マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガ集英社りぼんりぼんマスコットコミックスDIGITALときめきトゥナイトときめきトゥナイト 1
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

【「キャッキャッ」「たじっ…」これぞ80年代ラブコメ!】吸血鬼の父、狼女の母を持つ蘭世(ランゼ)は、ドジでおっちょこちょいの女の子。今まで人間界でフツーに暮らしてたのに、真壁くんに恋してから超能力がめばえちゃった! かみついた相手にヘンシンなんて…きゃーどうなっちゃうの!? 伝説が幕を開ける第1巻☆

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全30巻完結

  • ときめきトゥナイト 1

    371pt/408円(税込)

    【「キャッキャッ」「たじっ…」これぞ80年代ラブコメ!】吸血鬼の父、狼女の母を持つ蘭世(ランゼ)は、ドジでおっちょこちょいの女の子。今まで人間界でフツーに暮らしてたのに、真壁くんに恋してから超能力がめばえちゃった! かみついた相手にヘンシンなんて…きゃーどうなっちゃうの!? 伝説が幕を開ける第1巻☆
  • ときめきトゥナイト 2

    371pt/408円(税込)

    【萌えの先取り!? 耳&しっぽ蘭世登場!】真壁くんが危ない! 愛しの人をとっさに助けた蘭世は、なんと意識不明に! めざめると、まるいモノを見ただけで耳としっぽが出る体質になってしまって…もうイヤ!! 一刻も早く治すためには、魔界に行かなきゃなのだわ! ボクちゃん王子・アランも登場する第2巻☆
  • ときめきトゥナイト 3

    371pt/408円(税込)

    【地下室に過去の扉、未来の扉!?】魔界の王子・アランは、あらゆる手で蘭世にアタック!! えっホレ薬まで使われてた!? しっしらないわー? イヤになった蘭世は、地下室のフシギな扉の1つを開けちゃう! さらに、真壁くんの幼なじみだという吉岡沙梨(サリ)も転校してきて…蘭世、失恋の予感で大ピ~ンチな第3巻!!
  • ときめきトゥナイト 4

    371pt/408円(税込)

    【いつだって私を悩ませるのは王子様よ…】夢をあやつる夢魔・サリは、蘭世の想い人・真壁くんの心を手に入れようとしていた。彼女の思惑に気づいた蘭世は…! そして売れない小説家である蘭世の父の小説が、まっまっまさかの映画化~!? 魔界の王子候補・筒井くんも登場し、蘭世がふりまわされちゃう第4巻!
  • ときめきトゥナイト 5

    371pt/408円(税込)

    【なるみちゃんと、やさしい死神さん】鈴世が病院で出会ったのは、入院中のなるみちゃん。でも死神さんのリストに名前があるの…。お願いよ死神さん、なるみちゃんを助けて!! さらにそのリストには真壁くんの名前も―!? 魔界では欠けたことのない月が欠け、不吉な予感…。どうなっちゃうの~な第5巻!
  • ときめきトゥナイト 6

    371pt/408円(税込)

    【真壁くん死す!? 魔界激震ショーゲキ事実っっ】きゃあ~☆ 真壁くんからクリスマスプレゼントをもらっちゃった☆ でも蘭世はなぜか言い知れぬ胸騒ぎが…。なんと真壁くんは…赤ちゃんになってしまったの! 次々と発覚する新事実を受け止めて、蘭世がんばるっ! 人気キャラ・ヨーコ犬が初登場する第6巻!
  • ときめきトゥナイト 7

    371pt/408円(税込)

    【愛と憎しみの魔界新世紀】魔界の大王が、過去の蘭世の父に刺客を―!? このままじゃ蘭世も消えちゃう!! よーっし、蘭世も過去に行っちゃうもんね! 大王は、もう1人の魔界の王子・真壁くんを狙って人間にまで手を出しちゃうし、魔界では「魔界滅亡」のウワサで魔界人が人間界に移住するし…大パニックな第7巻!
  • ときめきトゥナイト 8

    371pt/408円(税込)

    【蘭世にホレる新たな色男・カルロ様登場!】真壁くんが同じ魔界人なのはうれしいけど、ちょっぴりさみしい気もするのはなぜかしら…。一方魔界では、大魔女ヘガーテの霊が「2千年前のできごとがくり返される」と予言。真壁くんの夢に入ると、なぜかカルロという人の夢につながっていて…!? 双子王子伝説はまだまだ根深い第8巻!
  • ときめきトゥナイト 9

    371pt/408円(税込)

    【女子ときめきキーワード「生まれ変わり」☆】ルーマニアから来たカルロは蘭世にいきなりプロポーズ! しかもカルロは超能力者で、真壁くんとテレパシーで会話してる…。でも言葉にしなきゃ、蘭世には真壁くんの気持ちがわからないもん…バカバカッ! 3つの指輪、勇者の復活…ラブコメだけど実はきっちりファンタジーな第9巻!
  • ときめきトゥナイト 10

    371pt/408円(税込)

    【キュン死に確定! 泣きじゃくる蘭世にやさしくキスする真壁くん】勇者ゾーンのおかげで、魔界は食料危機を逃れたかに見えた。でも「魂の実」を食べた蘭世に異変が…! こーなったらカルロ家にあった本で真実を知るしかないっ! 魔界・人間界・天界・冥界…4つの世界の始まり、そして2千年前の過去が明らかになる第10巻!
アニメ化

「ときめきトゥナイト」

【声の出演】

原えりこ / 水島裕 / 深雪さなえ / 安原義人 / 小原乃梨子 / 田口昂 / 冨永みーな / 滝口順平 / 梨羽侑里 / 鈴置洋孝 / 田辺宏章 / 田中秀幸 / 峰あつ子 / 小林優子

【あらすじ】

私、江藤ランゼ。私のお父さんは吸血鬼、お母さんは狼女。でも私はいたって普通の女の子。そんな魔界の血を引いた私が、クラスメイトの真壁クンに恋しちゃったから大変!お母さんは絶対に人間の男の子を好きになっちゃいけないって言うし、突然魔界の能力が目覚めちゃうし、もう、私、どうしたらいいの!?ぶっきらぼうだけどスポーツ万能でホントは優しい真壁クン、恋のライバル神谷さん、お父さん、お母さんに弟のリンゼ、そして魔界のみんなを巻き込んだ学園生活が始まったのです…!

【制作会社】

グループ・タック

【スタッフ情報】

原作:池野恋

総監督:笹川ひろし

プロデューサー:永丘昭典 / 脚本:岡部俊夫 / 音楽:大谷和夫

【音楽】

OP:加茂晴美「ときめきトゥナイト」 / ED:加茂晴美「Super Love Lotion(スーパー・ラブ・ローション)」

レビュー

ときめきトゥナイトのレビュー

平均評価:4.6 266件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 青春です
    junkoさん 投稿日:2024/7/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 今読んでもすごいおもしろいです魔界や王子様ドキドキしながら読んだ小学校時代いまの少女少年におすすめしたいです 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) かわいいファンタジーストーリー
    romance2さん 投稿日:2021/8/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 五輪観戦に忙しく、久しぶりのレビュー。 話は恋メインだが、魔界・人間界・天上界・冥界+妖精界を舞台に、冒険や巻き込まれ事件続発、人間じゃないキャラ(能力以外人間と大差無し)が人間と関わり合いながら動き回る。どこにもない展開で明るくて良い。終わり方も良い。1982-94年の長期連載作品故に蘭世と俊の顔著変。3部構成と番外編。死線彷徨、3部目に妖精界新規登場、魔女修行、宇宙人、運命の相手云々盛り沢山。絵は丸みある線で親しみあるタッチ。吉住渉先生に系譜が引き継がれる感じ。キャラの見た目の変貌は年齢相応として許容出来る。筋は掴めるが絵が結構大胆に飛ぶ。掟みたいなことが立ちはだかり登場人物達を苦しませる制約事項となっていたものが、進行上容易に取り払われたり、主人公達が乗り出して、襲いかかる困難を頑張って対処したりして物語が進む。長編にありがちな、敵で登場し、後に仲間となるキャラが多い。敵役立ち位置のミッションが崩れていつの間にか別の役目。吸血鬼や狼男のDNAは何処に? 辻褄のおかしいところは沢山有り、粗探しし始めたら枚挙に暇無い。しかし奇想天外の域にある話にケチをつけると面白さが成り立たなくなる。目くじら立てず楽しむのが良い。かなり子どもっぽい話なので、童心で読んだ方が入り込める。 王子、王、魔女、という要素もなるみ編や愛良編ではそこまでストーリーに関わらない。そして時間や空間を飛ぶ自由さは楽しませてくれる。その奔放な発想力、空想力はこの作品の身上だろう。縦横無尽のストーリー進行が、このような長編でも読ませる力の源と思う。 鈴世の変身映像拡散とTV取材場面(88年)、「闇のパープル・アイ」(篠原千絵、1984-87)を連想。 22巻頃から大ゴマ化、キノコ場面辺りは時間が足りない中で制作したのだろうか。 カップル作りが、紙面でキャラ達が悩んでいる割には安直に感じる。それは掲載誌の性格と切り離せないのだろう。恋の鞘当てが大宗を占めるギャグテイスト強い蘭世編は、スペクタクルや宇宙みたいな広すぎ大きすぎなスケール感少ない分、超人ぶりというより不出来人間ぶり出す。私が若ければ、そちらの方が等身大感あったろうと思うが、曜子の狂言回し役が少し鼻につく。といって、第二第三部のも逆に余りにかけ離れて見える。 メヴィウスは最初から最後まで話の屈折点となるが、彼女のキャラからではなく、作者の意図が起点に感じて気になる。4.5位。 続きを読む▼
  • (5.0) 最高です
    もよんちょさん 投稿日:2023/8/3
    ときめきトゥナイト展行ってきました!小学生のりぼん読者の頃からの友達とランチしながらストーリーをおさらいしつつ泣き、展示をいざ見てもストーリーを追いながら感涙にむせんでしまいました笑 他の方も同じように涙ぐんでたり、最後のメッセージコーナー に書いてる方たちの作品への熱量もすごかったです!250万人乙女時代のりぼん読者みんなの宝物の作品なんだな、と改めて感じました。永遠に読み継がれていってほしいです! 蘭世ももちろんですが曜子、望里が泣かしてくるんだよなぁ〜ジョルジュやサリ、ララばあちゃんなんかも人が良くて大好きです。悪役も、最後まで悪いやつが出てこない笑 池野先生のお人柄ですよね! あと絵が可愛すぎです。ヨーコ犬今見てもすごいかわいい!かわいいだけでなく勇ましいとこもかわいい笑 りぼん付録の絵のファッションも、いつも蘭世と曜子が最高におしゃれでした。 文庫版は持っていますが電子版せっかく無料になっていたので5巻まで読んだら、続きも電子で欲しくなりました… もっとみる▼
  • (5.0) やっぱり面白かった!
    あまやらわさん 投稿日:2020/5/21
    まだ漫画読んでも意味分からないくらい小さい時に出会った作品。まだ幼くて読める漫画が沢山手元に無い頃何度も何度も読んでたから、想い出補正は大分かかった意見だけど、久しぶりに読んでみたらやっぱり面白かった! 今では珍しくも無い設定でも、あの頃 描かれていたのが凄いし、みんな夢中になってた伝説の漫画だと思います。 個人的には、なるみ編好きな方には申し訳ないけど、 なるみ以降にちょいちょい出てくる蘭世と俊が、すっかり落ちついて所帯染みてて、そんな脇役おばさんみたい使わないでーと残念だった。 子供までいれば現実はそうなるしかないけど、傑作だった蘭世編を読み返すのに、正直あそこまでの結末はいらなかったー! 蘭世編で終わっていれば逆にもっと評価上がっていたのは間違いないと思ってる作品。 でも面白いので、当時を知らない若い人にも是非読んで欲しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) なつかしい
    りあさん 投稿日:2017/7/2
    小学生低学年の頃から毎月りぼんで読んでいました。主人公で魔界人の蘭世がちょっとぬけてて、でもとってもお人好しで好きなキャラでした。大好きな真壁くんとの関係も、途中から思いがけない展開になり…ホントにこんな運命的な事があれば、なんて素敵かと思 いながら読んでましたね。嫌味のない、明るくて素直な気持ちで読める作品です。蘭世編が最強ですが、なるみ編も、あの鈴世(蘭世の弟)達が大きくなって…とまた違う視点で楽しめましたし、蘭世達のその後がときどき出て来てまた楽しめます。あいら(蘭世の娘)編は、だいぶ後になって読みましたが、一番軽いタッチの内容という感じでした。主人公の年齢が幼いので仕方ないとは思います。 全体的に明るい作品です。中でもやっぱり蘭世&真壁くんのカップルが一番オススメです。是非読んでみて下さい。 もっとみる▼
  • (5.0) 子供の頃に読んだ印象よりも楽しい!
    サルちゃんさん 投稿日:2020/3/31
    小学校の頃に 掲載されていた りぼんの続きを楽しみにしてました。 何気に 「懐かしいな。この漫画大好きだったんだよな」と 無料版を読み あの頃は 大した面白く感じなかったことも、思わずプッと笑えてしまう部分がアリアリでした。 トキメキ がメインだと思っていたはずが 結構 今読むと 癒されてしまうような…当時ならではの笑いポイント?がいっぱいで 漫画ならではの 自由で深い独自の世界に入り込んでしまいました! 可愛い恋愛モノかと思わせるタイトルながら 内容は 色濃く だんだん深い展開になります。 キャラも豊富かつ、其々 独特の魅力があって 面白いです。 現実離れならではの 夢とロマンが楽しめる作品と思います。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

いつまでも名作
分析:まゆびー(シーモアスタッフ)
江藤蘭世は吸血鬼の父と狼女の母を持つが、中身は普通の女の子。そんな蘭世は転校生の真壁俊クンへ恋をしていますが…。80年代少女たちをドキドキさせた名作は、今読んでも同じようにドキッとしちゃいます!そして真壁君は…いつまでもあこがれの真壁君なのです。そんな彼の番外編「真壁俊の事情」も必見!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ