マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ集英社週刊少年ジャンプジャンプコミックスDIGITALヒカルの碁ヒカルの碁 1
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全23巻完結

  • ヒカルの碁 1

    418pt/459円(税込)

    ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。
  • ヒカルの碁 2

    418pt/459円(税込)

    葉瀬中の創立祭で、将棋部の加賀に実力を買われたヒカルは、団体戦のメンバーとして中学囲碁大会に出場することに…。佐為や塔矢アキラの対局に触発されたヒカルは、自らの意思で囲碁を打ちたいと言いだすのだが!?
  • ヒカルの碁 3

    418pt/459円(税込)

    名門・海王中囲碁部に入部した塔矢アキラは、その圧倒的強さゆえに、部内に波紋を投げかける。一方ヒカルは、大会の団体戦に必要な3人目のメンバー探しに奔走。そして遂に囲碁の打てる生徒の存在を知るのだが…!?
  • ヒカルの碁 4

    418pt/459円(税込)

    アキラの執念が遂に実り、ヒカルとの3度目の対局を迎える。一回戦、自分の実力だけで辛くも勝ち進んだヒカルだが、アキラとの一戦は佐為に託すことに…。しかし対局途中、見守っていたヒカルが、ある一手を閃き!?
  • ヒカルの碁 5

    418pt/459円(税込)

    プロ棋士へ着々と近づいてゆくアキラ。そしてヒカルは彼との実力の差をはっきりと思い知る。一歩ずつアキラに追いつくため、院生試験を受ける決意をするヒカル。しかし院生は、中学の大会には出場できないと知り!?
  • ヒカルの碁 6

    418pt/459円(税込)

    アキラに追いつくための第一歩である院生試験が始まった。緊張と焦りがヒカルを苦しめるが、果たして結果は!? そして追われる側のアキラも、プロとしての第一歩である王座との対局に臨む!! 巻末には特別編を収録!!
  • ヒカルの碁 7

    418pt/459円(税込)

    3か月後に行われる院生VS.若手プロの若獅子戦。アキラがプロ側で出るそのトーナメント戦に、何としても出場し5度目の対局を望むヒカル。しかし院生で出場できるのは、1組の上位16名。未だに2組のヒカルは果たして!?
  • ヒカルの碁 8

    418pt/459円(税込)

    ヒカルが、ついにプロ試験予選の舞台に立つ。院生の仲間がライバルとなり、さらに外来も参戦するこの予選で、ヒカルが思わぬ弱点を露呈し苦戦を強いられ…!? 佐為の久々の対局、トップ棋士達の熱いタイトル戦も収録!!
  • ヒカルの碁 9

    418pt/459円(税込)

    大人対策として街の碁会所に通うヒカルは、和谷、伊角も初めて入るという碁会所で、韓国の研究生・洪と対局することに。双方のプライドをかけた勝負の行方は…!? そしてプロ試験本戦で、ヒカルの特訓の成果が!!
  • ヒカルの碁 10

    418pt/459円(税込)

    プロ試験本戦で1敗のヒカルと全勝の伊角が遂に激突。プロになるために避けて通れぬこの一局は、思わぬ決着に…!? 一方、越智の指導碁を引き受けたアキラは、後に控える対ヒカル戦攻略のカギを越智に教え込むが…!?

レビュー

ヒカルの碁のレビュー

平均評価:4.7 200件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっぱり最高
    渡部雄一さん 投稿日:2024/2/10
    囲碁がわからなくても面白い! 室内競技なのに甲子園よりもアツい! 昔から何度も読み返してます! 2巻以降も楽しみね

高評価レビュー

  • (5.0) 秀逸な作品
    ピンポンさん 投稿日:2019/9/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品はアニメからハマってコミック〜ゲーム、囲碁盤を買って家族で一時期は囲碁に夢中になったこともある程です。とにかくこの作品はストーリーが良く絵も凄く綺麗でキャラ一人一人がとても魅力的ですね。特に佐為は格別で…綺麗でお茶目で可愛くて、正義感が強くてかっこいい!もちろん囲碁は言うまでもなく強い!その佐為がヒカルに代わって打って、悪い大人達を次々と負かしていくところが最高だった!子供のヒカルに負けた(と思っている)時の大人の悔しそうな顔!あれが爽快な気分でずーっとそれを見ていたかった。でもヒカルもだんだん強くなって自分で打ちたいと思うようになってからは、佐為にあまり打たせてあげなくなってきて…時々は佐為に打たせてあげたらいいのにな〜と思った程でした。そしてある日とうとう佐為が消えてしまった時には本当に悲しかった。ヒカルもこんな事ならもっと佐為に打たせてあげれば良かった…と後悔する気持ちがよくわかるだけに悲しかった!そしてヒカルが佐為のゆかりの地をあちこち探すのですが、とうとう見つからず…もう一度だけでも佐為には出てきて欲しかったなぁ。ヒカルの成長した姿を見てあげて欲しかったです。夢で少しだけ会えたのが唯一の救いでした。あの場面は今思い出しただけでもウルウルきますね。とにかくこの作品は私が今まで読んだ中で最高の作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) ホントに泣きました
    宋月さん 投稿日:2023/9/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 外国人だから日本語が下手で申し訳ありませんでした! 私は小さい頃から碁を始めて、そして十歳の頃にこの漫画を一度読んでくれたおかげで、碁を辞めることを諦めました。内容は全然覚えていませんでした。。ただ、「あるシーン」のことでとても泣いたこと(佐為が消えた時)だけを覚えています(今度また1時間ほど泣きました)。。今はもう高校3年生になり、結局碁を諦めました。。正直言って、私はヒカルを少し嫉妬していました。嫌いではなく、嫉妬です。囲碁を学ぶことがたったの3年で、そしてこんな大きな成功を達成できるなんて。。ふざけるな。。そして生意気すぎる!青臭すぎる!なぜ佐為のことをもっと大事にしなかったのでしょう!と、憤ってばかりいました。(私自分の平凡さに不満かもしれません)でもね、今から考えると、佐為が消えた時のヒカルはまだ中二でしたが。。社会に出なくても、生意気でも青臭くても普通ですよね。。漫画の中のみんなはずっと希望の未来に進んでいる、進歩している、、みんな本当に可愛くていい子たちでした。この漫画が終わった時、私の青春も終わりましたた。今は夜ですが、明日また学校に行かないといけないし、大学のことを考えないといけません。。私は一度でもいい、囲碁を打ちたい、佐為と打ちたい! 続きを読む▼
  • (5.0) 熱くて、切なくて、寂しくて、愛おしい漫画
    たなあつさん 投稿日:2023/9/22
    小学生の頃にアニメが放送されていてそこから大好きになった作品です。 ヒカルやアキラら新時代の若い棋士たちが切磋琢磨している本筋に対して、私はそのさらに上の世界で繰り広げられている塔矢名人と佐為の孤高のライバル関係がとても好きです。 佐為 、アキラ、塔矢名人、緒方など…囲碁のためならどこまでもなりふり構わず熱くなれる人々がとてもカッコいい。そして、そんな人々に刺激、翻弄されてヒカルもまた成長してゆきます。 大人になってから読むと、さらに深く味わうことができました。囲碁を打つこととは、生きることとは…佐為が千年にもわたるその命を以て教えてくれたことを、私も噛み締めて生きてゆきたいと思いました。 ストーリーの完成度が高く、絵もとても綺麗で、間違いなく不朽の名作です。張り巡らされた布石が終着する一つの結末を、どうか一人でも多くの方に見届けて欲しいです。 ちなみに私は子供の頃から佐為が1番好きでそれは今も揺るぎ無いのですが、大人になって塔矢名人推しになってしまいました。人間が出来すぎてます。明子さん(アキラママ)になりたい!笑 もっとみる▼
  • (5.0) 子供に読んでもらいたい作品
    ビーンズそらさん 投稿日:2019/1/7
    挫折や勝利を経験して少しずつ階段を登り、碁に夢中になっていくヒカルの、まさに少年漫画王道の名作。 ぜひ、小〜中学生に読んでもらいたい作品です。そして何かに打ち込む素晴らしさを感じてほしいです! さらに萌えポイントとしては、1巻と20 巻では顔も性格も別人の緒方先生ですね。 もはや何が起きたんですか、のレベルです!(笑) 15巻では酔いつぶれた緒方先生がヒカルに絡んで、佐為と対局してコテンパにされるんですが、あまりに負けた様子が素敵すぎて、その後のヒカルと佐為の悲しい別れや、棋譜を見て涙するヒカルの、思わずもらい泣き必須シーンも、いまいち感動が薄れてしまいました…。 緒方先生、魅力ハンパないっす…(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 何度読み返しても面白い!
    青軟骨さん 投稿日:2022/4/8
    もう何十回も読み返してますが、本当に飽きない!ヒカルとアキラ、他の仲間達の成長をまざまざと見させられてるところと、2人の関係性が巻を追うごとに変わっていくのも見どころです。出てくる人達全員が進藤に一目置いてるのも主人公ならではの魅力があり、 読んでいてワクワクします(どうだ、ヒカルはすげぇんだぞ!っていう気持ちが出てきてしまう)。 あと当たり前ですが絵がずっっっと上手い。特に14〜15巻くらいから、ヒカルがの大人っぽくなってる感じがとても好きです! ヒカ碁が終了してから20年近く経過してるなんて信じられないくらい色褪せない作品なので、読んでない方は読んで欲しい!名作です! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

大ヒット囲碁漫画!
設計:マルクマス(シーモアスタッフ)
原作ほったゆみ先生、漫画小畑健先生がお送りする本格囲碁漫画!週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメ化もされました。小学生のヒカルは、家の蔵で血の付いた古い将棋盤を見つけます。そこから現れたのは…ユーレイ!?ユーレイの正体は、平安時代の囲碁打ち・藤原佐為でした。彼は囲碁をもっと打ちたいという未練で成仏ができず、ずっと現世を彷徨っていたのです。ヒカルの意識に入り込んだ佐為に導かれるまま、囲碁の世界に足を踏み入れていくヒカルでしたが…?囲碁ブームを巻き起こした、躍動感あふれる囲碁コミックです!囲碁を通じたヒカルの成長や、最大のライバルのアキラとの因縁など最後まで目が離せません!ほったゆみ先生の代表作には「ユート」、小畑健先生の代表作には「DEATH NOTE」「バクマン。」「プラチナエンド」などがあります!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「ヒカルの碁」

【声の出演】

川上とも子 / 千葉進歩 / 小林沙苗 / かかずゆみ / ゆきのさつき / 津村まこと / 伊藤健太郎 / 津田英三 / 藤原啓治 / 浅川悠 / 水田わさび / 高木礼子 / 松岡洋子 / 鈴村健一 / 榎本温子

【制作会社】

studioぴえろ

【スタッフ情報】

原作:ほったゆみ / 漫画:小畑健(集英社「週刊少年ジャンプ連載) / 監修:梅沢由香里五段(日本棋院)

監督:えんどうてつや

シリーズ構成:大橋志吉 / アニメーション・キャラクターデザイン:関口可奈味、上田美由紀 / 美術監督:高木佐和子 / 音響監督:高橋秀雄 / 音楽制作:avexmode

【音楽】

OP:片瀬那奈「FANTASY」、dream「Get Over」、HΛL「I'll be the one」 / ED:dream「MUSIC IS MY THING」、Kids Alive「ボクらの冒険」、観月ありさ「ヒトミノチカラ」、dream「SINCERELY~ever dream~」、shela「Days」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ