電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

RULES 3巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.1) 投稿数9件
RULES(3巻完結)

作品内容

天鳥(あとり)への片想いに終止符をうち、ヒカルと真摯に向き合う決心をしたユキ。一方、天鳥はトオルへの想いが本物だと自覚したものの、過去の恋人に囚われるトオルに振り回されて…!? いま、四人の青年たちの恋愛が、ひとつの結末を迎える──。一挙156P描き下ろし、宮本佳野が描く青春群像ロマン、五年の時を経てついに完結!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • RULES 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ゲイであることに劣等感を抱く、高校生のユキ。同級生・天鳥(あとり)への秘めた恋心を振り払うように、ゆきずりでバイセクシャルの青年・ヒカルと一夜を共にしてしまう──!! 好きな人がいても、年上のヒカルの腕の中は居心地がいい。けれどある日、ヒカルとのキスを天鳥に目撃されて!? 宮本佳野の初期最高傑作、ついに待望の復刊!
  • RULES 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    同級生のユキから突然告白されてしまった天鳥(あとり)。初めてユキを性的に意識した天鳥は、ついに流されるままSEXの直前までいってしまう!! 嫌悪を感じない自分も、やはりゲイなのか──。悩む天鳥は答えを求めるように、美貌の男娼・トオルと一夜を共にして……!? 単行本未収録&一挙描き下ろし115Pで贈る、待望の第2巻!!
  • RULES 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    天鳥(あとり)への片想いに終止符をうち、ヒカルと真摯に向き合う決心をしたユキ。一方、天鳥はトオルへの想いが本物だと自覚したものの、過去の恋人に囚われるトオルに振り回されて…!? いま、四人の青年たちの恋愛が、ひとつの結末を迎える──。一挙156P描き下ろし、宮本佳野が描く青春群像ロマン、五年の時を経てついに完結!!

レビュー

RULESのレビュー

平均評価:4.1 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) どんどん引き込まれます!
    隊長さん 投稿日:2020/8/18
    読み始めたらどんどん引き込まれ一気に読んでしまいました。 1巻はヒカル×ユキ 2,3巻はアトリ×トオルメイン お互いの気持ちが絡み合うストーリー展開で切なかったり、じれったかっりと楽しませていただきました。 「RULES」が気に入って まだ「ラバーズ、ソウルズ」読んでいない方は是非スピンオフ「ラバーズ、ソウルズ」(トオルのお話し)も読んでみて!オススメです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 浮気ありのヘビーな展開でもこれは好き◎
    わっきゃさん 投稿日:2019/8/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 【ラバーズ、ソウルズ 完全版】 【RULES 3巻】 【RULES 2nd 2巻】と続く、読み応えあるシリーズ大好きです◎ でもこれ内容がヘビーなので読み手を選びそう。くっつきそうなcpが他の人と寝たり緩い描写ありです。 ゲイである事に劣等感や生きづらさを抱いてきたDK 地味な優等生 ユキ。 ユキの告白とカムアウトからノンケのはずが迷走しまくる派手な軟派DKアトリ。 危なっかしい二人の保護者の様な存在のバイ ヒカルさん。 両片想いの先輩と気持ちが通じる前に死別した男娼大学生 トオル。 不安な側面を持つ繊細な四者が複雑に絡み合い、・ヒカル×ユキ ・アトリ×トオル の2cpがまとまるまでの話。小説家三浦しをんさんの推奨をきっかけに、初めて読んだ時はかなりモヤモヤを残したけど、序章【ラバーズ、ソウルズ 完全版】を読んでからは、容赦ない展開にドンドンハマりました(^^)基本NTRモノは苦手でNGだけどこれは好き♪佳野さん作品なら読める^^; ゲイやバイの苦悩やノンケかゲイかもわからない迷走や死別の過去への嫉妬など、自分ですらわからない葛藤を、飾らず生々しくゴタゴタして答えに辿り着く展開が秀逸。不器用な四人が愛おしいです。おとなのヒカルさんの存在が無ければ破綻しそうなギリギリ感も魅力◎ 【ラバーズ〜】が好きなので、死ぬまで亡き先輩を想っていくのもいいと言っていたトオルの過去にボロボロ泣いてトオルを求めてくれるアトリと出会えて嬉しい(^^)v 二人のタイ旅行エピには癒された〜◎【ラバーズ〜】と一緒に読むのをお勧めしたいです。続編【RULES 2nd 】へ。 続きを読む▼
  • (5.0) 私はユキ推し
    sakiさん 投稿日:2019/8/21
    ユキ、ヒカル、アトリの関係が絶妙でいい。ユキ目線で読んでからヒカル目線で読み直すとより萌えます。2巻からは作者のお気に入りらしいトオルがだんだんメインになったりしますが私はずっとユキ推しです。随分昔の作品らしいですが、絵も話も大満足です。
  • (4.0) 再レビューします
    トルコキキョウさん 投稿日:2012/4/27
    2巻目が追加配信されレビューを書き直します。 この作品、原点ともなる2巻目の内容でチラッと名前が出てきたトオル×元彼・松岡さんとのお話が別作品(未配信)にあります。(ヒカルも登場しております) その作品に今回の2巻目の内容との 時系列的部分もあり、読了している私的にはそれなりに見えてくる部分もあるのですが、ただこの作品の現在配信分だけだと、ヒカルとトオルの心理が薄く感じてしまいました。 ヒカルもお人好しな性格なのかな〜と思っておりますが、こちらもチラッと登場していた元彼とのお話が読めていないのでイマイチ掴めなてこない!のがやや不満。 私の中では亡くなった松岡さんとのそちらの作品が読了した宮本作品の中では今のところ1番好き。なのでトオル自身が天鳥の存在によりどう立ち上がれるかが楽しみなんですがまだ微妙といった読後感。あとはどう落ち着くか!?ですよね…。 次巻(3巻)で完結みたいですが、ユキとヒカルもどう見せてくれるのかしら…!? 好みは別れそうな気がするこの作品。トオルというキャラが自分の体に対する感覚や恋愛に対する考え方が人とはズレている設定なので作者も転がし方が難しかったんじゃないかな…と、勝手に想像しております。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ