漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

陽だまりの樹 6巻

通常価格:
300pt/330円(税込)
(5.0) 投稿数1件
陽だまりの樹(11巻完結)

作品内容

将軍・家定の後継ぎをめぐり、幕府内は激しく対立していた。老中・堀田は、朝廷から条約調印の勅許を得られなかったため、権力の座は井伊へ移る。そのあおりを受けて、伊武谷万二郎は、ハリスの警護役を解任されてしまう!!

作品ラインナップ  全11巻完結

レビュー

陽だまりの樹のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 是非読んで欲しい!
    AshNYさん 投稿日:2015/9/2
    手塚治虫作品の中で一番好き。 幕末作品の中で一番好きかも。 確か主人公の1人は手塚治虫先生のお祖父様?ひいお爺様がモデルなんですよね。 手塚治虫先生は絶対この作品を書きたかったんじゃないかと思います。 当時の若者が何を感じていたのか 、武士はどうして最後迄戦おうとしたのか。 読みごたえあり、涙なしには読めません。 もっとみる▼
▲ページTOPへ