We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

Under the Rose 1巻

通常価格:
750pt/825円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数51件
Under the Rose(10巻配信中)

作品内容

19世紀英国。没落貴族である侯爵家の娘・グレースは愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父のロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

  • Under the Rose 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    750pt/825円(税込)
    19世紀英国。没落貴族である侯爵家の娘・グレースは愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父のロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった――。
  • Under the Rose 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    750pt/825円(税込)
    19世紀後期の英国。アーサー・ロウランド伯爵は、子供たちのために新しい家庭教師を迎え入れた。レイチェル・ブレナン。清らかで美しいその女性を見た子供たちは、何故か彼女と打ち解けようとせず冷たい態度をとる。戸惑いながらも真摯に彼等に向き合おうとするレイチェル。その姿を、ロウランド家の次男・ウィリアムがひとり冷たい視線で見つめていた――。
  • Under the Rose 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    800pt/880円(税込)
    19世紀英国、ヴィクトリア女王の時代。ロウランド伯爵家の子供たちの家庭教師に迎えられた牧師の娘・レイチェル。彼女を待ち受けていたのは、貴族の館での苦悩の日々だった。雇い主であるアーサー・ロウランド伯爵の愛人関係、次々に女中と関係する長男からの誘惑…。しかし、そんな試練もすべて神が自らに与えたものと受け止めたレイチェルは館の古い価値観に立ち向かい、しだいに教え子たちの心を開いていく。ただ一人の心を除いては――。
  • Under the Rose 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    800pt/880円(税込)
    19世紀英国。貴族が貴族たりえた最後の時代。ロウランド伯爵家の貞潔な家庭教師レイチェル。彼女は、次男・ウィリアムの纏う暗く冷たい闇に絡めとられ、諍うかいもなく幾度も幾度も辱められる。背徳の罪に絶望し、闇から逃れるためにさらに深い暗黒の淵に没しようとするレイチェル。だが、彼女は知る。ロウランド家の闇は、ひとりウィリアムのみが纏うものではないということを――。
  • Under the Rose 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    800pt/880円(税込)
    19世紀後期の英国。長期滞在の賓客を迎え賑わうロウランド伯爵家。臥せる女主人に代わって賓客をもてなす美しき家庭教師レイチェル。彼女の手によって、光あふれる庭には、さんざめく人々の集いと子供たちの笑い声が満ちる。それは、ウィリアムに忍従するしかなかった彼女を解き放っていく。幸福な情景にレイチェルは、雪間に萌す若芽のごとき微笑を浮かべるのであった。
  • Under the Rose 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    800pt/880円(税込)
    19世紀後期の英国。家庭教師レイチェルの発案による宴は、ロウランド伯爵家に、蜜のような懐かしくも甘い記憶を蘇らせた。やがて、宴は幕を閉じ、賓客は去りゆく。屋敷に訪れるのは、いつもと変わらぬ日常の筈であった。だが、投ぜられた一石は、波紋となって広がる。深窓に隠る女主人アンナの元までも……。
  • Under the Rose 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    19世紀後期の英国。ロウランド伯爵の館は、重く冷たい澱の中へと沈んでゆく。焦燥、不安、倦怠、疑惑、不信、詮方ない想い、独善、憂い、そして、裏切りと怒り。“家”の深部から潰えていくかのような悪寒に、家庭教師レイチェルは大切な教え子を守るための戦いを始める。聖誕祭を希望の光として……。
  • Under the Rose (8) 春の賛歌 【電子限定おまけ付き】
    登録して購入
    通常価格:
    950pt/1,045円(税込)
    19世紀後期の英国。堅く閉ざされていた過去の扉を開けたロウランド伯爵の述懐は続く。恋焦がれたリッケンバッカー伯爵の令嬢アンナを娶った彼が手に入れたもの。それはなんであったのか。虚飾のベールが取り払われたとき、そこには人の望みも祈りをものみ込む深淵が横たわっていた。そして、今宵は聖夜、父の帰還を待つ子供らを前に家庭教師レイチェルは――。電子限定おまけ付き!!
  • Under the Rose (9) 春の賛歌 【電子限定おまけ付き】
    登録して購入
    通常価格:
    833pt/916円(税込)
    19世紀後期の英国。館へと戻ったロウランド伯爵は、彼の『家族』すべてが集うクリスマスディナーに、家庭教師レイチェルの同席を許す。教え子たちの笑顔を喜ばしく思うレイチェルであったが、伯爵の思いがけない宣告に動揺する。それは、終わりの始まり。虚飾と過ちの清算を伯爵は決意していたのだ。そして、レイチェルは怯える。無知故に綻びを招く発端となってしまった己の咎に――。電子限定おまけ付き!!
  • Under the Rose (10) 春の賛歌 【電子限定おまけ付き】
    登録して購入
    通常価格:
    850pt/935円(税込)
    19世紀後期の英国。ロウランド伯爵の正妻アンナにとって、家とは、夫とは、子とは、そして、妻である自分とはなんであったのか…。虚飾と過ちによって彩られたベールにこもり続けたアンナは、突きつけられた実相に狼狽し妄動を繰り返す。そも罪深きは誰であったのか――。寄る辺を失った彼女は救いを求め彷徨う。そして、ついに……。電子限定おまけ付き!!

レビュー

Under the Roseのレビュー

平均評価:4.3 51件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 続きが読みたいー
    いちょうにりんごさん 投稿日:2021/10/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 第一部は2巻の途中までで、弟と共にロウランド伯爵家に引き取られることになったライナスが主人公。母親の死の謎を探っていきます。 第二部はロウランド家で家庭教師として住み込むことになったレイチェルが主人公。ここからさらに人間関係が複雑でドロドロした展開にもなっていきます。人物の視点も変わると知っていた話の印象が変わり、えっ!となりました。 19世紀頃の英国が舞台で、この頃の一般庶民や貴族の生活の様子も読み取れます。心理描写も丁寧なので、単話で続きが読めますが、単行本としてもその後がぜひとも読みたいものです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 引き込まれる世界
    もねるさん 投稿日:2011/5/28
    最初は陰鬱な屋敷でのライナスの孤独な探偵ものかと思い 次はコクトーの『怖るべき子どもたち』みたいな感じかと思い、でもどちらも違ったかな〜 でもそういうジャンルや、三原順さんのコミックとかゴシックロマン好きにはぜ〜ったい!オススメです。 第一章は館で謎の死を遂げた愛人グレースの子ライナスが母の死の真相を探ります。 ただこいつがハンパなく嫌なガキ! でもわたしは彼と境遇似てるせいか、共感できる部分も結構あったりして、足掻かずにはいられない子どもの苦しみが痛いです。 最後母親の死の真相は明らかになったかにみえて まだ裏がありげ(っていうか別配信honey rose先ほど読みまして、こっちで解決なんですね) 第二章は 正妻の次男ウィリアムと館の家庭教師のお話が主軸です。 これはまだ途中だけど ウィリアムがめちゃめちゃ病んでいて、『いったいお前は何をしたいんだ〜』って感じです。 腹黒メガネで秀才な彼は 読者的にファンが多そうだけど 救いがなくて哀しい。 ひどく優しい面もあったりして彼の心が痛みがわかりそうでわからない。 優しさの、憎しみの、愛情の、涙の、微笑みの、人の心のあらゆる裏をついてくるこの作品は、実に居心地悪く、後味悪いのです。 でも適度な子どもたちの無邪気さ愚かさ、何より飽きのこない内容とテンポの良さで、サクサク読めます。 女性たちもとても魅力的うん、今こんな女はいないよな〜、でも普遍的な女の哀しみもあって、ほんと読んでて苦しいです。 まだ完結してないですが オススメ! ※間違っても完結前にhoney rose 読まないように! 推理小説のラスト先に読むみたいで後悔します …重苦しい気持ちをとにかく何とかしたいなら 読むのもアリかもしれませんけどね。 もっとみる▼
  • (5.0) 英国貴族系の最高作
    空葬花さん 投稿日:2013/11/2
    英国貴族を題材にした作品で、この作品ほど重厚な作品も少ないでしょう。 “英国貴族”という優雅なイメージを持って読み始めると、この作品に漂う陰鬱な空気に戸惑いを覚えるかもしれません。 この漫画はまさに、本格派を求める玄人好みの作品 と言えるでしょう。 内容は重いですが作品のレベルは非常に高く、確かな画力で描かれた背景・風景描写や、聖書からの引用が作品の魅力を際立たせています。 ストーリーは第1部と第2部に分かれ、1部では母の死の真相を探るライナスという少年が、2部ではブレナンという美しく敬虔な家庭教師が主人公となっています。 個人的なこの作品の最大の見所は1部のクライマックスです。 劇的な展開の中に悲痛な救済が描かれていて、喪失感の中で天に架かる美しい虹を眺めるシーンは秀逸です。 漫画好きな方には是非読んでみて頂きたい、隠れた名作です。 もっとみる▼
  • (5.0) いつの間にか引き込まれる
    めーさん 投稿日:2016/3/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は無料の1巻だけを読みしたが、続きが気になって全部購入。そして冊子で9巻まで揃えました。 1巻ではライナス中心ですが、2巻から家庭教師の先生視点で兄弟の中ではウィリアム中心に話が進んでいきます。 自分の中正しいと思うことを貫こうとするブレナン先生に色んな人間らしい葛藤や感情が芽生えると同時に、何を考えているか分からないウィリアムの分かりにくい優しさや暗い部分も見え隠れ。 イケメン長男!って思っていたアルも1巻であれ?の人、ちょっと狂気持ちかも知れない!?と疑う部分とかあったんですが、ホント全員が心にちょっと闇を抱えてます。 巻末オマケ漫画がほのぼのとしていて可愛らしいです! 正直、進むのが遅いですけど(単行本も2年に1冊ペースだし!)引き込まれるので、早く早くーーー!!!って心待ちにしています。 続きを読む▼
  • (5.0) 英国貴族社会、そしてミステリー
    ささきさん 投稿日:2018/9/6
    読み出したら止まらず、一気に出ている10巻まで読んでしまいました。 英国文化と貴族社会を丁寧に描き、その中でのミステリー要素がたまらなく面白いです。 高慢と偏見などの女流作家の英国文学が好きなら、これも楽しめるのではないかと思います。 全体的に面白いのですが、個人的にはウィリアムとミス・ブレナンの嫌われているのか、それとも好意なのかという絶妙な関係が大変ツボでヤキモキさせられています。 Honey roseでは2人の関係に一種の結末が描かれているのですが、今作ではどう落としてくるのか気になります。 続巻が1年ペースのようなので、早く出てくれと願うばかりです……。 もっとみる▼
  • (5.0) 真実が必ずしも幸せとは限らない
    マミリアさん 投稿日:2016/2/27
    絵が好みだったのがきっかけで読み始めました。とても綺麗な絵柄です。イギリスの貴族階級がある時代の物語です。 ストーリーは重いですね。1部の主人公は若さゆえの未熟さ、頭が良いゆえの苦悩、疑心暗鬼、登場人物たちの思惑は一体…?ミステリー?サス ペンス風です。 内容は重く気楽に読める感じではないけど、家族の愛の物語ではないでしょうか。 ちなみに9巻まで読みました。 2部は主人公が違います。1部の展開からすると2部は長いです。ちょっと間延びしてないか?と思いつつも目が離せないです。 続きを楽しみにしてますので、多くの方に良さを知っていただきたいですね。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ
兄弟の行く末は…
営業担当:体育委員長
グレースはクリスマスに荒屋を温室育ちの花で満たし恋人の待つ楽園へ帰りました。グレースの息子、ロレンスはグレースの父に食事中のマナーで怒鳴られていました。メイドがグレースの話をすると、さらにグレースの父はメイドを怒鳴り解雇させようとします。そしてロレンスとロレンスの兄ライナスは、二人の父親がいるロウランドへ向かうことに…。最初のページのグレースがとても綺麗に描かれていて引き込まれます。グレースの父がなぜグレースの話をしたくないというのか、ライナスとロレンスの父親はどういう人間なのか、ぜひ読んでみてください。著者は「HoneyRose」の船戸明里。
▲ページTOPへ