漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ママレード・ボーイ little 1

通常価格:
398pt/437円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数207件
ママレード・ボーイ little(7巻完結)

作品内容

桐稜大学付属中学に通う松浦立夏。姉・光希と兄・遊はひとり立ちし、同い年の朔と父二人、母二人の6人暮らし。ふつうの家族だと思っていたけど実は結構、複雑みたいで…?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全7巻完結

  • ママレード・ボーイ little 1
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    桐稜大学付属中学に通う松浦立夏。姉・光希と兄・遊はひとり立ちし、同い年の朔と父二人、母二人の6人暮らし。ふつうの家族だと思っていたけど実は結構、複雑みたいで…?
  • ママレード・ボーイ little 2
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    碧くんに彼女がいる!? 立夏の頭は、その疑惑でグルグル状態。そんな時、弟分だと思っていた朔の意外な一面を知り、立夏の中に今までなかった感情が芽生え始めて…。そして光希&遊カップルに新展開が!?
  • ママレード・ボーイ little 3
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    傷心の碧から、二人で出かけようと誘われた立夏。まさかの展開に夢見心地の立夏は初デートに向けて準備万端。だけど一方で、朔を傷つけたくない気持ちもあって…?
  • ママレード・ボーイ little 4
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    交際順調の立夏と碧、そして変わらず立夏を見守り続ける朔。それぞれが微妙なバランスを保つなか、碧が立夏にキスを…!? そして、光希&遊カップルは結婚式を挙げることに。
  • ママレード・ボーイ little 5
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    朔の部屋で、京都の中学への編入要項を見つけた立夏。もしかしたら朔が遠くへ行ってしまうのかも……そう考えると不安でいっぱいになった立夏は、朔への本当の気持ちに気づいて?
  • ママレード・ボーイ little 6
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    立夏と朔は、笑里・広大と一緒に遊園地へ。ふたりをくっつけようと計画する立夏だけど、なぜか六反田がついて来たりしてうまくいかない。そのうえ、笑里と六反田がデートすることになって!?
  • ママレード・ボーイ little 7
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    立夏は、碧がまだ想ってくれていると知り動揺を隠せない。そんな立夏の様子に、いつも冷静に見えていた朔の意外な一面が表れて…!? そして、光希&遊のところには新しい家族が! 松浦家&小石川家の同居物語、ついに完結です。

レビュー

ママレード・ボーイ littleのレビュー

平均評価:4.0 207件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) ママレード・ボーイと繋がってるけど・・・
    真弓さん 投稿日:2021/3/23
    ママレード・ボーイの方が好きでしたが、これはこれで読み続けてしまいます。

高評価レビュー

  • (5.0) 完結・・・!
    はなさん 投稿日:2018/11/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 ハンサムな彼女とママレード・ボーイなら、ハンサムな彼女の方が好きだった…けども、これはいいね! このママレード・ボーイlittleは絶対に25年前にママレード・ボーイを読んでいた方向けです。littleの連載が始まったから今、ママレード・ボーイから初めて読んでみようっていう方には向かないと思います。 1.親達の元カレ元カノでの離婚再婚という発想は珍しいけど、今は義兄弟もの、同居ラブの話がたくさんある。そちらに比べるとこちらはきゅんやドキドキはない。以前からの読者なら自分が光希になった気分で立夏と朔を見守れる。 2. 光希と遊達が大人になって歳をとっているので、一緒に歳をとった感覚になれる。実際に時間があいているのがいい。一気読みだと時間の流れを感じにくい。 3. 全員がとにかくハッピーエンド! 光希達昔のキャラは終始ハッピー。一波乱もなし。初めて読んだ方は嘘っぽい展開だと感じるかも…でも当時の読者にはたまらない。だってこれがみたかった!一度完結した作品にはもう波乱なんていらないでしょ。 …という風に昔りぼん雑誌を毎月ドキドキワクワクしながら購読してないとおもしろさ半減かな…と。 それと毎月連載を待つ作品って、一気読みよりも絶対自分の中でおもしろさ倍増させます。大人になって雑誌買わなくなり一気読みをすると、面白いって感じるのは読んでいる時だけ。脳内でうまく処理されてる(笑) 続きどうなるの〜って時間をかけて読んだ方が心に残ります。だから、以前ママレード・ボーイを読んでた私はその当時の好きだったワンシーンを懐かしく思い出して、これがまたなんとも…。 また吉住さんのあとがきによると「続編というよりもママレード・ボーイのファンの方が楽しめることを優先して描こう」と思ったそうですから、この作品はママレード・ボーイの長めの番外編という感じではないでしょうか。読者としては今の主人公達よりも光希達の方が気になります。でも吉住さんはそれを分かってて大人になった光希達をたくさん描いて下さってます。 正直最初はね、立夏と碧がペアになるかと思った〜。だって立夏が黒髪で碧違うでしょー。黒髪と黒髪のカップルってどの作者さんでも珍しい感じがします。描くのが大変なのか?バランスなのか? でもこんなに長くママレード・ボーイlittleを描いて下さって嬉しいです。 是非是非、ハンサムな彼女もみたいです〜! 続きを読む▼
  • (5.0) 少女漫画の王道
    あみだくじさん 投稿日:2014/3/10
    『ママレードボーイ』みてました! 嵌まってました(笑) 私は、吉住先生の作品なら、『ハンサムな彼女』がイチオシですが、『ママレードボーイ』は、リアルタイムでりぼんで読んでましたので、感慨深いです。 それほど、画を書き込んでいないのに、 絵の丁寧さが伝わってくる、吉住先生の画力は流石です! しかも、少女漫画の王道をはしってくれていて、ときめきながら、安心して読めるという、素晴らしい作品だと思います。 吉住先生の描く、ヒーローって、懐が深くて、目標をしっかり見据えていて、大人って感じなんですよね! こんな素敵なヒーローは、なかなかいないんですよ、現実には、、、。(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 嬉しい!懐かしい!
    ゆりさん 投稿日:2018/10/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 「ママレードボーイ」に出てきた光希や遊、銀太、茗子のその後も含まれていて、読んでてたまりません!主人公達の絵のタッチも懐かしいし、可愛い学園ラブストーリーにわくわく。即買いです☆ 最終巻まで読みました!感動して泣いた!もうキュンキュンが止まらなかった!!!最高です!本当にありがとう。もう少し幸せにひたっていたい…!そしてまた光希と遊のママレードボーイから読みなおしたい!って思いました☆ってか読みます!!!あー!ママレードボーイ、ママレードボーイリトル、大好きです! 続きを読む▼
  • (5.0) まさかまさかの続き、、、
    まーまれーどさん 投稿日:2021/1/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 まさか、遊と光希のその後を見られるとはと 見つけたときに、全巻揃えて一気読みしました。 サブキャラのその後もたくさん出てきたので それも嬉しかったです。 2人はちょっと幼いので、その先もぜひ読みたい。 そして、ハンサムな彼女ファンなので 水谷篤紀の主演映画というワードにキターッと思いました。 監督とヒロインは誰だったんだろう、、、とか SMAKは続いてるんだろうか、、、とか 色々考えちゃいました。 物語の世界が繋がってると楽しみが増します。 続きを読む▼
  • (5.0) 良いねぇ〜
    ひーさんさん 投稿日:2020/4/17
    ママレードボーイどんぴしゃ世代です。小学生の時でした。アニメも見てたしボイスメモ買ってもらったり(笑)お母さんとお姉ちゃんがいてたので、りぼん毎月見てました。ハンサムな彼女は単行本で読んで知ってたり。なのでママレードボーイの続編めっちゃ楽し みにしてました〜。 遊と朔は、ちやこサン似かな?器用なとこ。ちょいと不器用なとこは光希と立夏は留美さん似で子供ら四人とも母親似なのかなぁ?と個人的に思ってます(笑) もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • ハッピーエンドから13年後
    すごく懐かしい気持ちで読みました。あの「ママレード・ボーイ」の13年後が舞台になります。著者は、もちろん「ママレード・ボーイ 」の吉住渉先生。こちらは、あのママレード・ボーイの小石川 光希&松浦 遊の弟、小石川 朔と妹、松浦 立夏が主人公として描かれていきます。複雑な家族関係の中、様々な恋愛模様が交差していくのがもう!楽しみで仕方がありません!!そして、ママレード・ボーイでの登場人物のその後も見られるのもこの作品の醍醐味かもしれません。ママレード・ボーイを読んでた同世代の方々には、あの時のドキドキを思い出させてくれる作品なのではないでしょうか?是非にとオススメしたくなりました。もちろん、前作を読んでなくても、十分楽しめる作品です。著者の代表作には他にもアニメ化された「ウルトラマニアック」もあります。
    営業:ませびー
  • だけど気になる
    あの名作「ママレード・ボーイ」の続編!主人公は、なんと、美希の妹・立夏と、遊の弟・朔!あの緑の制服が懐かしい…!主人公が変わっても、あの複雑な関係ときゅんとする展開は変わりません。さらには前作からのその後も垣間見れて、新しい恋と懐かしい気持ちで胸がいっぱいになること間違いなしです。
    営業:チョコボール
▲ページTOPへ