漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
岳 1巻
この巻を買う/読む

岳 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(4.6) 投稿数36件
岳(18巻完結)
作品内容

秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランティア・三歩に救助を要請することに。見かけは頼りなさそうな三歩だが、ヒマラヤや南米の山を歩いてきた経験豊富な救助員で…。山を愛する人すべてに捧ぐ、山岳救助物語!!

作品ラインナップ  全18巻完結
レビュー
岳のレビュー

平均評価:4.6 36件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) そうなったか…
    ほなみさん 投稿日:2018/5/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 驚異的な身体能力と精神力を持ってしても大自然の厳しさに無鉄砲に挑んでは助かる命も助からない。でもきっと、三歩は死ぬまで死なないから。彼と関わった人達に彼の志は受け継がれ繋がったのでしょうね。山との関わり方を間違ってしまうと、たとえ主人公でも生きては戻れない…なんとも切ない最後ではありましたが、彼が山以外の場所で最後を迎えると言うのも想像できないので、ありと言えばありなのかなぁ… 続きを読む▼
  • (5.0) 大自然は死と隣り合わせ
    pisさん 投稿日:2018/5/14
    山好きですが、体力と技術がないので北アルプスなんて無理無理、せいぜい1000メートル程度のお山をお散歩させてもらってます。いつかは槍になんて思ったこともあるけど、「岳」を読むとやはり生半可な気持ちでは行けませんね。迂闊に登れば他人様の命まで 危険に晒すことになりかねません。 山が、自然が大好きだからこそ、謙虚でいたい。三歩にだって助けられない命があるんだから。家に帰るまでが登山、無事之名馬、です。ご安全に! もっとみる▼
  • (5.0) 何でだよっ!!!(ゴンさん風に)
    じぇにがたさん 投稿日:2018/1/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 ※超ネタバレなので注意※ 15巻から始まる怒濤の展開から最後まで、朝4時までかかって読んだ後すぐの感想です。 腑に落ちないのはラストで生還したパーティーのその後が小田くんしか描かれていていないこと(大体想像はつくのでまぁ良いとしましょう)。それと、許せないのが三歩の死でしょう。 何で殺したああああああああああ! 1巻から好きだったのにいいいいいい!? と、思い入れのあるキャラが死ぬのって結構厳しいものですね。 『ヒマラヤのパーティーがピンチ!』となった時に真っ先に『三歩が助けに行くんだろうな』と思える用に、14巻までで洗脳はバッチリでしたよ。 今回もきっと『三歩は全員助けちゃうんだろうな』と思ってましたよ。 今までがそうだったように。 でも、そうじゃなかった。 既に知っている通り、山の厳しさも1巻からずっと見てきました。 助けられなかった登山者も何人も見てきました。 ただ単純に三歩も登山者の一人として、例外ではなかったと言うことだけかもしれません。 ですが、殺さなくても良かったじゃんかよおおおおおおおおおおおあおおおんっ!! と言いたいのですよ。言わせてください。(既にここにぶちまけている) もうモヤモヤして寝れないじゃんかよぅ。。 はー、ちょっとスッキリした。 とにかく、名作なのは確かです。 登山者は見ておく必要性も感じます。 そんな作品です。 そして最後に島崎三歩のご冥福をお祈りいたします。 ありがとう! よく頑張った! 続きを読む▼
  • (4.0) グッときます
    Yuukaさん 投稿日:2017/12/25
    こころが熱くなる作品だなと心の底からおもいます。 山登りしてみたい!と思ってしまいました。
  • (5.0) 熱くなります
    kyoさん 投稿日:2017/12/20
    山登りはしない私ですが、山に行きたくなる漫画です。 極限の世界のリアルな話を、暗くなることなく、とても分かりやすく、考えさせる内容になっています。
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 山岳での人間模様
    山岳のような、穏やかで、何事にも動じずそして力強い、何より奥が深すぎて計り知れない男、島崎三歩(さんぽ)は、民間の救助ボランティアとして働いています。警察署の登山客を管理、救助する部署に新人として配属された椎名久美は山の素人で、先輩である野田や散歩の指導で、様々な困難にあいながらも成長していきます。山に登るには様々な理由がある、生命の危険と隣り合わせで繰り広げられる人間ドラマ、そして、高くそびえる山岳の厳しさや、壮大さを感じることが出来る作品です。2011年に島崎三歩を小栗旬さん、椎名久美を長澤まさみさん他豪華出演陣で映画化されました。
    制作担当:体育委員長
▲ページTOPへ