漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

恋をしましょう

通常価格:
562pt/618円(税込)
(4.1) 投稿数9件
恋をしましょう(1巻完結)

作品内容

仕事には妥協ナシ、しかしオトコ関係は手当たり次第…そんな優秀&C調な経営コンサルタントの小林がやって来たのは、中央火災への吸収合併を目前に控えた西部損害保険。おのれの任務を的確にこなしつつ、いつも通り社内の目ぼしいターゲットを物色するのだったが、そんな彼が心うばわれてしまったのは、こともあろうにいつもなら完全範疇外な哀愁の中年管理職・荒木部長。自分自身の心にとまどいながらも、小林は合併事業に並々ならぬ熱意をもって取り組む荒木のパートナーとして激務の日々を送る…。そして遂に全てが完了した時、果たして自らの席に荒木の姿はなかった――。ありふれた横顔に抑えようのない熱情を秘めて…ワン&オンリーな生身の男たちの息吹を描き続ける稀代のストーリーテラー・西田東、待望の麗人セレクション第3弾!!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

恋をしましょうのレビュー

平均評価:4.1 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 短編集
    むにさん 投稿日:2019/4/14
    西田さんの作品を読むのは17冊目。 女気が微塵もない、仕事をしている大人の男たちがよくて、 けっこう好きなのですが、 この作品は最後まで読むのがキツかった。 比較的キャラが似てるので、それが短編で6作品も続くとお腹いっぱいに... やっぱり長編の方がいいです。 (私は「願い叶えたまえ」がイチオシ。) 総218ページ。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 西田東さん、最高ですわー
    AshNYさん 投稿日:2015/11/21
    短編集。普段あまり短編集で満足する事はないんですが、さすが西田東さん。すべて面白かったし、読み応えあり、感動もある。こんなに短い長さなのに、しっかり詰め込まれてるんですよね。本当すごいと思います。 中でも好きだったのは「胸いっぱいの」と「 連れていってくれ」かな。重いテーマでありながら、中途半端になってなくて、きっちりしっかり書かれてる。「胸いっぱいの」のピエロが誰なのかはまったく書かれてないし、正解は解らないけど、絶対彼ですよね。そういう感じ、好きです。「連れていってくれ」の最後は泣きそうになりました。 他の話でもそうですけど「説明はないけど解る」的な所がいっぱいあって、それがすっごく良くて、で西田さんのギャグがあったかくて、もぅ最高です。 西田東さん、最高! もっとみる▼
  • (5.0) コミカルとシリアスとの
    なつきさん 投稿日:2015/8/23
    短編集。中年達が戸惑いながら、不器用ながらも自分の気持ちを相手に伝える描写が西田東さんならでは。おっさんが描かれているのに、なぜか色っぽい。
  • (5.0) さすがの西田東さんです。
    マダナさん 投稿日:2015/1/27
    全てサラリーマンの話で、前2作は五十歳前後のオジサマ同士&受け、真ん中に三十前後同士、後2作はシリアス物です。真ん中までは少しシリアス混じりな微笑ましい話ですが、ラスト2作が少し病んでるシリアス展開です。わりと刺さる内容なのに最後はちゃんと ハッピーエンドなのは、さすが東さんです。絵にクセがあり、ややニッチな内容ですがお勧めです。ラストに西田さんの別作品、目を閉じないでの後日談がついてます。次長(笑) もっとみる▼
  • (4.0) いわゆるBLではないです。
    wtreeさん 投稿日:2017/10/2
    ボーイていうにはオッサン過ぎますしね(笑)。過労、暴力、酒、離婚、死別。サラッとした絵と展開ですが、背景は重めです。だけど誰しも、毎日全方向に輝いて元気一杯なわけじゃない。オッサンじゃないけど、自分にもある少しの闇に響きます。 そしてオッ サン達に癒されるのです。。 最後のお話はほんとにほんとに短いものでしたが、説明や前置きが全くないことが信じられないほど、じんときました。『目を閉じないで』の番外編とのこと、未読なのでいまからそちらを。 もっとみる▼
  • (4.0) なかなか
    鉄央さん 投稿日:2011/12/20
    いくつになっても恋だけは不器用な男(オジさん)が本当に可愛く描かれています。 『目を閉じないで』に登場したキャラのお話がいくつかあります。先に読んでからの方がより楽しめると思います。 〜「言葉にできない」で浦田にちょっかい出し てたコンサルタントの小林メインの作品。全然タイプじゃないはずの荒木部長に惹かれて戸惑う小林がカワイい。 〜銀行強盗と支店長という設定が意外というか斬新というか。出会ってすぐという、あっという間の早わざでした(笑) 「目を閉じないで」の後日談。奥さんの命日を忘れて、村上にTバックを買う花田次長のキャラが軽くなったような…。 同期の南部と広瀬。一方は出世コースから外れ、もう片方は順調に出世。再会して立場は変わっても、お互い気持ちは変わってないのを確かめ合うシーンがよかった。テレて赤くなる広瀬はカワイい。 激務とプレッシャーに壊れた春日を救おうとする乾が健気。明けない夜はない、2人ならやり直すことができるはず。 〜自分だけのものにしたくて、既婚の千葉をアル中にしてしまう清水。少し重い話でしたが、千葉のために最後は身を引いた清水と、全てわかったうえで清水のもとに戻る千葉の気持ちの深さを感じました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ