漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

悪女の鑑2 Vol.1

通常価格:
400pt/440円(税込)
(4.0) 投稿数4件
悪女の鑑(2巻完結)

作品内容

女優・野崎祥子。小学生の時からTV出演、学園ドラマでアイドルになる。セックスをしたかったが、女優としての価値を落とすことを怖れ、アクション・スター高樹真也との結婚まで処女だった。良い妻の役割が自分のイメージだと認識して、夫の浮気に堪え、女優の価値を下げない状況で離婚をする。宿命を演じきる、私は女優…。「女優」他に「カウンターの距離」「ヤンキー」「流されて」「じゃぱゆき」「つぐない」「パチンコを打つ女」「変身」「そして朝を迎えた」「モミの木のある家」を収録。

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

悪女の鑑のレビュー

平均評価:4.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 悪女って
    みぽさん 投稿日:2015/8/10
    何を持ってそう定義するか、これを読んでるとわからなくなりますね。計算高いわけではなく、意図せず人から悪女と呼ばれてしまうことも多いのかなと。 多少ダークな感じでも短編集なので読みやすいです。
  • (5.0) タイトルとは
    ケンケンスキさん 投稿日:2009/9/21
    違い、夜の世界で働く女性の心温まる話でした。 悪女から、ドロドロ系の話を期待したのですが、これはこれで陽の当たらない女性が信念や夢を持っていて、共感できたし、好感が持てました。
  • (4.0) 悪女?
    テレビさん 投稿日:2008/11/11
    意図せずそう呼ばれてしまう女性たちは、ただただ自分の気持ちに素直に、愛する人のために生きている人がほとんどです。"悪女"を見る目が少なからず変わる作品です
▲ページTOPへ