マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックリバース天官賜福【タテヨミ】天官賜福(42)【タテヨミ】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  87巻まで配信中!

  • 天官賜福(40)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(41)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(42)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(43)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(44)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(45)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(46)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(47)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(48)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(49)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
アニメ化

「天官賜福 貮」

【声の出演】

謝憐:鄧宥希 / 花城:馬正陽 / 霊文:黄鶯 / 君吾:宝木中陽

【スタッフ情報】

原作:墨香銅臭

【関連リンク】

公式サイト「天官賜福 貮」

レビュー

天官賜福【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.7 294件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 絵が綺麗すぎる!!
    おかかさん 投稿日:2024/7/17
    アニメも最高だけど、より繊細な絵でさらにいい!小説やアニメを見てから読んだ方がよりストーリーについて深く知れると思う!

高評価レビュー

  • (5.0) 絵が綺麗すぎる
    虹緒さん 投稿日:2024/3/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 原作は中国の小説のようです。絵が大変綺麗でテンポよく読めます。 また、読みやすく翻訳してくださって感謝しております。 最初は中国版陰陽師的なものかと思いましたが違いました。 絵が綺麗すぎて途中まで気づかなかったけど途中からの違和感にジャンルを確認したらBL作品でした。 あくまで71話まで読んだ感想・考察なので解釈違いがあったらすみません。 これまでの話をざっくりまとめると鬼王に好かれた神様の話かな? 0話目から緻密で繊細な伏線だらけで、些細なセリフや背景描写が伏線の可能性大! 0話序盤の城楼から落下した子供=後の三郎(花城(血雨探花)) 1話目の蝶との遭遇直後に自分の元部下の部下2名と合流。2名には若干わだかまりがありつつも太子のお手伝いをしてくれそう。 ※蝶は死者の魂を乗せており、羽の柄は着物の柄に似ていることもある。白系は先祖や縁のある人物である←この伝承を失念しておりました。 2話序盤で南風の上司である南陽将軍の廟に行きますが、そこでの南風の行動に違和感(自分の上司のお供え物勝手に食べていいの?もしかしてご本人変装してるのか?)中盤部下二人はお互いに変装していることを察知したかな? 3話序盤からほんのりホラー展開からの太子嫁入りしてる!手を引いているのは花城? 4話終盤で転んだ太子を起こしてる南風=南陽将軍の確信(もしかして太子も気が付いたのでは?) 5話序盤から濃厚ホラー展開!凶屍(キョンシー)とか出てきちゃうしなんかほのかに漂う昼ドラフレーバー絵が大変美しいので怖いんだけど怖すぎることなく上手くぼかしてくれてる!謝謝! 6話ホラー+完全に昼ドラ展開!重い!!今後の展開にも影響しそう 7話で太子の過去が大変気になります。2回も下界に落とされた理由は何だろう 8話序盤の太子の一言『全部宣姫の罪にする』に7話の疑問に対する推測として太子は誰かの罪を1人で被ったのでは? 中盤の霊文の話をまとめると血雨探花の正体は周囲からいじめられて育ち最愛の人(生きる意味)をなくしてしまった少年兵では?(飛翔後自ら下界に落ちた神官かもしれないけど大使と同じように呪?) 黒水沈舟=水師と何か関係ありそう(伏線の可能性あり?) 文字数制限があるのでまた更新したいと思います。 正直に言おう!沼だ! 続きを読む▼
  • (5.0) 是非小説やアニメを履修してから読んで!
    LUNAさん 投稿日:2023/6/24
    どうも、小説から沼った勢です。 普段は小説の漫画化・アニメ化は話が端折られたり絵が好みじゃなかったりで避けているのですが、天官賜福日本語版小説は挿絵がなく、表紙以外から絵として作品の世界観を捉える事ができないことを非常に残念に思っていた中 、作品にマッチしまくりな、作画のクォリティがハチャメチャに高い漫画版の配信を知り大興奮でとびつきました!(アニメは上記理由で未履修) 数々の名場面が色鮮やかに再現されていてひたすら感激っっ!!!! フルカラーでこのクォリティでこの値段で読めていいの…?ちゃんと作者に対価行ってる…?って心配になるくらい良い。 絵が美麗すぎて不細工設定のキャラですら美しくて全体的に顔面偏差値が高すぎる!(笑) 難点をいえば、小説やアニメ履修済みじゃないと世界観が奥深すぎて話の流れが汲み取れないかも。 アニメだけ履修済みだと、どうやら話の流れが小説沿いなので少し違和感かも。 小説のみ履修済みだと、話が端折られている部分や翻訳がイマイチなところがあるので歯がゆいかも。 あと、マイナス評価つけてる方は私も今までがそうだったので原作が大大大好きだからこそ「これじゃない感」を感じて悲しくなるのはすーっごくわかるのですが、尺の問題もあるし、どうしても他者の感性が入るので二次作品に原作同等の表現力を求めないほうが心が穏やかにいられますよ。 そもそも墨香銅臭先生の文才が神すぎるので事細かに他の媒体に落とし込むのが特に難しい作品ではなかろうか…。 話の展開は小説がぶっちぎり一番なのでひとまず置いといて、漫画ならば造形や色彩、アニメなら声色や挿入歌など自分の中で原作のイメージを豊かにする一つの要素として取り込んで楽しむのが吉かと。 そんな訳で、個人的にオススメなこの漫画の読み方は、「小説を読んでから挿絵として補完するつもりで漫画を読む」です!! まじで!!小説が良すぎるので!!(日本語版はまだ未完ですが)全人類読んで!!なんなら同作者の「魔道祖師」(こっちは完結済み)も読んで!!!!!! もっとみる▼
  • (5.0) アニメより入り込み心もろとも奪われました
    tomoさん 投稿日:2023/12/31
    アニメで 絵がとても綺麗で 好みでみてみたら あれよあれよで 何度も何度も何度もわからないくらい見返しました。 動画配信もほぼ朝まで、昼間もひたすらループしているここ5日程です。 BLがとかそういうのも恥ずかしながら 全くわからない私です が、 綺麗で 儚げで 切なくて 可愛くて  キャラクターこ心の通わせ方とか 思いやる心など 私には切なくて どこか寂しげで 詰まる気持ちもあり涙も出てしまうのですが、 ひとときのやりとりが ほわぁとあたたかくなります。 永きにわたらようやく触れる事ができるおかたへの気持ち 小さな頃からの想い  繊細な気持ちのおきかたに心打たれてます。 アニメの絵タッチが一番タイプですが、漫画も風景や建物、衣服など、とても綺麗な描き方でクオリティのお陰でこ吸い込まれました。 アニメも 漫画も ファンの方の動画系や拡張系も  素晴らしく 世界のファンの方と話したくなる程です。 漫画も サントラを流しながら8時間ぶっ通しで完読致しました。 夜が朝になり本嫌いだった人間が本の鬼のように読んだ感です。 読み終わりと同時に雨が降ってきたのがまた血雨探花、花城、三、紅紅孤児、感慨深い。 漫画で刺青の部分や湾刀などの表情。深すぎて涙もろい私には、なみだなみだで、でも笑もキャラクター使いの強弱も入り張り詰め過ぎないで読み切る事ができました。 作者の作品は小説版を読み終えたらまたみたいと思いました。 ブロマンスという方がたしかに合っているのかなぁとも思いましたが、片方は実は女性というバージョンも個人的には有りで、時折そう見えたり、三が女性的に感じる繊細な感じも素敵でした。あどけない三も 照れでパタパタする謝隣も 可愛かった。 何を書いてるのか…と私の心も乱されてます。 幅広い意味で 美しくあたたかい作品なのでお勧めですね。 共感できる人がまわりにあまりいないのが残念ですが、 それもありうずうずとしてしまい思わずレビュー書いてしまいました(。) 小説で年越しします☆ もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

天界を目指す古代中国の少年太子の修行譚
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
時代は今から800万年前。古代中国の仙楽国に、謝憐(シエリェン)という少年の太子がいました。謝憐は多くの功績を残し、17歳にして天界へ飛翔。しかし、3年後に天界から追放されてしまいます。それから長い年月が経ち、謝憐は再度天界を目指すことに。美麗な画風なうえに1ページのコマ割りが少なく、まるでカラーイラスト集のような作品。しかも、謝憐は女性と見間違うような超絶美少年なので、どのページもじっくり眺めたくなります。また、登場人物のちびキャラ化も見どころ。カッコよさとかわいいのギャップにハマっちゃう人続出です。テーマが人助けなのでストーリーも分かりやすく、アニメを観ていない人でもすぐに世界観をつかめます。原作は墨香銅臭先生、作画はSTARember先生、脚色は白夢社です。日本語版がリバースから発刊されており、アニメ版とは違った作画なので、アニメ履修済みの方もぜひ読んでみて!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ