We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
シグルイ 1

シグルイ 1

値下げ【期間限定】7/9まで
通常価格:
524pt/576円(税込)
価格:
262pt/288円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.3) 投稿数15件
シグルイ(15巻完結)

作品内容

江戸時代初頭、天下の法に反して駿河城内で挙行された真剣御前試合で対峙したのは、片腕の若武者と盲目の天才剣士だった!! 残酷無惨時代劇!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全15巻完結

  • シグルイ 1
    値下げ【期間限定】7/9まで
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    価格:
    262pt/288円(税込)
    江戸時代初頭、天下の法に反して駿河城内で挙行された真剣御前試合で対峙したのは、片腕の若武者と盲目の天才剣士だった!! 残酷無惨時代劇!!
  • シグルイ 2
    値下げ【期間限定】7/9まで
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    価格:
    262pt/288円(税込)
    身を痛めつける異様な鍛練に励む藤木。天賦の剣才をたのみ栄達を目指す伊良子。定められた激突の時に向けて2匹の剣鬼が歩みを進める!!
  • シグルイ 3
    値下げ【期間限定】7/9まで
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    価格:
    262pt/288円(税込)
    「その場所」で伊良子を待つものは何? 髪をしめらす血の霧か? それとも呪いの吠え声か? 今、仕置きという名の宴がはじまる…!!
  • シグルイ 4
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    伊良子清玄の仕置き追放から3年、最強無双を誇る虎眼流剣士たちに次々と襲いかかる謎の凶刃! 剣と剣、情念と情念が今再び徹底不退転の激突を開始する。各誌紙大絶賛、話題の残酷無惨時代劇の真章開幕!!
  • シグルイ 5
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    剣鬼再会! 大ブレイクの残酷無惨時代劇! 巨剣・虎眼が恐るべき南蛮剣術の使い手と激突する中、藤木源之助は宿命の敵・伊良子清玄と再会する。運命の時へ急ぐ最新第5巻!
  • シグルイ 6
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    かつての師・岩本虎眼に両目をつぶされた伊良子清玄は復讐鬼と化した。無明なる剣は老いたる虎を斬れるのか!?
  • シグルイ 7
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    「父、虎眼、乱心者にあらず!」真白き乙女の殺意が、二名の美剣士を最も残酷な舞台に向かわしめる! 魔人・忠長の庇護のもと野心の翼を広げる盲目の天才に、虎をも凌ぐ最強最速の牙が迫る!
  • シグルイ 8
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    封建の世が生み落とせし復讐の御法、一方が果てるまで続く公開死合! 大剣士が続々と集う中、白刃を手に向かい合うは一切の死角を持たぬ不屈の剣鬼と死の流星より甦りし暗黒の天才! 秘剣が喰らうか? 魔剣に呑まれるか?
  • シグルイ 9
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    相喰む双龍の流す血潮に受胎する決戦場。名のみ聞いて見たことのない幻の怪物が混淆に歪む悲鳴の中で産み落とされる。決して見てはならぬ者が逃げられぬ者の骨を砕く。人の心、誰が奪いしか? こは、武士道に非ず! 残酷無惨時代絵巻、惨禍の第9巻!!
  • シグルイ 10
    登録して購入
    通常価格:
    524pt/576円(税込)
    暴虐の限りをつくし、まさに鬼と化した牛股権左衛門。伊良子清玄は秘剣をもって立ち向かおうとするが…!?

レビュー

シグルイのレビュー

平均評価:4.3 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 結末が至高
    世界さん 投稿日:2022/5/4
    「心という器はひとたび、ひびが入れば二度とは、二度とは」 興津の言葉は社会人になってから特によく沁みる… 人にはおすすめしにくいけど、定期的に読む作品です(仕事に行きたくないときとか)。 表紙の迫力と違わず衝撃的な漫画。特に結末が これ以上ないでしょってくらい美しいと思います。余韻がすごい。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 至って真面目な時代物でした!
    あっくんさん 投稿日:2014/11/21
    内容説明と試し読みで続きへの好奇心が抑え切れず、うっかりまとめて購入してしまいましたが、妙にエログロい表紙絵と、冒頭の「陰腹」描写からトンでもなイロモノが想像され、読み切れなかったらどうしよう…と不安を感じていました。 しかし実際は、エロ グロ路線に走ることもなく至って真面目、かつ読み応えのある真っ当な時代物で、夢中になって読めました。各巻の表紙から、延々と主人公ふたりの御前試合を実況でもされるのかと思いきや、実はふたりが尋常ならざる因縁同士ということで、御前試合に至る経緯を丁寧に辿られるので、物凄く引き込まれます。 なぜそこで裸!?と突っ込みたくなる場面の多さ、無駄に美麗な肉体描写など、耽美過ぎるきらいもありますが、極めれば死に終着する武士道や、肉体の限界を目指す剣の道に潜むエロスを表現しようとすれば、このような絵面になるのは必至なのかも知れません。 因みにどの巻も狙ったと言わんばかりの表紙絵で、特に15巻などはまるっきりBLのノリですが、主人公ふたりや、主たる人間関係に衆道の要素はありません(ただし余話レベルでは散見されます)。 結末はブツ切りの感もあり、気分的にはおよそ納得のいかないものでしたが、全体的には何度でも読み返したくなる本当に素晴らしい作品でした。お勧めです。 もっとみる▼
  • (5.0) 諸刃の剣
    スラりんさん 投稿日:2016/12/25
    この作品を人に薦める時にどうしても残酷グロ描写が多い点がネックになってしまいます。だがしかし!この作品から残酷グロ描写を省いてしまったら炭酸の抜けた炭酸飲料のごとく山口先生の魅力の半分も伝える事が出来なくなってしまうでしょう。かく言う私もこ の作品に出会った時は描写がエグいなと感じました。が、内容の面白さの方が強く残酷グロ描写には次第に慣れ現在はこのエグさがないと山口作品とは言えないとまで思ってしまっています。実際「アニメ版シグルイ」や「蛮勇引力」などはエグい描写を極力抑えているのでなんかイマイチだったなという印象でしかないです。 もっとみる▼
  • (5.0) 善人は描かれていないと思います。それでも
    ハミーさん 投稿日:2016/12/20
    何か心を引きつけられて続きが読みたくなるんですよね。戦闘の描写も迫力とグロ描写で圧倒されます。ストーリーは、善と悪で分かるなら悪寄りかもしれません。意志の強さや1つを成し遂げるという描写もありますが、登場人物達は何かしら悪と受け止められる描 かれ方です。それでも読み終わってただの陰鬱で後足の悪い漫画にならないのは、原作と絵の素晴らしさがあるからでしょうか。 あまり名前を出して比べたくありませんがグロや鬱展開で迷っている方向けにあえて言うなら、ベルセルクを面白いと感じた方は読んで損はないと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 読まなきゃダメ
    Nh the app さん 投稿日:2021/10/22
    武士道に代表される侍の心意気は、日本の誉として称揚されている。その一方で、皇国史観や体育会系教育などの負の影響もあり、物事の一長一短を考えさせられる。 この作品は、将軍の命によって死闘を演じる二人の武士の生き様を描く。 封建社会の壮 絶なヒエラルキーの暗さと、鍛え上げられた武人の常軌を逸した肉体と精神性のド迫力が魅力。 この壮絶なストーリーを見れば、その後のアクション漫画に求める要素が一段変わること請け合い。 もっとみる▼
  • (5.0) 美しくも悲しい時代劇コミック
    ユウさん 投稿日:2020/6/1
    江戸時代に時代劇駿河城内で行われた真剣試合。そこで戦う隻腕の剣士と盲目の剣士。彼らの数奇な運命を描いた残酷無惨な時代劇コミック!ややグロテスクな表現が多いので、少し心構えしてから読んで頂けたら良いと思います。(表紙である程度、想像はつきます が…)ただし、面白さは保障します! もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 武士道とはなにか
    原作は「右京介巡察記」などで有名な南條範夫先生、作画は「覚悟のススメ」などで有名な山口貴由先生です。アニメ化もされており人気の漫画です。内容は歴史漫画で武士道について描かれています。この作品の特徴は、なんといっても絵にあります。武士道について描かれているため、残酷なシーンや血の飛び散るシーンがありますが、グロテスクだけではなく非常に迫力のある絵になっています。また筋肉の盛り上がりなど細かいところまでこだわってあり、臨場感があります。武士道とは何なのか、武士の生き様などが表現されており、とてもおもしろい作品です。
    制作:そのめろ

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ