漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
月に吠えらんねえ(1)
この巻を買う/読む

月に吠えらんねえ(1)

【期間限定】2020/3/6 0:00まで
通常価格:
600pt/660円(税込)
価格:
0pt/0円(税込)
(3.7) 投稿数39件
月に吠えらんねえ(11巻完結)

作品内容

□(シカク:詩歌句)街。そこは近代日本ぽくも幻想の、詩人たちが住まう架空の街。そこには萩原朔太郎、北原白秋、三好達治、室生犀星、高村光太郎らの作品からイメージされたキャラクターたちが、創作者としての業と人間としての幸せに人生を引き裂かれながら詩作に邁進する。実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象をキャラクターとして創作された、詩人たちと近代日本の業と罪と狂気の物語。

作品ラインナップ  全11巻完結

レビュー

月に吠えらんねえのレビュー

平均評価:3.7 39件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 抽象概念でここまで萌える
    さえもとさん 投稿日:2019/5/27
    すげえぜ……っていう。前半むちゃくちゃだしわけわかんないけど後半とりもどしていきます。またむちゃくちゃになるけど。買うの控えようかしら、と思ってましたが、ファンなら読みつづけて間違いないでしょう。振り落とされずついていきましょ……
  • (5.0) 好き〜
    しずくさん 投稿日:2018/10/1
    この哲学的な、この複雑な世界観・・・!好物です。鳥肌ものでした。
  • (5.0) 色んな有名人が出てくる
    ラビィさん 投稿日:2018/4/6
    ところが楽しいですし、ストーリーは不思議なことが次々に起こるので8巻まで来ていますが予想が全くつきません。そして飽きません。何度読んでもいろんなところに心動かされます。暗いところもギャグっぽいところも好きです。
  • (5.0) 近代文学の新たな楽しみ方
    やぎょんさん 投稿日:2017/9/25
    近代文学の魅力がと、それに対する作者の深く独特な解釈が本当に面白いです。自分的に、稀にみるどハマり漫画になってます!
  • (5.0) ハマりました
    ememさん 投稿日:2017/3/27
    皆さんがおっしゃる通り評価が両極に分かれるタイプの作品でしょうね。ギャグすぎるとかディスってるとか感じる方もいらっしゃるんでしょう。私は大絶賛派です。萩原朔太郎氏好きなのになかなかわかりにくいと思ってました。詩の世界ってよくわからにゃい…と も。朔太郎の世界観をよくぞうまく表現したなと思いました。第一話読んだだけで「うますぎるー、好きすぎるー」とニヤニヤ。作品からだけではなく書簡などやエピソードなども取り入れてるだけあってキャラが世界観と作家自身の印象が混ざり合ってすごく人間らしいと思いました。金曜夜に一巻無料でこの作品を知ってこの週末は詩の世界にどっぷり入り込んでしまいました。絵が好き、朔が好き。すでに六巻まで出ているのに今頃知ったのは残念至極。作家さんの情報ノートやTwitter、青空文庫を合わせて読むのがいいと思います。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 擬人化好きにおすすめ
    清家雪子先生による詩人の擬人化です。萩原朔太郎や北原白秋の設定は世界観が生かされていて、かつかっこよく描かれているので、ストーリーを楽しみながら作品を調べて知識を深める楽しさがあります。時代物ともファンタジーものともくくれない、ダークなところもある世界観が面白いです!
    ミキ
▲ページTOPへ