかも8月15日というタイミング。 骨太な先生の意志を感じ、購入したのはいいものの15日に開く勇気がありませんでした。 既に気圧されたってことです。 ※できればネタバレなしの予備知識なしで頭のてっぺんまで浸かって欲しい※※ 〜ここからネタバレになりますのでご注意を〜 目を引く田中一飛曹が首に巻くのは黒のえりまき。愛国心の白ではなく愛する人の香り。 特攻隊と言えば愛国心に身を投じた青年たちであろう中に恋慕の情から征くと決めた彼に恋してしまう従軍カメラマン。 生と死の狭間で湧き上がる劣情がとてもイン靡に燃え上がります。 田中一飛曹の出口のない劣情が浅ましくもありこの上なく悲しく辛いけれども瀕死なのだと恋しい彼を呼ぶセリフで痛感します。 その後、強烈な生死の劣情に晒されたカメラマンの日々が長い時間をかけ蝕まれていきます。細胞ひとつひとつにあの苛烈な体験が染み渡ってしまったのだろうと想像に難くない。 40ページ強で、この重厚さ。 BLにすごい作品が出てきた。 これが、オムニバスの第1夜ですと...。 これからこの蛍たちを間違いなく追い続けるのですが、もしも単行本になったとしたら私には強靭な精神力が必要となることまちがいないです。 作品が目に止まったらファンタジーとは言えないBLを手に取ってみるのもいいかもしれない。 続きを読む▼
  • (5.0) ★今1番オススメしたい作品。
    M2さん 投稿日:2022/8/16
    すごい作品に出会ってしまった…。大当たりです。 新刊通知を見ていたら目に止まった、艶かしい視線の青年。 彼は一体誰を見ているのだろう。 彼をこんな表情にさせるのは一体どんな人間だろう。 そんなことが気になって、読み始めました。 『ここは今から倫理です。』の雨瀬先生が手がける初の商業BL作品。 1945年3月徳島が舞台。特攻隊の青年と従軍カメラマンが1話目の登場人物。オムニバス形式で続いていくようです。1話は全41頁。 もしこの表紙が気になったら絶対に読んでください。 いや、気にならなくても読んでほしい。迷ったら買うが正解。 ここまでオススメしたい作品は久しぶりです。フラットな状態で情報を入れずに読んでいただきたいので、レビューが難しい。でも沢山の方のレビューを読んで、受け取ったものを覗いてみたい。そんな作品です。 戦争がもたらす狂気の中で、消えない想いが数多あり、明日ないかもしれない命だからこそ、その純度も深度も深く濃かったのだろう。そして、その中でまた別の狂気も生まれる。ぞくりとした。形のない想いは時に深い影を心に落とす。黒い襟巻きは喪章のように見えて。 彼らの戦争は一体いつ終わるのだろう。 あらすじも読まずに、どうぞ。 ものすごい作品でした。続きがめちゃくちゃ楽しみです。 修正は白抜き。 もっとみる▼
  • (5.0) うわぁぁ〜〜これは凄い!!
    COCORONさん 投稿日:2022/8/29
    少し前にフォロー様が絶賛されていたので凄く気になっていた作品。試し読みしたけど短かすぎて正直よくわからなかったのと、絵のタッチがあまり好きじゃなかった事もあり、カートに入れたままになってました…。 ようやく今日になって購入してみたんですけ ど読んでる途中から…あっこれは凄い、なんじゃこりゃっ!!ってなりました!! 本当に私馬鹿ですね…。こんな神作を読まないでいたなんて。200ptでこんな凄いの読めるのになんでフォロー様のおすすめにしたがってすぐに購入しなかったんだろう…本当に馬鹿だぁ…(2回目) しかも読んで見たら試し読みの時に気になった絵のタッチも凄く癖になってハマる…好き!! あとシズマ君が凄く魅力的なキャラで、普段は笑顔のかわいい好青年なのに、時おり妖艶さが漏れちゃってます。表紙の顎くいされて照れてるあの表情も堪らんです!! ネタバレせず読んでほしいので、内容は割愛しますが 私のように購入躊躇されている方がいたら、騙されたと思って購入して欲しいです。間違いなくお値段以上です! ヤギくんの存在が気になるので第2話はヤギくんとシズマくんの出逢い編とかだと嬉しいな。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ