マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガ秋田書店エレガンスイブ花のズボラ飯花のズボラ飯 2
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
花のズボラ飯 2

作品内容

発売されるや否や話題騒然、日本全国にズボラ飯ブームを巻き起こしたコミックスに、待望の第2巻登場!ズボラ度加速!うんまぁ~度MAX!ラブラブ度ごちそうさま!花と一緒に、笑って、泣いて、お腹を空かせてください!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 花のズボラ飯 1

    880pt/968円(税込)

    連載開始時からネットで話題騒然! 主婦から、オタクから、マンガ読みから絶大な人気を誇るグルメ・ショート!! 原作は超ロングセラー漫画『孤独のグルメ』の久住昌之、作画は日本一女の子をかわいく描ける漫画家・水沢悦子。驚異のコンビが、かわいくって、おかしくって、でもちょっぴり寂しいときもある一人暮らしの主婦・花の生活を描きます。誰も予想し得なかった、新しい『孤独のグルメ』の誕生です。【あらすじ】単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)、30歳。花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!
  • 花のズボラ飯 2

    880pt/968円(税込)

    発売されるや否や話題騒然、日本全国にズボラ飯ブームを巻き起こしたコミックスに、待望の第2巻登場!ズボラ度加速!うんまぁ~度MAX!ラブラブ度ごちそうさま!花と一緒に、笑って、泣いて、お腹を空かせてください!
  • 花のズボラ飯 3

    880pt/968円(税込)

    『孤独のグルメ』の久住昌之が贈る
    国民的大ヒット・グルメ漫画。

    単身赴任中の夫をもつ駒沢花ちゃんが、
    今日もひとり、ズボラなお料理を作ります。
    一人暮らしの主婦による新しい「孤独のグルメ」。


    もはや伝説のズボラな料理が続々…実に3年8か月ぶりとなる待望の新刊です。
    オールカラーの35皿めをはじめ、カラー原画も多数収録しました。
    ズボラな主婦の食と、可愛いお色気がさらにパワーアップしています。

レビュー

花のズボラ飯のレビュー

平均評価:2.7 98件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 汚くて不快
    whfdhjvfさん 投稿日:2023/4/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 食べ物を扱う漫画なら、ある程度の清潔感が欲しい。 料理も食べ方も主人公も、全てが汚らしい。 ズボラと不潔は違います。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) おなか減っちゃいます
    bxさん 投稿日:2013/1/14
    食事は毎日するものですが、生活していると、やはりどうしても家事をサボっちゃいたい気持ちが沸き起こる日も出てくるというもの。 ご飯作るの面倒だな、でもおなか減ったな…空腹が満たされるならなんでもいいやー…なんて、そんな気分が沸き起こってしま ったとき、私なら何の感想も持てないようなご飯を掻き込んで終わります。 でもこの漫画の主人公、花ちゃんはすごい! どんなズボラご飯でもちょっとの工夫で思いっきり楽しんで食べているんです。 一食ごとに心から「んま〜い!」と満足した表情を浮かべる花ちゃんを見て、日々の糧という意味では私のさもしいズボラご飯とは質が違うなぁと感心させられてしまいました(笑) 漫画の中で繰り広げられるのは決して誉められないズボラの極みといった主婦道?です。しかし、主婦業に追われて日々の細やかな出来事(例えば、ラクして美味しくできちゃったズボラ飯)に楽しみを見いだせなくなるより、はるかに素敵に人生を楽しめているであろう花ちゃんの様子にハッとさせられもします。 2巻まで読みましたが、呑気にズボラ主婦をしている花ちゃんにも何か複雑な過去がある様子。グータラな毎日をほんわか描いた序盤から、どのように話の展開を見せてくれるのか楽しみにしています。 余談ですが、食事中の表情に嫌悪感を持つというレビューをちらほら見かけ、大変驚きました。あの過程で卑猥な連想をされるかたもいらっしゃるのだと考えると、面白いです。 性的な内容が多大に含まれているのではないかと躊躇している未読の方、くれぐれもそういった趣旨の漫画ではないので安心してお読みください(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 駒沢花さんが好き!
    楚楚さん 投稿日:2014/2/18
    これは決してレシピ本だとか料理本だとかいう類の漫画ではないと思います。 「花の(作る)ズボラ(な)飯(を紹介してるだけ)」だと思います。 そして私みたいな独身一人暮らしズボラ女にはたまりません、なんてったって共感できるところが多いし、こんな ズボラで料理下手な女でも、ちょっと頑張れば真似できそうな料理ばかりなんですから。 ただ、花の「美味しい顔」の時にいつも汁だかなんだかを垂らして、また指で拭ったりしてるのは納得いかないですね。いい年していちいちあごにこぼすなんてね。 とは言え、作ってるときや食べてるときのあの効果音、あれにはとても食欲をそそられますね。“ほっふぁあぁあぁあ”とか“とぅるるぁあ〜”とか“ザックゥ”“しゃきゅしゃきゅ”とか“ヒリジャワ〜”とかね。 そして、この漫画ってあんまりトーンを使ってませんね。なのに汚い部屋ですよ、あのめんどくさい細々したものを描かないといけない部屋をわざわざ…これがまた、作者さんの几帳面さを感じていいですね。 というわけで、私は大好きなんです。 もっとみる▼
  • (5.0) 絵がおいしそう
    みそ昆布さん 投稿日:2011/4/9
    主人公は単身赴任中の夫を持つ30才の主婦です。 夫のゴロさんとは電話やたまに帰ってきたりでラブラブな様子ですが17話現在彼は登場しません。 同棲カップルのお隣さんやバイト先の店長、実家の父母や親友が出てきます。 日常のひとりごととか結構わか るわかる〜と思いながら読んでました。 オヤジギャグ多いです。 前レビューの方もおっしゃってますが料理の技的なものはズボラ飯なのであまり期待しない方がいいかも… 私は1話ずつ購入で続きが気になって全話一気読みしちゃったけど、主人公のひとりごとを受け入れられるか・られないかが楽しく読めるか読めないかの分かれ目だと思うので、やっぱり1話ずつ購入がおすすめです。 絵は可愛いし丁寧で上手です。 2話目のたまごかけごはんの回が個人的にすごく食欲そそられました。 かりっがり〜とかとぅるるぁあ〜とか書き文字もおいしそう もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ズボラ流最高ご飯
設計:わかちゃん(シーモアスタッフ)
食をテーマにしたノンストップで美味しいものを追求する「花のズボラ飯」。主人公は単身赴任の夫がいる30歳でズボラな主婦・花です。話自体は、自分のためだけに最高に美味しいご飯を作るっていうことがメインのすんごくマイペースで、話の展開もマイペースで、だけども作られていくご飯の内容が少しずつ気になってしまうその展開力に惚れ込んでしまいそうです。最終的にできあがったご飯を本当に家でも簡単に作れてしまうもののほうが多いので、本当に作ろうかなあって思えるところもまた魅力ですね。「食の軍師」の久住昌之先生と「ヤマとボコ」の水沢悦子先生のドラマ化もされた作品にお腹すかして満腹中枢働かせてください。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ