マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ秋田書店週刊少年チャンピオン少年チャンピオン・コミックス弱虫ぺダル弱虫ペダル 1
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
弱虫ペダル 1
少年マンガ
弱虫ペダル 1
90巻配信中

弱虫ペダル 1

480pt/528円(税込)

240pt/264円(税込)
7/21まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  90巻まで配信中!

アニメ化

「弱虫ペダル LIMIT BREAK」

【声の出演】

小野田坂道:山下大輝 / 今泉俊輔:鳥海浩輔 / 鳴子章吉:福島潤 / 手嶋純太:岸尾だいすけ / 青八木一:松岡禎丞 / 鏑木一差:下野紘 / 真波山岳:代永翼 / 泉田塔一郎:阿部敦 / 黒田雪成:野島健児 / 葦木場拓斗:宮野真守 / 銅橋正清:小野大輔 / 新開悠人:内田雄馬 / 御堂筋翔:遊佐浩二 / 岸神小鞠:福山潤

【あらすじ】

1年目のインターハイで見事、総北高校を総合優勝へと導いた小野田坂道。今泉や鳴子と共に2年生へと進級し、キャプテン・手嶋たちと新チームで連覇を目指す!そして迎えた夏のインターハイ。昨年の雪辱に燃える王者・箱根学園は、新キャプテン泉田を中心に次々とリザルトを獲得し、快進撃を見せる。王者の風格を取り戻した箱根学園を前に、総北は再び挑戦者となり、苦境に立たされる。そんな中、遂にレース最終日がスタート!2日目のゴールを制した京都伏見・御堂筋も新たなフェイズへと動き出す……。各チームが闘志を燃やす中、坂道は仲間と繋いてきた絆を信じ、栄光のゴールを掴み取れるのか――!?

【制作会社】

トムス・エンタテインメント

【スタッフ情報】

原作:渡辺航(「週刊少年チャンピオン」秋田書店刊)

監督:鍋島修

脚本:砂山蔵澄 / キャラクターデザイン:番由紀子 / メカデザイン:水村良男、秋篠デンフォワード日和 / ライドデザイン:堀内博之 / 美術設定:泉寛 / 美術監督:吉原俊一郎 / 色彩設計:中尾総子 / 3DCGスーパーバイザー:佐々木俊宏 / CG監督:藤谷秀法 / 撮影監督:葛山剛士、金光俊 / 編集:坂本久美子 / 音響監督:高寺たけし / 音楽:沢田完

【音楽】

OP1:04 Limited Sazabys「Keep going」 / OP2:Novelbright「ラストシーン」 / ED1:Novelbright「PRIDE」 / ED2:山下大輝 with 佐伯ユウスケ「アクション」

【関連リンク】

公式サイト「弱虫ペダル LIMIT BREAK」

映画化

「弱虫ぺダル」

【出演】

出演:永瀬廉 伊藤健太郎 橋本環奈

【公開日】

2020年8月14日

ドラマ化

「弱虫ぺダル」

【出演】

出演:小越勇輝 木村達成

【公開日】

2016年8月26日

レビュー

弱虫ぺダルのレビュー

平均評価:4.5 660件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 90巻!!すぎもとくん!!!
    パイン大好き♪さん 投稿日:2024/7/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 まさか、最後のインターハイで、すぎもとくんを…!!また、1巻から読もうと思います!笑 ワクワクが止まらない漫画です!街中でもロードに乗ってる人を目で追っちゃいます!むしろ、どのメーカーかも見ちゃいます!笑 それくらい、はまっちゃう漫画です!! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白い
    さゆきさん 投稿日:2013/8/4
    絵が最初はどうかなー?と思いましたがストーリーがものすごくワクワクして、自転車で疾走する迫力にどんどん惹き込まれいきました 主人公はカッコイイというよりは、成長していくのを応援したくなるタイプ!でもどんなに成長しても初心の良さをなくさな いとてもステキな男の子です! そしてどのキャラクターも主役級でレースや過去話を見ると好きにならずにはいられません! 主人公の学年が上がって新しい展開になってますが、もっともっと面白くなっていて先が楽しみで仕方ないです! 10巻あたりが発売したころにレンタルでまとめて読んで、その後ハマりすぎて単行本即買いしました! 単行本持ってるのにさらに電子書籍でも買っていつでも見れる状態にしてしまうほどの面白さです! アニメも好評で嬉しいばかりの弱虫ペダル、ぜひぜひ見たことない方にオススメです! ロードレーサー欲しくなりますよー! もっとみる▼
  • (5.0) 良い
    ひのでまちさん 投稿日:2022/5/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 最新刊から4冊程、あえて積んでおいたのを一気に読む。スペアバイクが好きでその続刊発売がその切っ掛けとなったが、久々に読みやっぱり坂道もいいなと思った。 部活漫画にも色々とあると思うが、弱ペダは割りと仲が良いので読んでいて嫌な気がしないのが良いなと私は思っている。 IHのデッドヒートはとてもスリリングで魅力的。誰が勝者でもいいと思える物語。ここ数巻のMTBや部の基盤作りはそんなレースと好対照に、一層面白く感じられるのはそれぞれのキャラのお陰か。シーズンが待ち遠しい。 80巻おめでとうございます。(以下、そのタイミングで加筆) この物語が支持される理由の一つに、総合力の魅力があるのかもしれないと思う。言い換えるとバランス。機材や運、力業だけでは辿り着けない包括的な競技としての魅力を作家は描きたいのではないだろうか。アニメ放送も始まるので益々楽しみだ。 続きを読む▼
  • (5.0) やはり購入したほうがいいのでしょうね・・
    シルクマムさん 投稿日:2020/3/10
    2日間限り50巻まで無料で読むことができるというので読み始めた。でも、気付いたのが残り2時間という時で、3巻で24時をまわった・・自転車競技部に入部して、新入部員のウェルカムレースという時に、これから面白くなってくるこの時に!たった3巻だか ら登場人物はまだまだ少ないです。でも主人公の坂道もオタクだけどアキバまで通う根性があるし、今泉はイケメンだけど、全く自転車馬鹿のクールさがいい。鳴子は、坂道に自転車競技の楽しさを教えたし、女子高生の幹も自転車フリークで恋愛に進まないからいい!とりあえずはウェルカムレースまでを購入しようかと思ってますが、それを読んだら先まで読みたくなるだろうし。イヤ、絶対に読みたくなる!既刊68巻ですか・・・即決できるには山が、いや、坂が長くて険しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 苦しむより楽しむがモットー?!
    MIさん 投稿日:2019/3/31
    オタクが仲間を求めて自転車競技部へ?!苦しみより好き!楽しい!が勝つのがスポ根マンガの醍醐味だと思うのですが、こちらは、仲間と一緒に走ること、が第一なので、ホントにすごく楽しそうなのがイイです!応援したくなる!個人競技と思っていたけど、団体 競技なのですね?! 素人が仲間の助けで成長していくので、素人にもロードバイクあるあるが理解しやすいし、巻末のあとがきに豆知識があったりして、楽しめます。 ストーリーやキャラもみんなを掘り下げているので、みんなみんな応援したくなります!みんなレギュラーにしてあげたい!みんな勝たせてあげたい!非情な勝敗も心に沁みます。 でも、いつもみんな苦しそうで、、でも、楽しそうなんですーー。 もっとみる▼
  • (5.0) これ一気読みとかイケメン過ぎしょ
    もんたちさん 投稿日:2019/4/1
    72時間という縛りもさることながら、一気読みする時点で皆さん凄いわ。 以前紙媒体で挑戦して40くらいで挫折。 というのは、これ面白い上に熱血だからこっちもすんごい力入っちゃう。 でもって、無酸素運動のように苦しい、区間ゴール前なんかは こいでるキャラクター達とはぁはぁなってる。 読んでるだけなのに筋肉痛になってもおかしくないw それくらいのめり込む、世界に入り込む、凄いってことですけどね。 うーん、行く?登っちゃう? ぬぅ、そんな躊躇うくらい熱い面白い漫画です。 で、完徹から帰ってきて飯食わず眠眠ドリンクで回せ回せ。 が45辺りで時間切れ。また登りきれなかったんで来年に向けてトレーニングしときます。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

まさに青春!!
制作:のぞ(シーモアスタッフ)
フィギュア、ゲーム、DVD、大好きなガシャポンのために、今日もアキバへママチャリで!なぜなら交通費タダだから!オタクな高校生、小野田坂道は今日もアキバに向かって斜度20%以上の激坂を激コギ。そんな坂道は、とあるきっかけで自転車ロードレースの道に足を踏み入れます…文科系男子、バリバリの自転車競技に挑みます!アニメ人気だけにとどまらず、舞台化もされた大人気作品です。さらに今夏、映画化も決定!登場人物がみんな個性的で魅力的!読んだらハマることうけあいです!!著者、 渡辺航の代表作は「まじもじるるも」シリーズ、「はなたん―華咲探偵事務所―」等があります!スピンオフの「弱虫ペダル SPARE BIKE 」もあわせて読みたい♪
自転車買いました!
営業:ラッキーボーイ(シーモアスタッフ)
地味なオタク少年に実は才能があって、偶然にも自転車競技の世界へと入っていく…が、才能だけは勝てない!自転車の性能?努力?そんなの二の次!あいつに追いつきたい!誰よりも前を走りたい!という気持ちが勝利への道へ進める!読んだ後は無性に自転車をこぎたくなりますよ。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ