マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック新潮社バンチコミックスKANATA蛍火艶夜蛍火艶夜 上巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
蛍火艶夜 上巻
1巻配信中

蛍火艶夜 上巻

810pt/891円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

反芻者続出の話題作。待望の単行本化!
大ボリューム本編212Pに加え特別描き下ろし16Pを収録。

「このえり巻
先に特攻で逝った人から貰ったんです」

1945年3月、徳島。

報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていたカメラマンの淀野は、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔に惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてしまう。

ある晩。

不意に淀野のもとを訪れた志津摩。
話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が――。(『田中志津摩一飛曹編』)
時は第二次世界大戦末期。苛烈な争いのなか、國の為、自らの命を武器に闘うべく募られた特別部隊。“神風特別攻撃隊”――……。
焦燥、憧憬、苦慮、希望、そして慕情。

生命の灯が揺らぐ日常で、魂をぶつけあう漢たちの秘められた夜6編に加え、
特別描き下ろしを1編収録。

濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の上巻。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 蛍火艶夜 上巻

    810pt/891円(税込)

    反芻者続出の話題作。待望の単行本化!
    大ボリューム本編212Pに加え特別描き下ろし16Pを収録。

    「このえり巻
    先に特攻で逝った人から貰ったんです」

    1945年3月、徳島。

    報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていたカメラマンの淀野は、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔に惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてしまう。

    ある晩。

    不意に淀野のもとを訪れた志津摩。
    話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が――。(『田中志津摩一飛曹編』)
    時は第二次世界大戦末期。苛烈な争いのなか、國の為、自らの命を武器に闘うべく募られた特別部隊。“神風特別攻撃隊”――……。
    焦燥、憧憬、苦慮、希望、そして慕情。

    生命の灯が揺らぐ日常で、魂をぶつけあう漢たちの秘められた夜6編に加え、
    特別描き下ろしを1編収録。

    濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の上巻。

レビュー

蛍火艶夜のレビュー

平均評価:4.9 119件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 鳥肌が立ちました
    ぬこさん 投稿日:2024/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 第6話の次のページで鳥肌が立ち、止まりませんでした。ぁあ、、、と声から出てしまうくらい苦しい感情になり、それと同時に本当にこんなこともあったのかもしれないなと思うと涙が出てきました。 BL漫画でこんな感情になるのは初めてです。 読むのが非常に辛いけど、もっと読みたくもなります。すごい、、、。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 苦しい
    たまごさん 投稿日:2023/10/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 一言、苦しいです。 最後まで読んだ後の1話目のしずまくんの「会いたい」の言葉と表情が本当にしんどくて…飲み込めずにずっと喉元になにかが引っかかっているようで苦しいです。一番最後のページの、ゼロ機の羽で寝転がって笑う2人を見返しては眠れない夜を過ごしています。田中呼びだったのがしずま呼びになったところとか、八木さんのしずまくんを見る目が優しくなっていくところとか、ああ…八木さん、しずまくん…。 塚本と和さんのifを読んだ後のキスシーンもずっと反芻していますがいまだ消化できていません。和さんの最期にしては飄々とした雰囲気、儚いなぁ。散る、という言葉はなんと美しく残酷なのか。 八木さんと和さん、どちらの話でもお互いがチラッと写っていたり、原少尉が出てきたりと2つの物語の関連を考えたりするとこれまたリアルで寝られなくなります。 話はコミカルなシーンもありクスッと笑えるのですがふと彼らの境遇を考えると胸を押さえつけられ涙が出てきます。上巻ということに救われている反面、なぜ発売してすぐ出会ってしまったのだろうか、とも。下巻が出るまでずっと苦しいままかもしれません。良いBLみつけた〜!と普段友達におすすめするドえろいBLとまた違う、なんかBLのジャンルでいいの?とも思う衝撃的な作品です。めちゃくちゃ苦しいけど、絶対絶対買って良かった。みんなまとめてすくわれろ!! 続きを読む▼
  • (5.0) うわー!泣いた!(注意:ネタバレあります)
    れいさん 投稿日:2024/4/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 気になっていた買ってあったのですが、時代と特攻隊という話と 絵が独特でずっと本棚の中で積読して読んでいませんでした。特に1話はおじさん(?)攻めで、個人的に苦手だったので……。でも、読んだらめっっっっっちゃよかったです! 男色が精神の病気と言われてた時代なので「病気」とか 後書きのIFで「治らなかった」とかでてきて、ただの美談ではなくちゃんと書かれていてよかったです。可愛がりとかも知ってはいましたが、優しく抱かれた橋内さんよかったですね。2話目の橋内さんのところで最後泣きました。しずまくんの想い人の八木さんも気になっていたのですが、それを追いかけた記者さん(淀野)を最後待っていたのは「とられた」「探さなきゃよかった」ってのがあってめちゃくちゃ味がある作品でした。とくに「とられた」の言葉が大変良かったです。 22年かけて「八木」を探した結果がそれだったとは、亡くなったはずの(最後までしずまくんの心にあった)「しずまの相手」に取り憑かれていましたね。その後も生きるからもちろん遺される方にいろいろあるのはわかりますが、遺された二人共が結局こころの中にずっとしずまくんがいて、(戦争を体験すると精神に異常をきたす人もいるというのを見ましたしそういう感じも相まって)、しずまくんの人間性・八木さん記者さんの性格と戦争が上手くマッチしていたように思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 個人的に過去最高作品と言えます。
    s&w357mさん 投稿日:2023/9/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 イチャラブ、甘々、アホエロ、ハピエンが好みな人は絶対見るべきではないですが個人的には最高でした… 絵柄は好き嫌いかなりはっきり分かれると思いますがトーンキラキラデジタル!みたいな画風よりも呪ーー戦系のガシガシ描きます!なタッチが好きなので私は特に問題なかったです。 すごく失礼ですがBLって男同士でエロければOKみたいな感じでストーリー性が薄かったりちょっとそれはないでしょみたいなキャラクターの心理状態無視したただのエロ本とかしてる作品すごくあると思うんです。 ただこちらはストーリーがものすごく良くてエロ抜きにしても非常に読み応えがありました。 特攻隊ってなかなか選びにくい題材だと思うのですが先生とってもお上手です…本当切ないです 私はメリバ、心中系など心で繋がってれば生死問わない感じが割と好きなので余計にそう思うのかもしれませんが… とにかくしずまくんが健気で健気で…大好きです。 八木さんはとても弱い人なのでこうなるべくしてなったんだろうな、とラストの展開も非常にリアルでした。 そんな八木さんもしずまくんに対して申し訳ないという気持ちでしずまくんからずっと逃げ続けていても確実にしずまくんに囚われいてくれて嬉しかったです。 淀野さんも虜にさせてますし罪な子… 続きを読む▼
  • (5.0) 苦しい…
    あささん 投稿日:2023/8/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 特攻隊のBLがあるなんて...と思いながら とある映画がきっかけで特攻隊に興味を持ち零戦などの資料をかき集めたり特攻隊に選ばれた彼らに着いて調べたりしていて決して忘れては行けない下手に手を出しては行けないような気が勝手にしていたけど なんせ腐女子である以上読みたいけどほんとに手を出していいのか...と葛藤しながらついに手を出してしまいました。 後悔はありません BL要素をなしにしてもリアルできっと彼らは恐怖と戦い己の感情を押さえ込んでたんだろうなと読んでいて涙が止まりませんでした。 エロシーンでも彼らの複雑な感情を思うと涙が止まらず読みながらifの世界をつい想像してしまいました。 この幸せが彼らにずっと続いてくれたらと 作者様のコメントを読んで本当に難しい題材を彼らの心境がどストライクに伝わる表現で描いて下さり感謝と きっと特攻隊の日本の歴史に興味を持てなかった方々にも興味を持ちここらでも戦争で若い命が強制的に終わらせられた悲しみを伝わるのはいい機会だとも思いました。 下巻も立派な彼らの活躍を拝見できる日を待ち望んでいます。 応援しています 続きを読む▼
  • (5.0) バカ切ねぇ
    愛音さん 投稿日:2024/2/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は「今からここは倫理です」の作者さんだって?!くらいのテンションで買いました。それにBLで戦争真っ只中っていうもの中々に珍しいのでどういうものなんだろうと思いました。でも本を開けてみるとなんとびっくりめっちゃくちゃ切ないじゃないか!ものすんごい切ないです。最初は記者と少年の話から始まり次に中佐と兵の物語最後にその少年ともう1人の中佐との物語。というふうに大体なっています。その3つの話全部切ないです。もう一度言います切ないです!!特に2つ目の話が個人的にはすごい性癖だったんですけど、それもまぁ切ない泣きそうになりました。というか泣きました。切ないものとか甘いなぁーってものなんだか通じ合ってるなーっていうものがこの本には詰まってます。戦争のBLを見た事がない人だったり、そもそも昭和のBL見た事ないっていう人にはすごいおすすめです。戦争の生々しい描写はなく、でも文字での描写はあります。それだけです。 切ないもの、昭和BLが好きな人にオススメです。下巻も楽しみにしています。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

命燃え尽きる間際の恋
編集:鋼女(シーモアスタッフ)
特攻隊員の志津摩と一夜の関係を持った写真家の淀野。志津摩が明かした八木という隊員への想いに、嫉妬で狂う淀野のその後に震えます。そして死が目前に近づいた八木と志津摩の暴力的な交わりは哀しくも愛おしい…。彼らの濃厚すぎる激情と劣情が交差する、amase先生の究極の逸品。各所で話題の衝撃作です!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ